excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

◆「不定期連載―アルフレッド・ヒッチコック」その1:ヒッチコックを含む、映画に於ける「巨匠」...

こんにちはー

うーん、ここ数日来、冴えぬ天気がつづいていますねぇ(※東京地方)...

―さて、
先の土・日は、それぞれ六本木、日比谷に足を運び一本ずつ映画を鑑賞して来ました、

土曜日(10/15)には、ようやく『チャーリーとチョコレート工場』(2005/ティム・バートン)を鑑賞出来(※下Phは、9月某日の新宿ピカデリーにて)、

c0055456_0322176.jpg

日曜日(10/16)には、封切2日目の『アワーミュージック』(2004/ジャン=リュック・ゴダール)を鑑賞して参りました、

c0055456_074981.jpg

僕に取っては、それぞれに見応えのある映画でした、

それら、バートンゴダールの新作は、その舞台となるところの雰囲気だけを思い起こしても、
片や無国籍で人工的な虚構性に終始する印象ですし、片や、2004年製作当時のサラエヴォを主舞台としながら、少なくとも現在のヨーロッパ全体が孕(はら)む空気感に通じて行くように思え(―また、映画にそのように感じさせる説得性が有ったと思っています)、同時に言う事は難しい訳ですが、

一つ感じているのは、両作品とも、監督自らのヴィジョンをこれらの新作映画に於いて的確に表現できていたのではないかと云うこと、
映画の始まりから僕を引き込んで最後まで目を見張らせてくれ、心を掴む終幕を持つ両作品でした!

また、今回は、単に、土日に2本の映画を観た満足感ではなく、
確固たる“個”を持つ映画と一本ずつ出会えたと云う充実感があります、

このふたつの作品については、遅かれ、何らかの鑑賞メモは残してみたいなぁ...


***

…そう、この週末(10/22・土)からは東京国際映画祭も始まりますね、

c0055456_0333115.jpg

10月の残り、そして、11月、
仕事から解放される週末などは出来るだけスクリーンで映画を観たり、美術展などを含めたあれこれに足を運んでおこうと思っています、ちょっとドライヴで出かけたい場所もあるんだよなぁ…、
―まずはこの10月後半、せめて土・日くらいは秋晴れとなりますよう!


***

しかし…、まぁ、私事ながら、
書きたいものは映画(―新旧あれこれ(^^))、音楽(デヴィッド・ボウイetc.)、その他(あるプロ野球人について等)沢山あるのですが、
細切れにしか時間を割(さ)けず、中々形に為って行かない昨今であります…、

そんな中、先週から今週にかけても、沢山の方に御来訪を頂きました、
そして、初めて拙ブログに遊びに来てくださり楽しく温かいコメントをくださった皆さん、御常連の皆さん、TBをくださった皆さん、誠にありがとうございます!

頂いたコメントには追ってお返事をさせてくださいませ!!



-------------------------------------------------------------------------

※私的な追伸)

―ルト(^^)さん、THX-1138さん、私信を頂きありがとうございます!当方、少々ばたばたしており、実は、送って頂いたメールを発見したのが昨夕のこと(汗;)…今日中にお返事します!!

-------------------------------------------------------------------------



さて、先週のある平日深夜に久々にヒッチコック映画をDVDで鑑賞しました、

鑑賞したのは『めまい』(1958)、もうここ2、3年ほどの期間だけでもかれこれ5回目くらいの鑑賞ながら終始わくわくと映画に魅入らされるばかりでした、

c0055456_0933100.jpg

―その、元は優秀な刑事だった主人公が、云わば“幻”の虜になって行く姿には、

10代での初鑑賞時や2回目、3回目などよりも、鑑賞を重ねて行った後年から昨今に於いての鑑賞での方が陶然と引き込まれてしまうばかりですねぇ…、

映画ファンたるもの、ヒッチコック映画を何か観てしまうとしばらく毎晩でも見たくなってしまいますよね(^^)…


***

さてさて、そのヒッチコックを含む映画に於ける「巨匠」というもの、

これなどは、そう呼ばれてはいるものの、それほど僕なんぞには「巨匠」と云った重みを感じさせないケースが昨今やや増えているようにも思えています…。

僕に取って、頭に“サスペンスの”、“メロドラマの”、“ウエスタンの”、“ミュージカルの”…等々と云った形容が特に要らぬ「巨匠」となると、

c0055456_0102319.jpg
フリッツ・ラング
アルフレッド・ヒッチコック
黒澤明
成瀬巳喜男
溝口健二
エルンスト・ルビッチ
スタンリー・キューブリック
ハワード・ホークス
ジョン・フォード

次いで、

小津安二郎、
オーソン・ウェルズ、
マノエル・デ・オリヴェイラ(―おそらくは、現在、最長老の現役映画監督でしょう、1908年12月11日生まれ、只今96才!)

