excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

◆仰木彬氏(1935―2005)の逝去に捧げる

僕が長い間敬愛してきたプロ野球人、仰木彬(おおぎあきら)氏が、12月15日、呼吸不全のため福岡市内の病院で亡くなった。

この2005年のパシフィク・リーグを支えたものの一つは、
仰木彬という、日本のプロ野球に身を捧げた人間によるところが大きいと今改めて思う。

僕に取って、仰木彬というプロ野球人の、勝負に於ける一途さ、豪胆さ、一方での柔軟さが相俟つプロフェッショナルぶりは、こと、プロ野球人という部分をも越えた深み、輝きが見い出せ、長く僕のつっかい棒になるような男、年長者、人間の一人であった。

彼は、西鉄ライオンズに在籍した14年間の選手時代を含め、パシフィック・リーグに於いてプロ野球人生をまっとうした。現役引退後は、西鉄、近鉄バファローズにコーチとして在籍、三原脩(みはらおさむ)西本幸雄ら5人の監督を支える。

一部の御年配のプロ野球ファンの方々を別にすれば、
僕自身を含む、現在の大方のプロ野球ファンに取っては、そのいぶし銀のようなプロ野球人の姿(―しかし、一方では粋な遊び人であった…)を確(しか)と見知って行くところと為るのは、1988年、岡本伊三美(任期:1984―1987)の後を引き継ぎ、近鉄バファローズの監督に就任してからだろう。

野球セオリーに知悉し諸データを踏まえた上でこその、仰木監督の選手起用やゲーム中の采配ぶりはその意外性やら大胆さやらを含めていつもスリリングであった。


***

主には博打に於いてかと思うが、「無い袖は振れぬ」ならぬ「無い袖を振る」という表現がある、
恒常的に選手層の薄い印象のあるオリックスなどにあっては、前回監督就任時(※オリックス・ブルーウェーブ時代)にあっても、去る2005年の所謂「新生オリックス(※オリックス・バファローズの一年間)」で最後の指揮を取ったシーズンに於いても、そんな言葉「無い袖を振る」が相応しい采配も少なからず見受けられた。

しかし、一方で、彼は非凡な選手の素質は的確に見抜き少なからぬ選手を公式戦に活かして来た、それは幾人かの選手の大飛躍の縁(よすが)となった。また、長期展望でチームの地力を逞しくする監督力を備えていたことも、今更ながらではあるが、改めて明記しておきたい。

三原脩に私淑し、西本幸雄に仕えた仰木彬は、彼自身の生来的なところも含め、実は、そうそうプロ野球ファンが間の当たりにすることが叶わぬ、まさにプロ中のプロであったと僕は思う。

そのプロ野球人としての美しさは一プロ野球人を超えたものとして僕にいつも迫ってくるもので、言葉に尽くし難く、今後少しずつ顧みて、彼を慕う者、恩恵を蒙った者たちが故人となった仰木彬の魂に捧げて行くしかない。


***

僕は、一昨日の朝、仰木彬氏の突如の訃報を知り胸が潰れた。
彼の死は、終日僕の一部分を麻痺させたが、涙が込み上がるとか、そう云ったものでは無かった。

昨晩、久しく眺める事の無かった、TVスポーツ・ニュースを見た。

仰木監督のもとで、去る2005年のシーズン中に6勝を挙げ文字通りに「復活」した吉井理人がインタビュー中に目を赤くさせて行く…、
そして、田口壮(現セントルイス・ カージナルス)のインタビュー中の言葉に僕は愈々込み上げてくるものがあった、

彼は
「今度はゆっくりと休んでください」
とでも語り瞳を濡らし身を震わせて行くのだ…。

―僕は、近鉄戦に何度か足を運んだことがあるが、至近でユニフォーム姿の故人の姿を眺めたことは無い、

しかし、二度ほどスーツ姿の仰木監督を正面から見たことがある、
一度は藤井寺球場の試合前に、そして、一度は宵の口ほどの歌舞伎町に於いて。

歌舞伎町で見かけた際、その背筋は真っ直ぐ伸び、おそらくは同業ではない友人と思しき人物と歩く姿、男っぷりに惚れ惚れした。おそらくは夜の街に繰り出して行ったのだろう。



***

この2日間ほど、しばらく、呆然として故人に手向ける言葉を吐き出せなかった。
       
c0055456_313971.jpg 
昨晩、僕なんぞ以上に仰木彬という野球人を愛していた友人の言葉に目が覚めた、
彼の早すぎる、唐突な死に手向ける言葉など容易に出てくるわけでもなく、
僕やこの友人に於いては、彼の残した功績を適当に並べれば済むわけでもないのだ。

仰木彬、
享年70歳...

仰木さん、
どんな形にせよ、あなたの姿を垣間見ることはいつも学びでした

ここに
謹んで御冥福をお祈りいたします。



註)画像:Copyright(C) 2005 The Kobe Shimbun


補足)

◆Mainichi INTERACTIVE~仰木さん死去:「おれの目を見て判断せいや」
http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/feature/news/20051216k0000m050162000c.html

◇Mainichi INTERACTIVE~仰木さん死去:驚き、別れを惜しむ声、声…
http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/feature/news/20051216k0000m040160000c.html

◆「nikkansports.com なにわWEB」~師の急逝、イチローコメントできない…
http://osaka.nikkansports.com/obb/p-ot-tp2-051217-0015.html


*********

◇「YOMIURI ONLINE 九州発」~近鉄とオリックスの監督歴任・仰木彬さんが死去…70歳
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/ne_05121606.htm

◆YOMIURI ONLINE~柔軟性と洞察力の仰木マジック、震災の年にリーグ優勝
http://www.yomiuri.co.jp/sports/npb/news/20051215ie34.htm

◇nikkansports.com~阪神岡田監督「言葉思いつかない」
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/f-bb-tp0-051216-0002.html



〔※12/18追記〕

◆◆仰木彬氏の追悼番組

どうやら、近畿地方のみの放映なのですが、
12月20日火曜日、19時半よりNHK総合テレビ(大阪放送局)「仰木 彬さんをしのぶ」と冠した番組が放映予定です。

ゲストとして、新井宏昌・オリックスチーフ兼打撃コーチ(故・仰木彬氏の信望厚く、仰木氏の旧オリックス・ブルーウェーブ監督就任時、そして、新生オリックス・バファローズ監督就任時に仰木氏自らによってコーチ招聘される)、本文中でも触れた吉井理人投手、さらに、梨田昌孝氏が番組出演予定です。

※尚、番組の詳細等は、「NHK大阪放送局」「オリックス・バファローズ」の公式サイト等で御確認のほどを。
by oh_darling66 | 2005-12-17 18:24
<< ■〔映画鑑賞メモVol.7〕『... ♪本日のいい訳がまし(第11回... >>