excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

■〔映画雑談Vol.23〕今秋公開の新作映画あれこれ鑑賞前メモ―その1(前篇)

1.『プラダを着た悪魔(2006/デヴィッド・フランケル)』≪→こちら
2.『ブラック・ダリア(2006/ブライアン・デ・パルマ)』鑑賞前メモ―その3≪→こちら
3.『LOFT ロフト(2006/黒沢清)』≪→こちら

―&「2006年・第63回ヴェネチア国際映画祭」関連メモ―その1(※オダギリジョー『叫(さけび)』(黒沢清)etc.)→こちらその2はこちら!


>>その1(後編)は、こちら~!⇒『楽日』(2003/ツァイ・ミンリャン)、『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)他


こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。

さて、この8月も残すところ後一日……と10分ほど。^^
ひと続きに映画を顧みる時間が取れず、中々「映画鑑賞メモ」等を書けずにいる『マッチポイント』(2005/ウディ・アレン|※下Ph)、そして、『ハッスル&フロウ(2005/クレイグ・ブリュワー)』(→※鑑賞メモは追ってこちらに書きま~すはその内に成り行きで形にするとして……(^^;、

今回は、今秋以降に日本公開予定の映画中で僕が素朴に楽しみにしているものを数本ピックアップしておきます。
c0055456_044488.jpg

・・・で、ここで一旦ストップ。^^また、後ほど追記しま~す!

…で^^、以下は、公開順では無く、まぁ、思いついたものから順番にと云った按配です。



1.プラダを着た悪魔』(2006/デヴィッド・フランケル)
◆11月18日(土)公開予定


「2006年・第63回ヴェネチア国際映画祭」(◇会期:8/30―9/9)出品作品 

→※コンペティション部門出品作(全21作品)「シネマトゥデイ」等を参照。

今回、日本映画からのコンペティション部門への出品は、オダギリジョー〔◆jmdb主演の『蟲師〔むしし〕』(大友克洋|◆公式サイト、そして、アニメーション映画『パプリカ』(今敏〔こんさとし〕)の2本。
尚、オダギリジョーは、今回、特別招待作品して上映される黒沢清監督の『叫(さけび)』(◆当エントリー内にも出演。)


**これは、これまでにウェブ上で作品レビューなどをチラチラ^^眺めて来た限りですと、例えば、「ウェルメイドなコメディ」などと云った誉め方を少なからず目にしており、まずは、コメディとして高評を得ている印象を僕は持っています。まぁ、コメディとしての良し悪しなどは観るまで分かりようもありませんが、一つには、大いに俳優を楽しめる映画ではないかと僕は思っています。

ともかく、メリル・ストリープアン・ハサウェイスタンリー・トゥッチ〔※下Ph右〕の3人が主要な役どころに名を連ねているだけでも僕の足を劇場に運ばせるに十分!!!


ストリープは、本作のスチルをあちこちで眺める限りですと、ここしばらくに無い美人ぶりかと思えるのですが(^^)、まぁ、いつの頃からか妙にふくよかに為って相当に貫禄がついてしまいましたが^^素は綺麗な人ですからね。一方の、美しさも増し、演技面でも伸び盛りのアン・ハサウェイとはまた異なる映画栄えを見せてくれているのではないかなぁ…。

今、多くを語る余裕がありませんが、曲者、スタンリー・トゥッチを含め、この3人の芸達者によって、それこそ、「ウェルメイドなコメディ」が展開される映画であることを素朴に期待しています!!


補足)

◇IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0458352/

◇公式サイト(日本語)

http://movies.foxjapan.com/devilwearsprada/


2.ブラック・ダリア』(2006/ブライアン・デ・パルマ)
◆10月14(土)公開予定


「2006年・第63回ヴェネチア国際映画祭」オープニング上映作品、及び、コンペティション部門出品作品


**まぁ、私め、素朴にデ・パルマ贔屓ですから、作品自体を享受できればまずは幸福なのですが、この、デ・パルマにとって『ファム・ファタール(2002)』〔◆当ブログ内鑑賞メモ以来4年ぶりとなる新作にあっては、今をときめく二人の女優、スカーレット・ヨハンソンヒラリー・スワンクの出演がまずは広く注目を集めるところかと思いますし、僕自身も、彼女たちがデ・パルマが創り出す世界の中で如何なる輝きを見せるかは実に楽しみなところ。