―などと云った映画作家が思い浮かんで来ます、

勿論、映画ファン個々に「巨匠」として思い浮かんでくる監督はさまざまかと思います、
その定義だって努めて考えてみたところで案外個々のものでしかないようにも思います、

***

クリント・イーストウッドも最早「巨匠」と言い得るかと思いますが、
そうですね、僕の中では、その呼称は『許されざる者』(1992)から然程違和感のないものと為って行ったように思い起こします、


c0055456_242529.jpg

c0055456_2432238.jpg
また、

僕に取っては、カール・ドライヤー/(Carl Theodor Dreyer)*1**2ロベルト・ブレッソンなども巨匠という名に相応しい、彼らだけの巧まざる映像美、映画表現に紡がれた映画創造を積み重ねた不世出の天才映画作家だと思える訳なのですが、名の前に置く何らかの呼称自体が、その存在を少なからず歪めてしまうように不図感じてしまうことすらもあります、

***

一方で、僕の大好きな監督なのだけれど、
活字なり会話中の言葉なりで「巨匠」扱いされているのを見聞きすると、少なからず違和感を感じてしまう(^^)映画作家として、

ブライアン・デ・パルマ
マーティン・スコセッシ、
スティーブン・スピルバーグ
ウディ・アレン

などが僕の場合は挙げられます、

c0055456_2444448.jpg

彼らの内、スピルバーグという映画監督は、その非凡な画面作りなどの点では、例えば、先月、91年の生涯を閉じたロバート・ワイズという映画監督などと同様に、プロフェッショナルな“職人性”とでも云ったものを持っているようにも感じます、広く言い表せば、両者とも「活動屋」と言い得るかとも僕は思っています、


-----------------------------------------------------------------------------------

◆◆余談ながら…、

c0055456_0234559.jpgスピルバーグの次回公開作となるであろう“Munich”、その出演者の中には、先だって、6代目ジェームズ・ボンド役決定の報道が世界中を駆け巡った、ダニエル・クレイグの名があります…。



***

―さて、ここ「不定期連載―アルフレッド・ヒッチコック」では、
何回かにわたって、アルフレッド・ヒッチコックの映画を題材に、その時々で思いつく切り口からあれこれ書き綴ってみたいと思います、まぁ、緩々(ゆるゆる)と気楽にやって行きまーす(^^)

どうか、定期的に(^^)覗いてみてくださらんことを!!




―最後に、

あくまでも現時点での、ヒッチコック映画10傑・ダーリン/Oh‐Well篇などを...

c0055456_0252913.jpg1位・・・『北北西に進路を取れ』(1959)
2位・・・『めまい』(1958)
3位・・・『海外特派員』(1940)
4位・・・『鳥』(1963)
5位・・・『バルカン超特急』(1938)
6位・・・『裏窓』(1954)
7位・・・『汚名』(1946/左Ph)
8位・・・『レベッカ』(1940)
9位・・・『サイコ』(1960)
10位・・・『マーニー』(1964)
次点・・・『フレンジー』(1972)


(→当ブログ内の関連記事:■〔映画雑談Vol.4〕「脱力した時に心に効く映画10本・ダーリン篇」&『ライフ・アクアティック』鑑賞メモ


〔「不定期連載―アルフレッド・ヒッチコック」その1・完〕



〔当ブログ内の関連記事〕

■〔映画人物評Vol.2〕バーナード・ハーマン

■〔映画雑談Vol.12〕ブライアン・デ・パルマ監督最新作“The Black Dahlia”(※2006年全米公開予定)

by oh_darling66 | 2005-10-19 15:35 | *映画雑談
<< ■〔映画雑談Vol.12〕ブラ... ♪本日のいい訳がまし(第8回)... >>