excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

■〔映画鑑賞メモVol.3〕『ラ・ジュテ』(1962/クリス・マルケル)

こんばんは~

いやはや、
勤め人たるもの、三連休を控えて何かと忙しなく押せ押せの毎日ですよねぇ...

拙ブログに頂いております沢山のコメントはすべて感謝しつつ楽しく拝読しております!
『アイランド』『エピソードIII/シスの復讐』のエントリーに頂いているコメント、
『パルプ・フィクション』『死刑執行人もまた死す』のエントリーに頂いているコメント、
また、直近の拙エントリー『Mr.インクレディブル』「九月の雨」に頂いているコメント等々に心よりありがたく、また、嬉しく思っております!
追ってお返事をさせて頂きまーす!!

また、多数のTBを頂いており、仕事がひと段落しましたら、皆さんのブログ、サイトへのご挨拶に少しづつでも伺わせて頂きたく思っております。

ともかく、あれこれ遅く遅くなってしまっており大変申し訳ありませんm(_ _)m

さて、久々の更新です、


***

先週辺りから、映画館に行くことも、のんびりと家でDVDを観たり、我らがストーンズの新譜をゆっくり聴くことも侭(まま)ならなくなっています、

そう、
こんな時には、

長編映画を諦めて短編映画((^^)を観る!

先のストーンズの新譜“A Bigger Bang”も聴き込むごとに味わい深く気持ち良くなってくる16曲であり、また、一枚(※Total time:64分23秒)で聴き込んでこそのアルバムかと思えていますから、だからこそ、それに溺れず((^^;にシングルCDで諦めるとかでやり過ごす!


そんな…感じで行きますかねぇ((^^;

…そうだよなぁ、うん、そうだ、
やっぱり、ストーンズのシングルCD買ってこよ~((^^)

………(中略)………

―という訳で、
先週久々に鑑賞した短編映画『ラ・ジュテ』についての鑑賞メモを残してみます。

c0055456_231559.jpg






今尚、僕らの目を見開かせてくれるイメージ

***ネタバレ注意


c0055456_23121392.jpg『ラ・ジュテ』という短編映画(※29分)は、僕にとっては、主人公にのみならず、人類を存続させるために主人公を過去、未来に送り込む科学者、加えて、未来人にすら、人間一個(生命)の可能性を感じて複雑に胸を衝くものでした。

また、本作を鑑賞体験することによって、映画作家も含め芸術家、作家ってこうゆうものだとの感慨も覚えました。つまり、『ラ・ジュテ』を含む1962年頃に発表された、時代の不安、痛みを見据えた幾つかの映画を鑑賞した限りで言えば、核(戦争)の恐怖と共にある現代人の個的な不安感、(絶望の果ての)希望の欠片とでも云ったものを作家たちそれぞれがさまざまなイメージに結晶させ、今尚、僕等観客の目を開かせてくれるように思えた訳です。

***

『ラ・ジュテ』という作品の発表は1962年…。
この「キューバ危機」のあった1962年という年は、世界中相当数の人間の意識に“第三次世界大戦”への不安が掠(かす)め、燻(くすぶ)っていた時期だったのでしょう。

例えば、『ラ・ジュテ』とは違った切り口ですが、
矢張り、この1962年に発表された『太陽はひとりぼっち』(アントニオーニ)では、“核”への動揺が映画終幕でズバリ示されていたように思い起こします。

また、ぎりぎりのところで核戦争の危機が回避されたと云う、所謂「キューバ危機」への動揺などは、とても容易には終息しようもなかったはず。
実際に、1964年には『博士の異常な愛情』(キューブリック)『未知への飛行』(ルメット)という核の恐怖を扱った傑作、力作が発表されている。

この1964年、先に触れたアントニオーニ『赤い砂漠』を発表。
―ここでは、ヒロインの夫が働く巨大な化学工場、疫病が発生する巨大な外国貨物船、加えて、ヒロインが長男に語り聞かせる御伽噺のようなものに被さる、美しい少女が日がな海辺で自然と戯れる美しい孤島など等の鮮烈なイメージが、交通事故で精神を病み、不安、孤独に囚われがちなヒロインの姿、存在をフォトジェニックに際立たせている。

そして、映画自体に、アントニオーニが当時抱いていた終末観が巧まずして反映されているように感じます。

***

さて、『ラ・ジュテ』と向き合った後、改めて、テリー・ギリアム『12モンキーズ』(1995)を思い起こしてみますと、

“核”が“ウィルス(細菌兵器)”に姿を変えてはいますが、『ラ・ジュテ』にあるイメージ、モチーフ(※主人公の監視者、既視イメージ、夢の中の女との出会い、動物の剥製が並ぶ博物館、壁の落書き、セコイアの切り株、空港、少年…など等)の多くが踏襲されており、ここでも矢張り人間(生命)一個の掛け替えのなさが僕の胸に迫ります。

c0055456_2313891.jpg
“LA JETEE”とは、“送迎台”を意味するフランス語。

過去に送られた主人公は「夢の中の女」と出会い逢瀬を重ねて行く。

………(中略)………

朝陽が射しこむベッド、
寝返りを打ちながら女がまどろみから目覚める。

時折り、この甘美な瞬間は僕の中でゆっくりフラッシュバックします。




〔当ブログ内の関連記事〕

>>ミケランジェロ・アントニオーニ関連

■〔映画評Vol.3〕『欲望』(1966/ミケランジェロ・アントニオーニ)

>>テリー・ギリアム関連

■〔映画雑談Vol.19〕『ローズ・イン・タイドランド(2005/テリー・ギリアム)』 (※尚、今夏日本公開予定)メモ―その1
by oh_darling66 | 2005-09-14 23:22 | ■映画鑑賞メモ/鑑賞プチ・メモ
<< ■〔映画雑談Vol.10〕愈々... ●〔Pops,Rock雑談Vo... >>