excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

タグ:溝口健二 ( 3 ) タグの人気記事
■〔映画雑談Vol.26〕『山椒大夫(1954/溝口健二)』ニュープリント版、鑑賞プチ・メモ

こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。

先の「秋分の日」を擁した土、日は、事前の天気予報などを眺めている限りですと、ここ東京では雨勝ちな日が続くのかと思えていたものですが、土曜日も秋晴れというには遠いもののそこそこの天気でしたし、特に、日曜日などは終日気持ちの良い晴天日でしたねぇ。




―さて、
そんな秋晴れに恵まれた先の日曜日(9/24)は昼過ぎから恵比寿に出て、
映画祭「溝口健二の映画」〔◆公式サイト中の2本、『近松物語(1954|ニュープリント)』〔◆IMDbjmdb、そして、『西鶴一代女(1952)』〔◆IMDbjmdbを鑑賞して参りました!!

         

前者が旧大映(※以下、大映とする)作品、後者が新東宝作品と云った側面からだけでも両者の映画ぶりと言うか、そう、ストーリー、テーマと云ったものとは別のところでの個々の作品の持つ画面の肌理、趣と云ったものは自ずと異なっていたように見て取れたのですが(―大まかに一つ言えば、カメラマンや美術はもとより、照明や録音に至るまでの悉くに大映の技術を持てた時の溝口健二の方が、終始、映画に端正な美を迸らせることが叶っているように、僕なりには思えています。)

ただ、『西鶴一代女』という映画は、田中絹代が演じる“お春”というヒロインの悲運の男性遍歴を描き綴った一代記に迸(ほとばし)る、ヒロイン、登場人間たちの生々しい生命感や人間臭さというものが、僕に取っての最たる魅力の一つなのですが、これは、仮に大映の中で製作されていたのであれば、もっと厳しい雰囲気を醸し出すものとなっていたかとも思え、まぁ、この新東宝での製作が功を奏している部分も少なからずありそうに思えています。

●田中絹代(1909―1977|山口県下関市出身)


ともかく、『近松物語』『西鶴一代女』両作品それぞれが圧倒的な映画であることは僕などが言うまでもないでしょう。

―さて今回は、まず、先々週に観た『山椒大夫(1954|ニュープリント)』〔◆IMDbjmdbの所感を書き残しておきます。



『山椒大夫(1954/溝口健二)』ニュープリント版



―以下は、まぁ、のんびりと書いて行きます^^


二人:「そっ、のんびりネ...」((^^;

by oh_darling66 | 2006-09-26 18:07 | *映画雑談
♪本日のいい訳がまし(第14回)~連休の狭間で、少々、忙しや^^;
・23日(土)→某オフ会~♪
・24日(日)→『近松物語』(1954|ニュープリント)か『西鶴一代女』(1952)の鑑賞~♪



●『近松物語』(c)角川ヘラルド映画

こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。

このところ、「仮題」とでもして置きたくなるような中途半端なエントリーばかりなのですが、まぁ、中途半端なものにせよエントリーしたもの/書いたものは、いずれ、別のエントリーに活きるかと思いますし、本人としては、案外、こういったゆるゆるのエントリーをするのも楽しかったりします。(^^;

ともかく、9月の連休に挟まれた(―と言っても、来たる「秋分の日」は日にちが固定された祝日なので、今年なども、この週末からが3連休になる訳でも無く、僕に取っては単にいつもの土、日と云った按配なのですが…)今週は、仕事等々に追われてしまって纏(まと)まったものが中々書けませんねぇ。

僕なりに、その映画をひと続きに顧みることが出来次第、「鑑賞メモ」等を書き残しておきたいのが、
まずは、『弓』(2005/キム・ギドク)『山椒大夫』(1954/溝口健二)、それから、『ハッスル&フロウ』(2005/クレイグ・ブリュワー)、さらには、『LOFT ロフト』(2005/黒沢清)と云ったあたりなのですが。まぁ、今は、中途半端にエントリーすることは止めておきます。


―そう、あれこれが落ち着きましたら、先のエントリーに於いて、キム・ギドクハン・ヨルム辺りについてのメモを少々追記して行くかもしれませんので、お暇なおりにでも眺めてやってくださいませ~。



***

ところで、ここ東京に於いては、この土日から月曜あたりに架けての天気は残念ながら良くなさそう…。(→◆goo天気

まぁ

・23日(土)→某オフ会~♪

24日(日)→『近松物語』(1954|ニュープリント)『西鶴一代女』(1952)の鑑賞~♪(→◆映画祭「溝口健二の映画」公式サイト 
⇒◆この日、2本とも鑑賞出来ました! 関連エントリーはこちら~!!


と云った按配に、秋晴れなどの恩恵が無くとも楽しめる予定ばかりなのが幸いです。

(c)角川ヘラルド映画

そう、今度の月曜日に西の方から^^上京する友人があって、先日、「ダーリン/Oh-Wellが^^万が一休めればだけど、溝口健二の『近松物語』を一緒に観に行かんか?」などと言われたのですが、流石に週明け早々から休む訳にも行かず「誘いに乗りたいけれど無理だなぁ…」等と答えるしかなかったのですが、あぁ…、いっそ、月曜日(9/25)を有給休暇にしておけば良かったの…かも(^^;

それはそうと、10月には某所に3日ほど旅行に出かけて来ようかと思っているのですが、そろそろ、あれこれの予約などにも動き始めなくては!

―それでは、皆さんも、ご友人、恋人、ご家族と良き週末を~。

by oh_darling66 | 2006-09-22 23:52 | ♪本日のいい訳がまし
■〔映画雑談Vol.25〕キム・ギドク映画に関する雑感―その1
~『弓』(2005)、ハン・ヨルム関連プチ・メモ&more...

