excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

タグ:モンティ・パイソン ( 4 ) タグの人気記事
■〔映画鑑賞メモVol.12〕『ローズ・イン・タイドランド』(2005/テリー・ギリアム)
鑑賞前メモはこちら~


こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです!


ここ東京では、8月に入ってからというもの、じりじりと熱くなり過ぎない気持ちの良い夏の晴天日が続いています!

さて、私、8月の始めにはお盆休み前の“プチ休暇”を取っていたりもし中々ブログの更新が出来なかったのですが、ともかく、これから暫くはのんびりと更新、更新未満^^等々して参る所存です。

えぇ、今回は、中々エントリーが出来ぬままだった『ローズ・イン・タイドランド(2005/テリー・ギリアム)』〔◆IMDbの鑑賞メモを残しておきます。



『ローズ・イン・タイドランド』(2005/テリー・ギリアム)


**ネタバレ注意

****

『ローズ・イン・タイドランド』は、僕に取っては、一つには、少年(/少女)期の一面であろう自閉的なひりひりするような痛々しい部分をも含む内面性が反映された、小さくもあり、また、取り留めの無いようなものでもあろう世界観、そんな、一様な形や言葉に納まりようがない世界観を、ギリアムなりの確信を持っての創造性でヴィジュアル化し得た作品だと思えています。


また、映画の主舞台となる、あのテキサスの草原地帯からは、10歳ほどの少女“ジェライザ=ローズ”(ジョデル・フェルランドが来る日も来る日もそれを目に納め心を弾ませて遊ぶには十分な視覚的空間的広がりを持っているように思えました。しかし同時に、あの草原地帯というものは、地平的に途轍もなく大きな広がりを持っているようには感じさせない空間性があったかと思います…。

ただ、この、草原中に於けるヒロインの特定の遊び場
(―祖母の屋敷内はもとより、逆さになったスクール・バスの中やら、劇中、ヒロインの唯一の友人とも為る“ディキンズ”が大木の傍に作った“潜水艦”内やら…)には、物理的広さ・大きさとは別種の濃密な空間性を感じ取れもしました。


(―ヒロインの遊び相手、友達は、上述したディキンズに加えて、あのスクール・バスの中でヒロインの傍を飛び交っていた蛍たち、そして、あの頭だけの四つのバービー人形たちがありますね。映画のエンディングに於いては、ヒロインの傍にバービー人形たち、ディキンズの姿は最早無い…)



*********

上述したような、僕が本作に感じ取った『ローズ・イン・タイドランド』の小さくもあり取り留めの無いようなものでもある世界観、また、あの草原風景の有限性とでも云ったものは、僕の中では、ギリアムがモンティ・パイソン時代にテリー・ジョーンズと共同監督した『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』(1975|※下Ph)と、主にある一点に於いてだけ重なるところがあります。詳細は措きますが、この『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』という映画に於いては、伝説上のアーサー王と円卓の騎士たちによる聖杯探しの旅を描く遥か中世の地平が、終盤で突如断絶されるような状況と相成る訳なのですが、


『ローズ・イン・タイランド』に於いても、矢張り、映画終盤に於いて、この草原地帯を断絶させてしまう状況というか光景(―そこには、何やら途轍もなく無く巨大な規模に見て取れる土砂採取工事だか何らかの巨大施設を建造する為の整地工事だかが進行した大地が広がっている…)が突如示される訳です。


この草原風景に僕が感じ取っていた有限性とでも言ったものは、一つには、これが、予(あらかじ)め失われつつ在る風景であったからなのでしょう…。



****

さて、『ローズ・イン・タイドランド』は、草原に始まり草原で終る。日中(ひなか)の草原に始まり真夜中の草原で終る。ただ、その草原は、実は、まさに映画の冒頭がそうであるように、劇中何度かヒロインが想起する海のイメージにも重ね合わされる。

この海のイメージは、その生前から、クスリを打つことで憧れの地“ユトランド”(―デンマークの干潟地帯らしい…)にトリップを重ねていた父親ノア(ジェフ・ブリッジスの影響と、そして、ヒロインが両親の生存中から愛読していた『不思議の国のアリス』の影響が相俟ってのものとは言えるでしょう。

