excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

◆最近の記事/エントリー5件(+α)

>>当ブログ中の現在までのエントリーには、

ページ左枠の以前の記事(※月別)からもどうぞ、

また、同じくページ左枠の「カテゴリー」中に有る、映画索引(作品、人物)**Pops,Rock索引(作品&人物)からもお入りになれます!!




〔2007-04-21〕■〔映画鑑賞メモVol.17〕『叫』(2006/黒沢清)

>>こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。いやはや、実に久々の更新です。・・・そう、あの『時効警察』〔◆公式サイト|※下Ph〕もおよそ一年ぶりに帰ってきた((^^)訳ですからね、僕も久々に更新いたしますヨー!
………(中略)………
ともかく、昨夜放映された『帰ってきた時効警察・第二話』〔◆公式サイト〕の録画を昼ごはん前に早く観てしまいたいので^^(―このTVシリーズのファンからは屈指の支持を得ているであろう三木聡の脚本・演出で、ゲストは市川実和子!)、取り急ぎ、18日ぶりの更新をさせて頂きます。


今回のエントリーは、昨日観たばかりの『サン・ジャックへの道』……では無く、そう、「時効を迎えた事件を趣味で捜査する男、霧山修一朗」よろしく、「劇場公開が終わった映画を趣味であれこれ書く男((^^;ダーリン/Oh-Well」とでも開き直って、劇場公開最終日(4/6)に駆けつけようやく鑑賞が叶った『叫(2006/黒沢清)』〔◆allcinema ONLINE〕についてゆるゆると書きまとめておきます。(→エントリーへ




〔2007-03-17〕■〔映画鑑賞メモVol.16〕『ディパーテッド』(2006/マーティン・スコセッシ)

―& 第79回アカデミー賞(2月25日)を楽しむ!
◆その2・「映画鑑賞券争奪((^^)・4者によるアカデミー賞6部門受賞予想結果、および、雑感」~監督賞、作品賞篇


>>今回は、「第79回アカデミー賞授賞式」スコセッシに待望のアカデミー監督賞をもたらしたばかりではなく、監督賞、作品賞を含む4部門を制した『ディパーテッド』(2006)の鑑賞メモ≪→直接飛ぶ≫、そして、当方の予想の的中具合((^^)をセレモニーの録画ヴィデオを鑑賞しての雑感を「監督賞、作品賞篇」として書き残しておきます。(→エントリーへ



●●『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)鑑賞メモ
※ネタバレ注意


>>本作『ディパーテッド』は、スコセッシに取って『アビエイター』(2004)以来2年ぶりとなる劇映画監督作品であり、210分にも及ぶTV用長編ドキュメンタリー『ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム』(2005)に次ぐ監督作品。僕は、まずは、これまでのスコセッシに無いタイプの新味あるパワフルかつ良質なプログラム・ピクチャー的エンタテイメント・ムーヴィー、クライム・サスペンス・ムーヴィー
(―この点に関わって来そうなスコセッシ自身の発言として、「『ディパーテッド』はプログラム・ピクチャー、B級映画のような精神で撮った」「自分は、これまで、プロットに重きを置いた映画を作って来なかったが、今回の映画のようなサスペンス・スリラーに於いて傑作を作ってきたドン・シーゲル、バッド・ベティカー、アンソニー・マンといった1950年代のアメリカB級映画の監督たちに対して、改めて尊敬の念が深まった」等が挙げられるかと思います。)として好意的に受け止めています。スコセッシはそれこそ様々な葛藤の上に本作『ディパーテッド』の製作に着手〔◆eiga.com〕したとは言え、(→エントリーへ




〔2007-03-03〕●月初めのちょっとした^^ご挨拶―vol.3

>>こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。早、3月を迎えましたね。今日は「桃の節句」、そして、言うまでも無く^^「耳の日」でもあります。さて、ここ東京では、この3日間の日中は暖かな上に強い風もあまり吹かず過ごしやすい日和となっています。ただ、朝晩と日中の温度差はまだ大きいかと感じますし、まぁ、お互いに健康、体調管理には気を配っておきたいものですね。


