excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

■〔映画雑談Vol.21〕レヴォン・ヘルム(元ザ・バンド)についての覚え書き
~『ラスト・ワルツ』(1978/マーティン・スコセッシ)、『歌え!ロレッタ愛のために』(1980/マイケル・アプテッド)、『ライトスタッフ』(1983/フィリップ・カウフマン)他

こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。

この週末は公私に幾つか所用が重なったがゆえ、今日(7/2)はゆったりと昼過ぎまで寝ていました。
朝方には可也降っていた雨も遅い昼食を終えた頃にはすっかり上がっていましたので、近所をぶらりと歩いて来ました。



やや湿気を帯びた空気を体に感じながらの散歩でしたが、青空や緑を眺めながらの散歩は中々気持ちの良いものだったなぁ…。



そう、私、昨日は従弟(いとこ)の挙式に参列したのですが、その、都内にある美しいカトリック教会での挙式中の二人の幸福な姿から受けた余韻を思い起こしながらの散歩でもあった訳です…。



うん、この週末、新郎新婦の門出をお祝いすることが出来た喜びは何よりのものでした!!




***

そうそう…^^、昨日今日で、W杯準々決勝4試合(⇒◆試合結果はこちら~サンスポ)を観戦しての所感を纏(まと)めようと思ってはいたのですが、いやはや、この4試合、それぞれに凄まじいものでしたね…。一試合一試合の重みに打ちのめされてしまっています。最早、単純に「面白い」なんて云うものではありませんでしたね…。
僕など、中々適当な言葉なり形なりになりません。まぁ、加えて、中々ゆったりと試合を思い返してみる時間もありませんしね…。^^

© AP


ともかく、これは追って、前回のエントリーに追記するなりしてみたくは思っています。
そして、この週末に頂いているままに為っているkoukinobaabaさんsahoさんミチさんのコメントへのお返事も追って必ずや!^^


―てな按配ゆえ、7月最初のエントリーは、だいぶ前のエントリーでチラと予告したやつを…。


レヴォン・ヘルム(元ザ・バンド)についての覚え書き


****

さて、4月の『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』(2005/トミー・リー・ジョーンズ)でのエントリー中でも触れましたが、このトミー・リー・ジョーンズの劇場映画処女監督作品に於いて、テキサスの荒野の一軒家に孤独に住まう「盲目の老人」に扮したレヴォン・ヘルム〔◆IMDbは、時おり、役者として映画にも出演する、偉大なアメリカ人ミュージシャンの一人です。

僕が本作『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』以前の映画中に在る彼の姿で忘れがたいものは、

まずは、最初にその動く姿に接した『ラスト・ワルツ(1978/マーティン・スコセッシ)』〔◆IMDb|※下Ph右端がレヴォン・ヘルム〕でのもの。(―封切の際に映画館の大スクリーンで鑑賞できた訳ではないのですが…。)



この『ラスト・ワルツ』と云う映画は、極く大まかに言えば、ザ・バンドと云う、ロック史に名を刻むロック・バンドの解散コンサートを収めたライヴ・ドキュメンタリー(―ここでのライヴ自体が、云わば、脚本の在るライヴである訳なのですが...)。

ここでのヘルムの精力的なドラム・プレイ、また、その、ドラムを叩きながら“クリプル・クリーク”“ザ・ウェイト”“オールド・ディキシー・タウン”“オフェリア”等々でリード・ヴォーカルを取る姿には、特に、初鑑賞の際に、素朴に深い感銘を受けましたし、劇中に織り込まれている、スコセッシのインタヴューに受け応える際の、聞き手に向ける誠実な眼差し、穏やかさと朗らかさが相俟つ話しっぷりや物腰、また、自分の隣でロビー・ロバートソン(※上Ph右から2人目)が話し出すと一旦口をつぐみ仲間の話に耳を傾けその話に穏やかに頷くような大人の素振り…と云った辺りにも、矢張り目を奪われ心惹きつけられたものです。

実は、僕はつい半年程前までは廉価版で発売されていたはずの本作のDVDを買い損ねてしまっています。しかし、廉価版では無いものの、幸いなことに、この6月21日には『ラスト・ワルツ』のDVDが再発されました。アルティメット(―いわゆる“究極”ですか…^^)版として…。(⇒◆DiscStation
価格は少々高めと為ってしまいましたが、今度は迷わずに^^購入せねば!!
(―てな按配で、本作品を改めてDVD鑑賞した際、何か新たな発見や感銘を得られるところがあれば本エントリーに書き加えてみたいと思っております。)