詳細は省きますが、ヒロイン“ジェライザ=ローズ”は、母親の急死後、父親に連れられ、祖母が住んでいたテキサスの草原中の一軒家に移り住んでくる。


父親はこの草原が広がる故郷/新天地にやって来て屋敷の中に落ち着くやいつものようにクスリを打ってトリップ、そして、中々目覚めない…。

そんなある日、ヒロインはハチに刺されて白濁した右目を持つ“デル”(ジャネット・マクティアと云う女性に出会い、


程なくして、その弟である“ディキンズ”(ブレンダン・フレッチャーとも出会い、彼らと交流を重ねて行くようになる。


ディキンズは脳手術を施されて10歳ほどの知能しかないことが劇中ディキンズ自身によってヒロインに明かされる。彼は、姉の剥製制作を手伝ってはいるが、これまた、ヒロインに明かすところでは、この海原のような草原に不意に現れる巨大鮫を仕留める夢を持つ“巨大鮫ハンター”たる潜水艦艦長でもある…。


観客は、この、俄(にわ)かには正体を掴み切れぬディキンズと、そして、その姉デルが、ヒロインのパパと祖母に因縁浅からぬ人物であることを徐々に知らされて行くこととも為る…。


*********

ともかく、初鑑賞した限りで言いますと、僕に取ってのこの映画時間は、ジョデル・フェルランド扮する美少女“ジェライザ・ローズ”が目の当たりにするさまざまな現実、彼女が浸る夢想、あるいは、それらが相俟つようなものを、心地好さと痛々しさの相半ばするような思いで見つめてしまうがままだったように、今、思い起こします。

僕に取っての圧巻部は、あの終幕近くに於ける、『サイコ』(1960/ヒッチコック)の母屋とも似た不穏な空気感がたちこめて来る、姉弟の住む屋敷内での凄惨なクライマックスからヒロインが現実に目覚め始める前段階を示したようなエンディングにかけての映画時間。

あの列車脱線事故は、それ以前のヒロインとディキンズとが絡む一連のシーンを見ていれば予測のつく悲劇かと思えますし、物語上の流れとしても必然ではあるかとは思うものの(―列車の脱線は、すなわち、ヒロインの悪夢的な旅/日常の終焉を暗示しているのでしょう)、不思議なほどに唐突感を持って僕に迫って来るものでした。

ともかく、ここエンディングの事故現場に於いては、ヒロインには最早両親も身寄りも無いことに加え、バービー人形も、そして、おそらくは、ディキンズも失っている…。そんなヒロインに、事故に遭った乗客の一人が「一人(旅)?」とでも声を掛け、食べ物を分けえ与える。

そんな二人の頭上に、映画冒頭ほどでも示された逆さになったスクール・バスの中でヒロインの傍を飛び回っていた蛍たちが再び現れる。その蛍の発光を映したヒロインの瞳が宵闇の中に浮かびあがる、そのしばらくアップで示された瞳は黒味の背景にフェイド・アウトし、そのまま、黒い背景のエンディング・クレジットに繋がって行く…。



****

本作を大まかに顧みて、今、思うことの一つは、ここにあった幾つかのイメージ、ヴィジュアルに対する僕の感じ方と云うものは、いつ鑑賞しても一様なものに収まるようなものでは無さそうだということ…。

つまりは、本作に於いては、初鑑賞の際には心地良かったイメージが、別の鑑賞の機会には、その映像の持つ良し悪しなどとは別のところで不快に感じ取れてしまうかもしれませんし、また、醜悪にしか思えなかった部分に目を瞠ったり愛おしく受け止められたりすることも有り得るのではないかと、まぁ、漠と、そんなことを思ったりしている訳です。

ともかく、本作に紡がれたイメージ、ヴィジュアルは何かを観客に強要するためのものでは無さそうだ…、それは、僕が素朴に思えているところです。

(※8月8日昼、一部追記。)



〔※当ブログ内の関連記事〕

■〔映画雑談Vol.19〕『ローズ・イン・タイドランド(2005/テリー・ギリアム)』
―鑑賞前メモ(※尚、今夏日本公開予定)




〔※本エントリーは、以下のサイトともリンク中〕

** ローズ・イン・タイドランド@映画生活
by oh_darling66 | 2006-08-05 18:54 | ■映画鑑賞メモ/鑑賞プチ・メモ
■〔映画雑談Vol.20〕今年鑑賞したシリアス・タッチの映画たち
―含、『グッドナイト&グッドラック』(2005/ジョージ・クルーニー)鑑賞プチ・メモ&more...