そう、今年の冬はほぼ全国的に記録的な暖冬〔◆気象庁:冬(12~2月)の天候〕ということで終わりましたね。………(中略)………今年のソメイヨシノの開花(◆weathernews:桜開花予想2007)なども、暖冬の影響で平年に比べて全国的に可也早いとあちこちで見聞きします。確か、ソメイヨシノの東京の開花予想日を3月19日としている記事もありました。

………(中略)………

そう、サングラスと言えば、先日(2月25日)開催された「第79回アカデミー賞授賞式」〔◆当ブログ内「アカデミー賞6部門受賞予想」◆受賞結果(allcinema ONLINE)〕の作品賞プレゼンテーターにダイアン・キートンと共に登場したジャック・ニコルソンのいつにも増しての怪しげな風貌たるや、いやはや、唖然、慄然とさせてくれました…(→エントリーへ

©WireImage.com
●美術賞のプレゼンテーターを務めたダニエル・クレイグ〔左〕ニコール・キッドマン


©WireImage.com
●作品賞のプレゼンテーターを務めたジャック・ニコルソン〔手前〕ダイアン・キートン


©WireImage.com
●6度目のアカデミー監督賞ノミネートで初のオスカーを受賞したマーティン・スコセッシ



〔2007-02-20〕■〔映画雑談Vol.33〕第79回アカデミー賞(2月25日)を楽しむ!

その1・「映画鑑賞券争奪((^^)・4者によるアカデミー賞6部門受賞予想篇」


>>―さてっ、「第79回アカデミー賞授賞式」(※米西海岸時間2月25日、LAコダック・シアターにて開催)もいよいよ5日後に迫って来ましたね!


そう、例年のことながら、日本にあっては「アカデミー賞授賞式」までにすべての候補作品を観れる訳ではありませんから(※作品賞候補5作品に関しては、既に公開されたものが『硫黄島からの手紙』『リトル・ミス・サンシャイン』『ディパーテッド』の3作品。残りの2作品『バベル』〔◆公式サイト〕『クィーン』〔◆公式サイト〕は4月GW公開予定とされている)、その受賞予想は中々難しいものですよね。

ただ、矢張り、予想を持った上で授賞式当日に臨んだ方が授賞式当日のスリルが増すこともまた経験上実感して来ており、今年も僕の身近な仲間内3人と共に「4者によるアカデミー賞6部門予想」をしてみた次第です
………(中略)………
さて、実はこの水曜(2/21)までに、僕を含む4人の予想(juneさん、Kazさん、ホームズさん、および、ダーリン/Oh-Welの予想)が集まっていたのですが中々まとめる時間が持てずにおりました。遅まきながら、例年通りに「4者によるアカデミー6部門受賞予想」をお披露目いたしま~す。(→エントリーへ

●上Phは、オリジナル脚本賞、外国語映画賞他6部門候補の
『パンズ・ラビリンス』(2006/ギレルモ・デル・トロ)

●上Phは、NYのオスカー・パーティーで振舞われた
『硫黄島からの手紙』〔左〕、『ディパーテッド』〔右〕をテーマにしたデザート



〔2007-02-11〕■〔映画雑談Vol.32〕マーティン・スコセッシ関連覚え書き―その2(音楽篇)