****

そして、純粋に演技者としてのヘルムとして印象深いものは、
まずは、映画初出演と為った『歌え!ロレッタ愛のために(1980/マイケル・アプテッド)』〔◆IMDbでの演技。まさしく、ここでは、トミー・リー・ジョーンズとヘルム〔※下Ph左〕は初共演を果たしている訳です。



この、ヘルムの映画デビュー作の原題は“Coal Miner's Daughter”な訳ですが、シシー・スペイセク扮するヒロイン“ロレッタ”の父親である職務熱心な炭鉱夫(=Coal Miner)を演じているのがレヴォン・ヘルム。ここでのヒロインや妻を含む家族に向ける笑顔の温かみ、他者に向ける真摯な眼差しなどは、僕など、鑑賞の度に、いつも心奪われ深く余韻が残ります。

今、本作のストーリー、内容云々に事細かに触れる余裕は有りませんが、
この、アメリカC&W(カントリー&ウェスタン)史上の大歌手の一人たるロレッタ・リン〔◆公式サイトIMDbの半生を映画として描いた125分間には、当のヒロイン“ロレッタ”に扮したシシー・スペイセクによる、多くの観客の目、耳、心を奪うであろうパワフルで魅惑的な演技は言わずもがな、
TVから本格的に映画に転じてから2、3年といった頃の、トミー・リー・ジョーンズ〔※下Ph右〕、そして、ヒロインが憧れるカントリー歌手を演じるビヴァリー・ダンジェロなど、力量ある俳優の素晴らしい演技があふれているかと僕など思う訳なのですが、ヘルムの存在感、演技と云うものは、これらの芸達者たちに劣らぬ余韻を、いつも、僕に与えてくれます。





****

さらに、もう一つ印象深いヘルムの演技を挙げるのであれば、このエントリーの始めにタイトルを挙げた『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』での無欲な「盲目の老人」役を一旦除けば、『ライトスタッフ(1983/フィリップ・カウフマン)』〔◆IMDbでの演技。

ここでのヘルムは、第二次世界大戦中の名パイロットであったチャック・イエーガー(サム・シェパード|※下Ph左)の友人である空軍パイロット“ジャック・リドレー”を演じています。
また、本作では、ナレーターをも務めており、僕などは、その声が醸し出す束の間の詩情も味わい深く受け止めた次第です。



ともかく、僕に取って、本作でまず心掴まれるのが、戦後、空軍基地でエンジニアとして働いていたイエーガーがテスト飛行に挑む機会をモノにするや、見事に、世界で初めて音速の壁を破ることに成功するシークェンス。
詳細は措きますが、ここでは、ヘルム扮するジャック・リドレーの存在が、この歴史的な快挙を映画として再現したシーン、シークェンスに於いて、サム・シェパード扮するイエーガーのキャラクターと共に忘れがたい人間味を加えているように思い起こします。

本作では、魅惑的な男たちが数多く登場する訳なのですが、サム・シェパード扮するヒーロー像には心掻き立てられるばかり、あの、始終ガムを噛んでいる姿は、そのシルエットだけでも素晴らしい!
そんなイエーガーと心通わせる友人“ジャック・リドレー”に扮したヘルムに、僕などが、まぁ、心惹かれぬ訳もないのですが…。



****

斯様に、アメリカの誇り得るミュージシャンの一人でありながら、
僕が鑑賞して来た何本かの映画中での俳優としてのレヴォン・ヘルムは、何らそう云ったミュージシャンとしての高名に驕る素振りの欠片も無く、あくまでも、主役たちを引き立てる重要な役どころを真摯に演じている…。そして、ヘルムが演じた上述したようなキャラクターからは、誠実で他者に献身的なアメリカ人の美徳が個々それぞれに感じ取れ、僕はいつも目を瞠り心掻き立てられるばかりです。


【◆レヴォン・ヘルム(元ザ・バンド)についての覚え書き・完】

by oh_darling66 | 2006-07-02 23:07 | *映画雑談
<< ★2006年ドイツW杯-決勝戦... ★2006年ドイツW杯-決勝ト... >>