●5月24日(水)

こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。

ここ東京では、今日(5/24)夕方18時ほどから雷を伴なった大雨に。

矢張り、六月の梅雨時とは違って、朝、傘を持たずに家を出た勤め人や学生など等が少なくなかったようですね。
19時半頃の自宅最寄り駅前などでは、駅の建物から出れぬ人でもって普段よりも可也混雑していました。

23時過ぎ現在、雨脚こそ弱まってはいるもののまだまだ降り続いています。まぁ、この雨も朝方までには上がって、明日は終日晴天となるらしいのですが。いやはや、ぱっとしない空模様続きの五月となっていますね。せめて、五月最後の週末くらいは爽やかな晴天であって欲しいものです!


(※後刻に続く...)



●5月26日(金)

***

・・・さてっ!((^^;

そう、今年注目を浴びる作品の中には、ジャンル的なところを別にしても、シリアス・タッチの映画が少なくないように僕は思えています。



例えば、僕が今年これまでに鑑賞して来た中ですと、

まずは、3月ほどまでに鑑賞した、『ミュンヘン』(2005/スティーヴン・スピルバーグ|※上Ph)『クラッシュ』(2004/ポール・ハギス|※下Ph)『ホテル・ルワンダ』(2004/テリー・ジョージ)『ブロークバック・マウンテン』(2005/アン・リー)等等々…、



さらに、ここ、1箇月ほどに鑑賞したものから挙げると、『Vフォー・ヴェンデッタ』(2005/ジェームズ・マクティーグ|※下右Ph)『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』(2005/トミー・リー・ジョーンズ)そして、『グッドナイト&グッドラック』(2005/ジョージ・クルーニー|※下左Ph)等等々…。

c0055456_15443368.jpgc0055456_15451544.jpg
まぁ、いずれの映画も、極く大まかに言えば、シリアスなテーマを扱ったもの、または、表立ってでは無いにせよシリアスなテーマを孕(はら)んだものとは言えるかと思う次第。


***

ただ、僕に取って、上に挙げた個々の映画の一番の持ち味は、作品個々の持つテーマとも或いは別のところにあるかと思えもしています。

例えば、『クラッシュ』『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』両作などは、僕に取っては、それぞれが孕(はら)み持つ社会的、政治的なメッセージ云々が胸にずしんと残るがゆえに忘れがたい映画と為った…と云うよりは、最終的には、その映画時間が寓話の如し輝きを纏(まと)ったものに収斂して行くような映画ぶりこそが美点に思えましたし、



***

また、一度観た切りで言うしかないのですが、『グッドナイト&グッドラック』〔◆IMDbMovie Walkerなどは、モノクロ撮影に映える、デヴィッド・ストラザーン扮する主人公の硬質なルックを含めた映画の仕立てが、思いの外に、良質なものに感じ取れ、主にはそんな部分に感心しながら映画を眼差していました。



******

そして、そんな、ジョージ・クルーニーという映画人のスマートさ、加えて、人柄の良さが反映されたかのような、さほど、きりきりとした素振りではなく、中々スマートで、また、一見、感情的、声高には「マッカーシズム」を糾弾してはいない見せ方、映画ぶりにも関わらず、当時、マッカーシズムに怯(ひる)まず立ち向かったエド・マロー/Edward R. Murrowという一人の実在したTVニュース・キャスターを核に置いて描き示したものが、最終的には、こと、1950年代にアメリカに於いて吹き荒れたマッカーシズムに考えを及ぼさせるものと相成っている映画振りこそに、僕は、まずは素朴に好感を持てた訳です。



******

そう、この93分と云う尺自体も特筆すべきものかと思います。

あの、オープニング・クレジットにTV関係者たちのくつろいだ表情や姿が示されて行く中での、「マローを讃える会」が執り行われる社内クラブ(?)内のムーディーな描写から映画はドラマとしても既に始まっており、終幕に於いては、自分自身への顕彰に浮かれた素振りも見せず、また、何ものにもへつらう素振りも無い毅然としたマローの姿、スピーチを示し映画は締め括られて行く。

そして、その、冒頭と終幕の間に、マローの果たしたものの内の最大の要所であろうマッカーシズムに対する報道に於いての勝利を、その勝利に伴う苦味と共に、過不足無く示し得ての93分は、
僕に取って、あっと云う間と感じ取れるような93分でも無く、極めて濃密と云ったものでも無く、しかし、一つには清々しい映画時間でした。