―& 新宿初のシネコン「バルト9」オープン、スコセッシの次回作と目されるストーンズのライヴ・ドキュメンタリー・フィルムについてのプチ・メモetc


>>こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。今日2月11日「建国記念の日」を含むこの3連休、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。ここ東京は、昨日は終日曇り空だったものの、今日は肌寒くはありましたが終日晴天、天気予報によれば明日も晴天が続くとのこと(→goo天気)。
そう、明日、僕ら夫婦は午後から新宿に出る予定なのですが、買い物(―妻にヴァレンタイン・デーの贈り物を買ってもらいます(^^)v)を済ませた後、この9日にオープンした新宿初のシネコン「バルト9」(※下Ph4点は2/5に撮影した開業前の外観)での映画鑑賞初体験と相成るはず。ここでの記念すべき^^初鑑賞作品はの作品は『マリー・アントワネット(2006/ソフィア・コッポラ)』〔◆IMDb◆Movie Walker〕と為りそうなのですが(→エントリーへ


>>さて、まず、僕がこれまでに鑑賞して来たスコセッシ作品中のオリジナル・スコアとして殊に印象深く残っているものを挙げてみますと(―※例えば、『ラスト・ワルツ(1978)』などは映画の為にロビー・ロバートソンらが書き下ろした楽曲もあるのですが、ここでは別扱いとします)、まずは、バーナード・ハーマンの遺作となった『タクシー・ドライバー(1976)』〔◆当ブログ内・関連エントリー〕は僕に取っても別格的なもの。また、フィリップ・グラス〔◆公式サイト◆IMDb〕による『クンドゥン』(1997)での充実したスコアやハワード・ショアの幾つかのスコアも忘れがたいのですが、『タクシー・ドライバー』に続くものとして特記しておきたいのがピーター・ゲイブリエル/ガブリエル〔◆公式サイト◆IMDb〕による『最後の誘惑』(1988)のスコア。これは、ジェネシス脱退後ソロ活動に入り、殊に、三枚目のソロ・アルバムPeter Gabriel III(1980)製作の頃からアフリカ、アジアを始めとした地域音楽に独自のアプローチを続けていた(→エントリーへ

●ピーター・ゲイブリエル(2004年頃)



〔2007-02-05〕●月初めのちょっとした^^ご挨拶―vol.2

>>こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。さて、ここ東京では2月に入ってから晴天日が続いています。そう、暦の上では「立春」も過ぎましたね。


しかし、この冬は確かに「暖冬」とは言えようものの、僕など、ここ数日だけを思い起こしてみても夜半から朝方に架けては可也冷え込むように感じています。
………(中略)………
さてさて、すっかりマイペース更新となっている当ブログですが、今月は、「第79回アカデミー賞」(※米西海岸時間で2月25日開催)の直前予想〔◆前回予想◆予想結果〕

●上Ph目は、1月23日(米国西海岸時間)、米カリフォルニア州ビバリーヒルズの
サミュエル・ゴールドウィン・シアターに於ける作品賞候補発表中スチル。中央の
二人はサルマ・ハエック〔左〕、映画芸術科学アカデミーのシド・ギャニス会長〔右〕。

また、『ディパーテッド(2006)』〔◆初鑑賞時のプチ・メモ〕『あるいは裏切りという名の犬(2004/オリヴィエ・マルシャル)』 〔◆IMDb◆Movie Walker〕の鑑賞メモ、そして、先日来中途半端なままになっているマーティン・スコセッシ関連覚え書き―その1≪→こちら~!≫、さらには、スコセッシ関連覚え書き―その2
―等々、形にしておきたいものが少なからずありますので、(→エントリーへ



〔2007-01-22〕■〔映画雑談Vol.31〕マーティン・スコセッシ関連覚え書き―その1(※仮題)

●上Phは『タクシー・ドライバー』(1976)撮影中スチル。
左=ロバート・デ・ニーロ、右=スコセッシ

>>さて、現在、エントリーしたいものは幾つかあるものの(※以下3つほど)…、

1.封切初日に鑑賞した『ディパーテッド(2006/スコセッシ)』〔◆IMDb◆初鑑賞時のプチ・メモ〕の鑑賞メモ

2.LA現地時間(米西海岸時間)で1月23日に各部門の候補が発表された「第79回アカデミー賞」〔◆公式サイト〕についてのメモ

3.マーティン・スコセッシ〔◆IMDb〕関連あれこれ覚え書き
・・・そう、エントリーしたいものは幾つかあるものの^^中々まとめる時間が持てずにいます。

*********

そこで...^^と言いますか、まぁ、上述した3つのいずれを形にするにせよ、多かれ少なかれスコセッシには触れることになる訳ですので、今回はとりあえず、僕に取っての「スコセッシ映画中の上位10本+α」を置いておきま~す。(→エントリーへ