1.9月17日(日)、『弓』(2005/キム・ギドク)を鑑賞しました~!≪→こちら
2.9月18日(月)、『山椒大夫』(1954/溝口健二)ニュープリント版を鑑賞予定です!≪→こちら



こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。
この秋最初の3連休、皆さん如何お過ごしでしょうか。

九州、中国地方などでは、台風13号〔◆読売新聞が猛威を奮い、大きな被害が出てしまいましたね。不幸にも、お亡くなりになられた方、被害に遭われた方に心よりのお悔やみを申し上げます。

さて、この週末に当方に頂戴しておりますコメントへのお返事が遅くなってしまっており相済みません。本日(9/18)中に追ってお返事させてくださいませ!



昨夕、『弓』(2005/キム・ギドク)を鑑賞しました。

―さて、

私め、昨夕は『弓(2005/キム・ギドク)』〔◆IMDbMovie Walkerを鑑賞して参りました。


◆上Phは、「ル・シネマ」内に展示されていた、ハン・ヨルムのサイン入りポスター。Bunkamura公式サイト内の記事「晩夏公開予定『弓』主演女優ハン・ヨルム来館!」によれば、彼女はサインと共に「『弓』は強く美しい響きのある映画です」との一文をこのポスターに書き添えている。

僕に取って、実は、ギドク監督の映画は、『サマリア(2004)』〔◆IMDb以来2本目、そして、この2本が鑑賞した全てです。

ともかく、僕に取っては、この『弓』というギドク監督の最新作は、緊迫感と心地好さが相俟つような映画時間に紡がれた、素朴に画面に浸り切れる90分として享受できたように思い起こします。


そう、『弓』で主役ヒロインを演じたハン・ヨルムは、『サマリア』(※下Ph)でギドク監督に見い出され、ヒロインの友人役で映画デビューを果たした訳ですが(―※この『サマリア』では、本名のソ・ミンジョンでクレジットされている)、


ともかくこの女優は、その顔、表情、佇まいが多くの観客に取って強いインパクトを与えるものではないかと思える次第。あの、意思の強さと優しさを同時に醸し出すような目と口元、そして、何と言うか、巧まずしての媚態とでも云ったものが、物凄く印象に残ってしまいますねぇ…。

ともかく、この、ハン・ヨルムの魅力も含め、追って、『弓』についての鑑賞メモ等をエントリーしたく思っています。


--------------------------------------------------------------------------------------

補足)

>>ハン・ヨルム関連

◇クァク・チミン&ハン・ヨルム来日記者会見~K-PLAZA.com
http://www.k-plaza.com/news/interview/interview_20050120.html

◇キム・ギドク監督の第54回ベルリン映画祭監督賞受賞作!
「サマリア」の新星クァク・チミンとハン・ヨルムに注目~Movie Walker
http://www.walkerplus.com/movie/report/report3263.html

>>キム・ギドク関連

■〔映画雑談Vol.27〕キム・ギドク映画に関する雑感―その2
~『うつせみ(2004)』鑑賞プチ・メモ、および、『サマリア』(2004)、『悪い男』(2001)他ギドク映画雑感 & more...


■〔映画雑談Vol.30〕キム・ギドク新作映画『絶対の愛』(※2007年3月公開)鑑賞前メモ他
1.キム・ギドク最新作『絶対の愛』、2007年3月より渋谷・ユーロスペースにてロードショー & 2月24日よりキム・ギドク監督作品回顧「スーパー・ギドク・マンダラ」開催!!

2.『サラバンド』(2003/ベルイマン)のデジタル・ハイヴィジョン映像についてのメモ

―& 今年最初の映画鑑賞(『ディパーテッド』)が叶いました!


◇キム・ギドク監督「サマリア」来日記者会見~K-PLAZA.com
http://www.k-plaza.com/news/interview/interview_20050225.html

『サマリア』~いがらしみきおの映画ゾンビ(→※いつも楽しくご交遊頂いているLOVINさんに教えて頂いた、あの、いがらしみきおセンセ^^が、主に映画について書き綴っている“いがらしみきお入魂の超絶映画日乗”との副題が置かれたブログです!!)
http://www.bonobono.jp/mag/archives/2005/09/post_32.html

--------------------------------------------------------------------------------------







3連休最後の今夕、『山椒大夫』(1954/溝口健二)ニュープリント版を鑑賞予定。

さてさて、

c0055456_1365817.jpg本日(9/18)これから、僕ら夫婦に於きます、この三連休のメイン・イヴェントたる^^『山椒大夫』(1954|※左Ph)のニュープリント上映の鑑賞に出かけて参ります!!

映画祭「溝口健二の映画」公式サイト

--------------------------------------------------------------------------------------
補足)

◆溝口健二 没後50年 「現代に通じる」 国内再評価~読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/topics/20060915et0f.htm?from=os1
--------------------------------------------------------------------------------------

ちゃんと良い座席を取れるよう、そろそろ家を出ます。 

それでは一旦失礼を~。

(→◆この日、無事に『山椒大夫』の鑑賞が叶いました! 今回の本作のスクリーンでの観賞は、おそらくは、10年以上前の並木座(※1998年9月閉館)で鑑賞して以来なのですが、この124分を新鮮な思いで享受できたことに幸福な思いで一杯になりました。3日経った今でも、その余韻は不意に甦って来ます。

中途半端にお喋りするのが勿体無い映画体験となりましたので、また、追って書き纏(まと)めてみます。)



by oh_darling66 | 2006-09-18 13:16 | *映画雑談