おそらくは、一つの映画として、繰返しの鑑賞によって尚滋味深い味わいを享受し得る映画かと、今、僕なりに思えていますので、また、再鑑賞し纏(まと)まるものあれば、新たに何か書き加えてみたいと思っています。


***

上述した、ともすれば、“重い”と言われがちな何本かの映画たち、
しかし、僕に取っては、これらの映画は、民族対立、部族対立、マッカーシズム、不法移民、同性愛者の受難…など等、扱っているテーマゆえ、ある程度以上はシリアスな肌理、重みを纏(まと)うことは道理としても、頭でっかちで観念的なばかりの映画とは為っていなかったと思います。

そう、まずは、それぞれ個々に魅惑的な映像表現、映画造形、画面の魅力というものがあるがゆえに個々に心惹かれ、それらが孕み持つテーマにも自ずと思いを及ぼすところと相成る映画だった訳です。

―と、まぁ…、こんな調子でシリアス・タッチな映画たちを一遍にお喋りし出すと、何と言うか、結局はシリアスに((^^)為って行くばかりかとも思えますので、ここら辺で方向転換^^を。



***

ともかく、今年から来年に架けては、所謂“シリアス・ムーヴィー”の公開が、おそらくは、例年に無く多くなって行きそうですね。

そんな中、僕は、コメディを挟んで心的なバランスを取って行かねばと思っている次第です。((^^)


・・・そう(^^)、
まずは・・・、僕自身、少々遠ざかっているモンティ・パイソン〔※下Ph〕のコメディを見直してみますかねぇ・・・。


〔◆上Ph:左から、ジョン・クリーズマイケル・ペイリン(手前中央)グレアム・
チャップマン(口元にパイプ)
テリー・ジョーンズエリック・アイドル



〔◆上Ph:マイケル・ぺイリン演じるランバー・ジャック
『空飛ぶモンティ・パイソン』(1969~1973)


―うん、そうしよう!(笑) まずは、モンティ・パイソンに決ぃ~めた♪((^o^/


〔◆上Ph後列一番右側は、テリー・ギリアム(→※ギリアム最新
映画監督作品『ローズ・イン・タイドランド』関連エントリーはこちら!)〕


【完】

by oh_darling66 | 2006-05-24 23:43 | *映画雑談
■〔映画雑談Vol.19〕『ローズ・イン・タイドランド(2005/テリー・ギリアム)』
―鑑賞前メモ(※尚、今夏日本公開予定)⇒◆鑑賞後メモはこちら!!


こんばんは~、ダーリン/Oh-Wellです。
c0055456_11514395.jpg
・・・さてさて、

僕が、この夏公開予定の映画中に於いて、素朴に大いに楽しみにしている一本に、
テリー・ギリアムの新作『ローズ・イン・タイドランド(2005)』〔◆IMDb公式サイトがあります。
c0055456_115234100.jpg
◆上Phは、4/13(木)、都内で行われた『ローズ・イン・タイドランド』の来日記者会見でのギリアム監督〔左〕と主演のジョデル・フェルランド〔右〕

***

まぁ、映画ファンの方々には御周知のことかとも思いますが、映画監督としてのギリアムのキャリアって全く以(も)って波乱多きキャリアなんですよね…。
そう…、僕に取っては、『12モンキーズ』(1995)以降に決定打がないですねぇ。

破格の才ある映画作家なだけに、『未来世紀ブラジル』(1985)『12モンキーズ』(1995)並の、弩級のイマジネーションに紡がれた新作映画をそろそろ見せて欲しいところです!!


***

例えば、ギリアムのモンティ・パイソン時代に於ける『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』(1975)という作品は、盟友テリー・ジョーンズとの共同監督作品である訳ですが、これは、パイソン関連の映画中ですと、僕としては最も好感を持てる作品です。
そう、テリー・ギリアムは、あくまでも僕の受け止め方ですが、1975年、1985年、1995年と、少なくとも、10年に一本は傑出したものを残しているんです。

―と云った訳でもありまして^^、この、2005年度作品『ローズ・イン・タイドランド』には大いに期待している次第です!!
c0055456_11541288.jpg

(※後刻、追記等あるかも...^^)



〔当ブログ内の関連記事〕

■〔映画鑑賞メモVol.12〕『ローズ・イン・タイドランド』(2005/テリー・ギリアム)


>>『12モンキーズ』関連

■〔映画鑑賞メモVol.3〕『ラ・ジュテ』(1962/クリス・マルケル)
by oh_darling66 | 2006-04-18 20:30 | *映画雑談
◆ふたつのバトン・・・・・・有難うございま~す((^^;

こんばんはー

☆onomichi1969さん、どうも~!