●『最後の誘惑』(1988)


●『クンドゥン』(1997)


●上Phは『ディパーテッド』(2006)撮影中スチル。左から右に、
スコセッシ、レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン



〔2007-01-22〕■〔映画雑談Vol.30〕キム・ギドク新作映画『絶対の愛』(※2007年3月公開)鑑賞前メモ他

1.キム・ギドク最新作『絶対の愛』、2007年3月より渋谷・ユーロスペースにてロードショー & 2月24日よりキム・ギドク監督作品回顧「スーパー・ギドク・マンダラ」開催!!

2.『サラバンド』(2003/ベルイマン)のデジタル・ハイヴィジョン映像についてのメモ
―& 今年最初の映画鑑賞(『ディパーテッド』)が叶いました!


>>おはようございます、ダーリン/Oh-Wellです。昨日(1/21)の日曜日、ここ東京は、朝から薄曇の空模様で肌寒い一日でしたし、この未明からは雨も降り始めたようです。愈々(いよいよ)、この1月下旬から2月に架けては油断のならぬ寒さが訪れるのかもしれませんねぇ…。*********さて、漸(ようや)くにして^^今年2回目の更新です。私、一昨日(1/20)は、これまた漸(ようや)くにして、今年初めて映画館に足を運んで参りました。この2007年、僕ら夫婦の最初の映画鑑賞と相成ったのは、この日が封切初日だった『ディパーテッド(2006/マーティン・スコセッシ)』〔◆IMDb◆Movie Walker〕です!!(→エントリーへ


>>―と云う訳で、今回のエントリーでは、先だって、黒猫のうたた寝/にゃんこさんが当方の本年初エントリー「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」へのコメント中で触れてくださった『サラバンド』キム・ギドク監督の新作について触れてみたいと思います。(→エントリーへ

●『絶対の愛』(2006)





〔2007-01-08〕◆遅まきながら、2007年最初の御挨拶です!
「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」


>>―さて、兎にも角にも、私め、年明けの諸行事でバタバタしてしまい中々ウェブ復帰できずにおりましたが、ここいら辺りでこの2007年最初のご挨拶をさせて頂きます。遅まきながら、新年あけましておめでとうございます。私め、当ブログに於きましては、今年も気負わず^^マイペースで映画、Rock等々でのエントリーを積み重ねて行きたく思っております。まずは、皆さんと楽しく行き来が叶えばと思っており、今年も当方道楽ブログ「太陽がくれた季節」へのご愛顧のほど何卒宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m(→エントリーへ



●●「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」
>>そう、この2007年の「太陽がくれた季節」は、「2006年度新作公開映画“とりあえずの”ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」で幕開きとさせて頂きましょう。(→エントリーへ

●クリント・イーストウッド


●キム・ギドク


●ポール・ハギス


●ノア・バームバック


●イングマール・ベルイマン


●黒沢清(※Ph左は、葉月里緒菜)|©AP


●ミランダ・ジュライ・・・『君とボクの虹色の世界』(2005)で長編映画監督デヴュー





〔2006-12-31〕◆「この2006年、楽しくご交遊くださった皆様に」


>>こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。大晦日(おおみそか)ですね。そして、間もなくこの2006年もお仕舞い。新たな年を迎えます。

当ブログは、2005年3月に「正式^^オープン」して以来、この12月で1年9ヶ月が過ぎました。開始当初から今日まで相も変わらずの「道楽探究ブログ」に過ぎませんが、ここまで数多くの方々と、映画、Rockを中心に行き来させて頂いて参りました。この一年だけを取ってみても、僕自身が昨年よりもエントリーの数をこなせなかったにも関わらず、とても素敵な方々と忘れがたいお喋り、交流を叶えさせて頂いたことに感謝の思いで一杯です。(→エントリーへ



♪本日のいい訳がまし(第18回)ああ、2006年師走篇・その4
~10日ぶりにゆるゆると...