そして、悲劇のヒロイン“エリザベス・ショート”に扮するミア・カーシュナー〔※下Ph〕の存在感、演技を目の当たりにすることも物凄く楽しみにしています。僕は、彼女の演技を観るのは初体験となります。


**さて、本作『ブラック・ダリア』撮影ヴィルモス・ジグモンド

かつて、デ・パルマ作品と3作品で組んでいる訳ですが、僕は『愛のメモリー』(1976)『ミッドナイトクロス』(1981)の中々流麗なキャメラ・ワークが印象に残るところです。

他の監督との仕事の中では、『ロング・グッドバイ』(1973/ロバート・アルトマン)『未知との遭遇』(1977/スティーヴン・スピルバーグ)、そして、『天国の門』(1980/マイケル・チミノ)などでのキャメラが特に印象に残っています。ともかく、『天国の門』のキャメラは別格として、1970年代に大活躍した撮影監督として、その名を知る映画ファンは多いかと思います。彼が久々にデ・パルマと組んでの映像も大いに楽しみなところです!


補足)

◆当ブログ内関連エントリー>1>2

◇IMDb
http://us.imdb.com/title/tt0387877/

◇公式サイト(UK)
http://www.theblackdahliamovie.net/

◇CINEMA Topics Online

http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=4925


3.LOFT ロフト』(2006/黒沢清)
◆9月9日(土)テアトル新宿、シネ・リーブル池袋他全国ロードショー



**僕が黒沢清の映画を体験して来ての印象を極く大まかに言い表せば、以前、僕が某所の映画掲示板でお喋りさせて頂いた際に書いたものを引っ張り出してしまいますが、「僕に取って、黒沢清映画の体験は唯一的なもので、その諸作の鑑賞にあっての映画時間の体験というものは、一つには、スクリーン/モニターに映し出されたもののヒンヤリとした肌理によって徐々に身がこごむような心地、状況と為って行くもののように思います」…とでも云ったものになります。

僕に取って、おそらくは、封切早々に劇場に足を運ぶであろう、黒沢清の新作『LOFT ロフト』は、『ドッペルゲンガー(2002|※公開年は2003年)』〔◆jmdb以来となる黒沢清映画のスクリーンでの鑑賞となります。せめて、しかと見つめておきたいと思っています。 (→◆まずは、封切2日目に初鑑賞しましたヨ~^^


cf.現在開催中の「第63回ヴェネチア国際映画祭」では、この黒沢清監督の『LOFT ロフト』の次に撮られた最新作『叫(さけび)』〔※下Ph|◆CINEMA Topics Onlineが特別招待作品として上映される。

補足)

◇『LOFT ロフト』公式サイト
http://www.loft-movie.com/

◇映画「LOFT」黒沢清監督に聞く 物語の鍵を握る「女性ミイラ」~FujiSankei Business
http://www.business-i.jp/news/enter-page/enter/200608290012o.nwc

映画『LOFT ロフト』公開記念特集 黒沢清の映画術~チャンネルNECO

放映期間:9月2日~9月28日
放映作品:『CURE キュア』(1997)『カリスマ』(1999)『回路』(2000)『ドッペルゲンガー』(2002)

―尚、放映日時などは、各自「チャンネルNECO」ホームページ等でご確認のほどを!


―と云った按配に、「今秋公開の新作映画あれこれ鑑賞前メモ―その1(前篇)」は、まずは、現在イタリアで開催されている「第63回ヴェネチア国際映画祭」に参加している3本でまとまる形と相為りました。

この後にエントリーする、その1(後篇)では、また、3、4本の新作映画をピック・アップしておきたいと思っています!

©REUTERS


その1(後篇)に続く

by oh_darling66 | 2006-08-30 23:51 | *映画雑談
<< ◆さて、9月最初の御挨拶を。 ◆ようやく、『ハッスル&フロウ... >>