excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

■〔映画鑑賞メモVol.6〕『ファム・ファタール』(2002/ブライアン・デ・パルマ)

11月4日、金曜日か...(^^)
いやぁ、昨日(3日)から日曜日(6日)に架けて4連休の人たちも居ますよね、
まぁ、東京あたりは、本日同様に明日あたりも天気が良さそうですし、僕もせいぜい2連休(^^)をのんびり過ごすことと致しましょう、


―あっ、御挨拶が遅くなりました(^^)、

おはようございます、

昨日の祝日は、わが家には予定通りに来客があり、また、何度か外出もあり、ほとんど集中してパソコンの前に居られなかったダーリン/Oh-Wellです((^^)


さて、昨日未明に、ちょろっとエントリーしたというか、途中まで書いてアップしたものがあった訳ですが、日付も変わってしまった事ですし、
うん、ここは一つ、改めてエントリーをし直しましょう!!(^^)




―という訳で、さて((^^)、

極めて映画的なヒロイン像の一つとして、
“ファム・ファタール”と呼称されるものがあるかと僕は思っています、

それは、大まかに言えば、
主人公にとっての“運命の女”であり、
また、思慮深い男をも惑わせ、狂わせるに足る美貌、妖艶さを持っているのみならず、生来的とも思える如き“悪女”性を纏(まと)っていることが少なくない…、

それら、ファム・ファタール的なヒロイン像は、小説などに於いても魅力的なキャラクター造形は少なからずあるかと思うのですが、
手練(てだれ)の映画作家たちの演出によってスクリーン上に姿形を与えられた“ファム・ファタール”的なキャラクターたちを目の当たりにすることは、また、格別な感銘を得られるものとなるのではないでしょうか、


******

今、ファム・ファタールと云うものの、小説や映画に於ける誕生の背景、由来などを書き示すことは措(お)くとして(^^)、

ともかく、これまた大まかに言って、ファム・ファタール的ヒロインと云うものは、
フィルム・ノワール(暗黒映画)と呼ばれる、その内の、主たるは、1940年代のモノクロ撮影によるハリウッド犯罪映画の中にこそ最も魅惑的なものが数多く在るかと僕は思います、

このフィルム・ノワールにあるファム・ファタール的なヒロインというものは、先述したように、まずもって、主人公、男たちにとっての“運命の女”である訳ですが、
ただ、必ずしも、同時に“悪女”であるとは限らない(※例えば、『暗黒街の弾痕(1937/フリッツ・ラング)』での、シルヴィア・シドニー〔◆IMDb当ブログ内関連エントリー扮するヒロイン“ジョーン/joan”等…)という事は、僕なりの実感として付け加えておきたいと思います。



******

さて、
“運命の女”、“悪女”、その両方の要素を備えたファム・ファタールとして、僕に取っての印象深い5つを女優名で挙げてみます。



◆1・・・ジョーン・ベネット

c0055456_7455714.jpg
『緋色の街/スカーレット・ストリート』(1945/フリッツ・ラング)

→破滅させられる男(^^):エドワード・G・ロビンソン



◆2・・・エヴァ・ガードナー

c0055456_7462779.jpg
『殺人者』(1946/ロバート・シオドマク)

→破滅させられる男(^^):バート・ランカスター



◆3・・・バーバラ・スタンウィック

c0055456_7492369.jpg
『深夜の告白』(1944/ビリー・ワイルダー)

→破滅させられる男(^^):フレッド・マクマレイ



◆4・・・シモーヌ・シモン

c0055456_804025.jpg
『獣人』(1938/ジャン・ルノワール)

ジャン・ギャバン←他の男たちのようにヒロインに惹かれることで身を滅ぼすのでもあり、また、自らの先天的なものによっても…(以下省略^^)



◆5・・・ジョーン・ベネット

c0055456_812576.jpg
『飾窓の女』(1945)

→滅ぼされる(?)男(^^):エドワード・G・ロビンソン


―という訳で、
今回は、上でも取り上げた、『深夜の告白』中の「大した悪女だよ…」と云った、フレッド・マクマレイ扮する主人公の台詞から始まる映画でもある、ブライアン・デ・パルマ『ファム・ファタール』(2002)についての鑑賞メモを残して本エントリーの締めとさせて頂きます。







悪夢と希望の交錯を新たな出会いに収斂

***ネタバレ注意

c0055456_835213.jpg映画冒頭、大写しにされたTVモニターには『深夜の告白』(1944/ビリー・ワイルダー〔※左Ph〕)が流れている。ヒロインのロール(レベッカ・ローミン)がベッドに横になりながらそれを一心に見詰めている。

TVモニター中の映画では、主役のフレッド・マクマレイが窓際に進みカーテンに手を掛けるシーンに転じ、彼がカーテンを閉めるやヒロインのバーバラ・スタンウィックが銃を発砲、ここでスクリーン上には“FEMME FATALE”の題字が立ち現れる。


ホテルの部屋に“蛇のビスチェ”(スネーク・ブラ)強奪計画の首謀者、ブラック・タイなる男がやって来る。彼はTVモニターを乱暴に切り、何やらロールに強盗計画のあらましを念押し気味に話し始める。ロールを送り出したブラック・タイが部屋のカーテンを開け放つと、其処には赤絨毯と人の黒だかりが。