※尚、これ以下は12月27日にエントリーしたものです。



>>こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。私め、先週から昨日ほどに架けては公私あれこれに於いて、この12月にあっての多忙のピークでした。そんなこんなで、当方にお寄せ頂いているコメント、TBへのお返事なども少々遅くなっており申し訳ありません。追って必ずや...m(_ _)m ともかく、10日ぶりの更新です。………(中略)………さて、今年のXマス、皆さんもご家族、恋人と楽しく過ごされたことと思います。(→エントリーへ




〔2006-12-17〕■〔映画鑑賞メモVol.15〕『イカとクジラ』(2005/ノア・バームバック) ―& デヴィッド・リンチ監督最新作“Inland Empire”(2006)の予告編登場


>>さて、12月17日・日曜日、ここ東京は朝から晴天で、家の中でも外出中にあっても過ごし易い一日でした。忙しないばかりの師走真っ只中ですが、昨日、今日で片付いたことが有ります。まぁ、一つはXマス・ディナーの予約なのですが、今年のイヴは日曜という事もあって予約の埋まり具合が例年よりも早いようですね。わが家も良いタイミングで予約を取れ、まずは、ほっと安堵している次第です。………(中略)………さて、それはそれとして(笑)、今回は、12月2日の公開初日に新宿で鑑賞した『イカとクジラ(2005/ノア・バームバック)』〔◆IMDb◆Movie Walker〕の鑑賞メモを残しておきます。(→エントリーへ




〔2006-12-04〕♪本日のいい訳がまし(第15回)~ああ、2006年師走篇―その1

~『イカとクジラ』(2005/ノア・バームバック)、『007/カジノ・ロワイヤル』(2006/マーティン・キャンベル)鑑賞メモ未満((^^)


>>まず、先の土曜日(12/2)に初日鑑賞と相成った『イカとクジラ』(2005/ノア・バームバック)などは、81分の小品ながら、4人の家族/元家族を含む主だった登場人物ことごとくが過不足無い按配で描写され、冒頭から仕舞いまでに幾つもの印象深い画面、場面、エピソードが紡がれ…、ともかく、緩(ゆる)くもあり刺激的でもあり、(→エントリーへ



>>そして、もう一方の『007/カジノ・ロワイヤル』(2006/マーティン・キャンベル)は、うん、もう、僕に取っては驚嘆の出来栄えでした!! 今だに、初鑑賞の際に受け止めた、このパワフルな144分を思い起こすと取り留めの無いものとなってしまうほどに…。もう、まずは何と言っても、ダニエル・クレイグによる、“00(ダブル・オー)”を英国諜報機関“MI‐6”当局から授かる前の少々やさぐれた印象のボンドの男一匹的な^^ひりひりするような魅惑、あのひんやりとした印象の青い瞳が醸し出す独自の滋味深きフォトジェニックさ…、このスクリーン中の≪クレイグ=6代目ボンド≫をまなざしての大きな感銘だけを取ってみても、また、エヴァ・グリーンによって命を与えられたボンドに取って運命の女性となるヴェスパーの目を離せぬ美、フォトジェニックさ、(→エントリーへ




