excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

タグ:野村芳太郎 ( 1 ) タグの人気記事
◆◆『砂の器(1974/野村芳太郎)』デジタルリマスター版公開中!!


●6月23日・木曜日(※4月12日のエントリーに追記/★旧題:印象深い桜のある映画・序章~故野村芳太郎監督に捧げる)


こんにちは~、

...さてっ!(^^)

昨日(6/22)の晩、
当ブログと相互リンクを頂いております、「SNAP in Kinki」のmaruyamaさんからコメントを頂きました、しばらくある感慨に浸ってしまいました...

maruyamaさんは現在、関西にお住まい、
この日、『砂の器』のデジタルリマスター版を大阪で御覧になられたとのこと!

―以下、maruyamaさんから頂いたコメントへのお返事、そして、maruyamaさんが昨日エントリーされた記事へのお返事で締めさせて頂きます、




うーん((^^)、素晴らしいですね!
大阪で『砂の器』を御覧になる事ができたのですね!!

私め、maruyamaさんが「東京に出て来ても…」との旨を仰っていた事を記憶しておりますので、今回のお知らせに感無量です。

maruyamaさんから頂いたコメント、そして、昨日そちらでエントリーされた記事を拝読し、

件の上映が、東京のみならず、大阪、さらに、京都で行われていることを知り、
昨晩中に、関西に住む知人にも報告しておきました、

―エントリー中の「通天閣が見える場所」の画像、ぞくぞくっと来ました…、

今回は本当にありがとうございました!!




●4月12日・火曜日(※元文)


昨日、
東京は朝から終日雨でした、

それでも僕には、先の土日を楽しませてくれた桜の花々にとっての無常の雨、非情の雨といったものには感じませんでした、
桜の花々を無残に吹き飛ばすような風雨ではなく、静かな雨でしたしね…。

今日、
また、東京は終日雨降りでした…、

遅い昼休み、僕は一昨日お花見をした井の頭公園を訪れてきました。

今日の雨は昨日より冷たく感じられました、
それでも僕には、この土日の暖かな陽のもとで咲き誇っていた桜を愛でた余韻がまだ纏(まつ)わりついています…

******

先の土日に、去年より色づき良く思えた桜の花々を眺めながら、
この良き春を忘れぬためにも、「印象深い桜のある映画について形にしたいな…」と思っておりました。

『細雪』(1983/市川崑)など何作品かの桜のあるイメージが僕の中に去来しましたし、モノクロ映画にも桜の美しい映画はあったはずです、
…しかし、「こと、桜に関しての映像は矢張りカラーのものが僕に取っては有り難いものだな…」などと思いが過(よ)ぎってもいました、そして、何か忘れているようにも思えていた訳です。

c0055456_23583857.jpgともかく、一昨日(おととい)、僕ら夫婦は昼過ぎから井の頭公園で友人たちと一緒にお花見、

帰宅は10時半過ぎだったかなぁ…、ホロ酔いでの帰宅だったなぁ…

そんなホロ酔い気分のまま、Web上に於いて、野村芳太郎監督>1>2)の逝去(4月8日)を知りました、


『砂の器』(1974)
での、村を追われた親子が日本各地を放浪する一大回想シークェンス中の春のシークェンスが途端に刹那(せつな)フラッシュバックしました。
(―実は、あの春のシークェンスに在ったのは桜の花ではなく、杏(あんず)の花であったようにも思います、
僕は本作を10代の頃に観たのですが、東京で生まれ育った僕に取って、杏はほとんど馴染みが無く、あるいは、初鑑賞時から桜と思い込んで記憶している可能性が大いにあるのです。)

続きを読む>>>
by oh_darling66 | 2005-04-12 23:55 | ◇お見逃し無く!(映画情報)