☆路傍さん、毎度です~!!

……(間)……

うわぁー((^^;
先輩ブロガーさん御二方(onomichi1969さん、路傍さん)から、
バトン(※以下B)が回って来てしもうたぁ~

c0055456_20593394.jpgマイケル〔右〕:バトンが二つだってさ、ねぇ、どこに有るの?

ジョン〔左〕:(―そ、そんなモノはどこにも無いかもヨ((^^;)



―そう、あちこちのブロガーの方々にさまざまなレヴェルでの歓喜やら波紋やらを引き起こしている(^^)「ミュージカル・B」なるもので~す。

あ、あり、(失礼)
えー、御二方、有難うございます((^^;


***

これ、どうにもこうにも流行っているというか何と言うか…、
そりゃ、音楽好きはこういうの楽しくて堪らないものなぁ((^^)♪

ⅰ)まぁ、路傍さんが仰っているように、
誰が始めたかは分からぬものの其処に悪意は感じられませんし、実際に楽しまれておられる方もおられる、

ⅱ)ただ一方で、このバトンの最初の人(出処)が分からなくて、100とか120%とかの乗り(^^)で参加している訳じゃない方がいることも僕は感じておりました、

ⅲ)ちなみに、スルーされている方も少なくありませ~ん。


***

この時期、
ブログサービス運営各社がβ版から正式版への移行を睨んでいると思しき時期、

まぁ、こんな時期(^^)にブログを既に始めていたんだよなぁ…という思い出作り(^^)くらいの軽い気持ちで、僕はゆる~く遊んでみる事にします


◆◆質問項目

1)今コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

自宅のもノートのも答えたくない。

2)今聞いている曲

Roxy Music、Pink FloydRolling Stonesの各バンドの何枚か、
また、昭和歌謡のコンピ(^^)、
これらを気の向くままに流している。

3)直近に買ったCD

Peter Gabriel(Ⅰ)

)よく聞く、または特別な思い入れのある5曲→じゃ、僕は、思い入れのある曲を、歌もの中心に行ってみよぉ~♪

c0055456_2133173.jpg◆ランバー・ジャック(唄:マイケル・ペイリン~「空飛ぶモンティ・パイソン」/左Ph)
◆忍者武芸帳(唄:?/曲:林光〔はやしひかる〕
◆デンティスト(唄:スティーヴ・マーティン
◆チーク・トゥ・チーク(唄:フレッド・アステア
         &
**歌ものでは無いのですが、
◆星空のドライヴ(ピンク・フロイド

**数多あるストーンズの楽曲からも、思い入れ深いバラッド2曲を追加しま~す!
◆Memory Motel、Fool To Cry(※この2曲はどちらも“Hot Staff”(1976)中の楽曲。最初にアルバム中で聴いた時、そして、その後暫くの間は、これらの哀感あるロック・バラッドの味わい深さを享受出来なかったもの…。しかし、20代に観た何と云う事の無い幾つかの映画中で何度か耳にしたりもしている内に、また、好んでこの2曲を聴き直すようになり、その味わい深さの虜に為ってしまい今日に至っています…。)

5)―そして、5人の方にお回しすると...

onomichi1969さんから回って来た時点では、

今日の昼休みにでも、飲み仲間の路傍さんprodigalさんHAPPYさんひよこさんEILEENさんの五名の方々にお回ししようと思っていたのに…、

路傍さんからバトンが回って来た時点で、
もう既に皆さんのところは塞(ふさ)がっちまていたよ~~!((^^;


***

そこで、

今回は、
参加してみるか否かなどを、
ささっと御判断してくださるであろう大人な(^^)方々に、

★貴乃助さん

☆kumikoさん

★偏屈王さん

☆santapapaさん

★koukinobaabaさん


ご多忙中でしたら誠に申し訳ありません、
お託しいたします。

c0055456_2141734.jpg

…あのさっ、5人とか6人って、ちょっと多いんじゃないかしらぁ~((^^;


by oh_darling66 | 2005-06-21 21:19