〔2006-11-29〕◆『ブラック・ダリア』(2006/ブライアン・デ・パルマ)鑑賞雑感

>>…また、僕に於いては、例えば、一週間と空けずに二度目を観に映画館に足を運びたくなるようなデ・パルマ映画ではなかったものの(―まぁ、私め、『殺しのドレス』(1980)以降の大概のデ・パルマの新作はロードショー期間中に二度は観に行っている訳です)、勿論、劇場公開が終了してしばらくして名画座にでも掛かれば再鑑賞しに行きたいですし、DVDヴィデオなりでも時おり再鑑賞して行くことにはなるでしょう。つまり、鑑賞を二度、三度と重ねて、徐々に、この映画の濃密さ(※原作者のジェイムズ・エルロイ曰く、(→エントリーへ




〔2006-11-23〕◆この秋に鑑賞して来た主な映画をざざっと顧みる...(※エントリー未満)

>>今回のエントリーでは、自分の中での整理も兼ね、この9月以降に劇場鑑賞した映画中の主な10本に於いて、以下のように区分して置いておきます。尚、これは、ランク付けではありません。***まぁ、以下のような案配です。

A.鑑賞中にあって、もう、十二分に堪能できた作品!!『弓』『LOFT ロフト』『楽日』『父親たちの星条旗』『サラバンド』『百年恋歌』(→エントリーへ




〔2006-11-15〕◆エキサイト・ブログ復旧のご報告

>>こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。さて、先日来続いていたエキサイト・ブログに於ける表示不具合、TB不具合(※11/13夜半からは、エキサイトのサーバーがエキサイト・ブログ以外からのTB受付を完全停止していたようです...)の件ですが、本日午後14時過ぎ、ほぼ通常並みに復旧されましたのでご報告させて頂きます。(→エントリーへ



〔2006-11-04〕■〔映画鑑賞メモVol.14〕『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)& more...

1.『サラバンド』(2003/ベルイマン)鑑賞プチ・メモ≪→こちら≫
2.『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)鑑賞メモ≪→こちら≫
3.『百年恋歌』(2005/ホウ・シャオシェン)鑑賞前メモ≪→こちら≫


>>まず、『サラバンド』(2003/ベルイマン)は、映画の主人公、語り手であるマリアン(リヴ・ウルマン)が一枚の写真を観客たちに示す場面から始まる映画であり、(→エントリーへ


>>『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)。この映画は、一か月間以上に及ぶ日本軍との激戦、消耗戦の末にアメリカ軍が硫黄島を占領するまでの過程をじっくりと再現描写することなどによって観客を引っ張って行くものでは無く、増してや、その戦いの果てにアメリカが硫黄島を制圧、占領した際の勝利の情景などが置かれることも無い。そう云った、戦場に於けるアメリカという国の栄光を星条旗と共に謳い上げるような映画では無いでしょう。(→エントリーへ



〔2006-10-27〕■〔映画雑談Vol.29〕今秋公開の新作映画あれこれ鑑賞前メモ―その1(後編)

1.『楽日(2003/ツァイ・ミンリャン)』=※初公開は今年8月、現在追加上映中≪→こちら≫
2.『父親たちの星条旗(2006/イーストウッド)』≪→こちら≫
3.『サラバンド(2006/ベルイマン)』≪→こちら≫


>>こんにちは。ようやく、この金曜日の仕事も片付きつつあり、心は晴れ晴れと云ったところの^^ダーリン/Oh-Wellです。あぁ、早く帰りたい...(笑)
―さて 、今日(10/27)は或る映画をレイト・ショーで鑑賞予定。そう、ツァイ・ミンリャン『楽日(2003)』〔◆IMDb〕です。(→エントリーへ

●『楽日』(2003/ツァイ・ミンリャン)


●『父親たちの星条旗』(2006/イーストウッド)


●上Phは、『サラバンド』(2006/ベルイマン)撮影中のスチル。左より、リヴ・ウルマン、
ユーリア・ダフヴェニウス、イングマール・ベルイマン



〔2006-10-19〕 ■〔映画雑談Vol.28〕映画中に於ける印象深い写真
~『シャイニング』(1980/キューブリック)、『ミッドナイトクロス』(1981/ブライアン・デ・パルマ)他