ここからの、“蛇のビスチェ”強奪を描く十数分に亘るデ・パルマ映像は、併走する坂本龍一のスコア“Borelish”(※坂本自ら「ボレロのようなもの」という意味付けで、この曲名を冠したらしい)の心地良さと相俟って、緊迫と愉楽が持続する。

ロールは黒いレザーの上下に身を包み、カメラマンとして、カンヌ映画祭が開かれている夜中の会場前に立つ。
会場に現れた、“蛇のビスチェ”を素肌に纏(まと)ったヴェロニカ(リエ・ラスムッセン)を見つけたロールは、何度もシャッターを切り、ヴェロニカも何度もポーズを変え、恍惚の面持ちで応じる。

此処…冒頭十数分ほどに於けるクライマックスでは、詳細は伏せるが、ヴェロニカなる女の体から、イヤリング、ブレス、“蛇のビスチェ”が、レベッカ・ローミン=ステイモス扮する主役ヒロイン、ロールによって外され、二人の足元に落とされて行く。

c0055456_8165995.jpg同性愛行為に耽る2人の足元にあるそれらを、磨(す)りガラスの反対側に居るブラック・タイが、偽のイヤリング、ブレス、“蛇のビスチェ”と入れ替えて行く。

さて、ロールはビスチェ強奪計画の一味を出し抜く。


後日、黒いヘア・ウィッグを被ったロールが教会前でヴェロニカと会っている。彼女たちの姿に、アントニオ・バンデラス扮するカメラマン、ニコラスが魅入らされてシャッターを切る。何度も切られるシャッター音に気づいたロールはニコラスに荒々しい声を上げる。

兎も角、写真をものにしたニコラスはご満悦な素振り。彼はアパートのバルコニーから見えるパリの風景をコラージュ的な作品として成し遂げようとしているらしく、プリンタから出力したばかりの新たなパーツ(写真)を大きなパネルに嵌(は)め込んで行く。

***

此処、『ファム・ファタール』では、主に、透明なもの…水、ガラス、レンズ、また、写真等を介して≪本物と偽(贋)物≫≪現実と夢、あるいは既視感≫が交錯する。

さて、ロールは教会内に身を隠し、ヴェロニカから受け取った、おそらく偽造パスポートに関するメモを広げる。ミサに列席していた初老カップルはそんな黒髪のロールをリリーという女性と思い込み近づく。

c0055456_8233812.jpg
ロールは、初老カップルから逃げ、メモに有った空港ホテルへ。部屋に入ったロールは、侵入していた強奪実行犯の一人と揉み合い部屋の外へ、仕舞いには回廊から放り投げ出され、彼女の体は一面のガラス張りを突き破り地下の資材置き場に落下。

ロールは、件の初老のカップルにリリーの自宅で介抱される。ロールはベッド脇の写真を見、リリーなる女性が自分と瓜二つである事に気づく。また、別室の花束や弔電から、リリーが夫と娘を亡くしたことを察し、一方、リリーのパスポートとアメリカ行きの航空券を発見してほくそ笑む。

***

c0055456_8232158.jpgロールは、黒いヘアウィッグを外しバスタブに身を沈める。他の部屋同様、此処バスルームにも、リリーが夫、娘と納まった幸福な日々の写真が数多く飾られている。

映画は、このバスルームのシーンを起点に持つ未来を二つ示す。
此処ではひとつを伏せよう。


バスタブでの転寝(うたたね)から慌てて目覚めたロールは、程無く、玄関での人の気配に気付く。ほどなく、それは、悲しみに暮れたリリーであることが分かる。

詳細は省くが、ロールは、失意に押し潰されんばかりのリリーに明るい未来を示唆しつつ、自らも悪夢から浄化されて行く。

―7年後、

迷彩服に身を包んだヴェロニカと白いブラウスのロールがカフェのテーブルを一つにしている。
一方で、ニコラスが街の一光景として、そんな2人をレンズ越しに見、写真に収めている。

c0055456_826991.jpg

ヴェロニカは宝石売却で得た金の分け前をロールに受け渡した後、「会うのはもうこれ切りよ」と言い、悠然と立ち去って行く。

僕は、カンヌの赤絨毯に“蛇のビスチェ”を纏って現れてから、劇中、刺すような眼差しと“身軽さ”で一貫したヴェロニカの存在は、この映画の卑俗性に超俗性を加えていたように思う…。

終幕近く、ヴェロニカはブラック・タイ等に見つかってしまい、街中で乱暴に体を取り押さえられる…、そんな彼女の命を救ったものは、リリーのアメリカ旅立ちの日、彼女を(空港まで)送ったトラック運転手、延いては、彼の運転するトラックのバックミラーに吊り下げられたガラス球ペンダント(※リリーの愛娘の形見)に雲間からの強い陽射しが反射し、彼がハンドルを切り損なったが為…

ラスト、
ヴェロニカと別れたロールは、ニコラスと生身の女として触れ合う。僕は運命の交錯を新たな出会いに収斂させた結末にカタルシスを得られた。

c0055456_831125.jpg



〔当ブログ内の関連記事〕

■〔映画雑談Vol.12〕ブライアン・デ・パルマ監督最新作“The Black Dahlia”(※2006年全米公開予定)鑑賞前メモ―その1

by oh_darling66 | 2005-11-04 08:56 | ■映画鑑賞メモ/鑑賞プチ・メモ
<< ■〔映画雑談Vol.13〕ピー... ■〔映画雑談Vol.12〕ブラ... >>