*** 映画中に於ける印象深い写真・その1


>>さて、上述した『ブラック・ダリア』を撮ったデ・パルマ、また、『弓』を撮ったギドク、この両者が発表してきた映画の多くには、登場人物たちが写真を撮影する場面や「写真というもの自体」が可也目に付くように思い起こします。そう、映画の中の「写真」は、イメージを伴う時間のモザイクなどとも言えよう「映画」というものの中に、「写真」と云う時間の止まったイメージたるものがあることそれ自体が素朴に僕の興味を惹く訳なのですが、まずは、デ・パルマギドクの映画中のものを含む、僕に取っての「映画中に於ける印象深い写真」というものを挙げてみますと、(→エントリーへ



〔2006-10-14〕■〔映画雑談Vol.27〕キム・ギドク映画に関する雑感―その2

~『うつせみ(2004)』鑑賞プチ・メモ≪→こちら≫、および、『サマリア』(2004)、『悪い男』(2001)他ギドク映画雑感 & more...


>>おはようございます、ダーリン/Oh-Wellです。いやはや、ようやく週末の土曜日を迎えられたました。^^10月も、早、半ば過ぎと為って行きますねぇ…。私め、今日は午後から『ブラック・ダリア(2006/ブライアン・デ・パルマ)』〔◆IMDb◆Movie Walker◆当ブログ内の関連エントリー〕を鑑賞予定。デ・パルマの一ファンとして、(大それた期待などはしていませぬが^^)もう、素朴に楽しみにしています。あと、日曜日には、『フラガール(2006/李相日)』〔◆Movie Walker〕を鑑賞出来ればと思っています!(→エントリーへ



>>僕が今、書きまとめておきたいものの一つが、『弓』(2005)を始めとした、幾つかのキム・ギドク監督〔◆IMDb〕作品についてのものなのですが、まぁ、ねっちり^^としたものを書く時間もありませんので、まずは以下に、僕がこれまでにギドク監督の4作品を鑑賞した上での雑感を書き残してみます。(→エントリーへ




〔2006-10-07〕■〔映画鑑賞メモVol.13〕『LOFT ロフト』(2005/黒沢清)

>>こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。さて、この10月唯一の三連休の初日、皆さんいかがお過ごしでしょうか。いやはや、今日の東京は台風一過というか、素晴らしい秋晴れだった訳ですが、今週は週明けから雨が続きましたねぇ…。
………(中略)………
―さて、今回のエントリーは、黒沢清監督の最新劇場公開作となった『LOFT ロフト』についての最初の所感を書き残しておきます。(→エントリーへ




〔2006-10-03〕●〔Pops,Rock雑談Vol.15〕ピーター・ゲイブリエル(/ガブリエル)に関する覚え書き

その1:ジェネシス時代(1967―1975|※ピーターは、バンド結成の1967年から在籍。ジェネシスの最初のアルバムがリリースされたのが1969年)


>>さて、私、先の土曜日には、都内某所で催されていた「CD & レコード・フェアー」に参戦。
………(中略)………
今回の「CD & レコード・フェアー」に於いては、映像ものに関しては、あれこれと欲張らずに、彼(か)のピーター・ゲイブリエル在籍期のジェネシスのもの、そして、我らが^^ストーンズ“ABB/ア・ビガー・バン北米ツアー”中のものに絞ってチェックしていました。(→エントリーへ


>>そう、ピーター・ゲイブリエル在籍期のジェネシス〔◆Rolling Stone誌ディスコグラフィー|※上Ph〕は、そのレコードによってのみならず、ピーターの奇抜なメイク、被り物、衣装を含めたステージ上の姿でもっての演劇的パフォーマンスを擁した、高度なサウンド面、スペクタキュラーな視覚面双方が相俟ってのライブでもって当時のオーディエンスの熱い注目を集めていた訳ですが、(→エントリーへ



〔2006-09-28〕●エントリー予告未満^^―その2

>>―と云う訳で、あれこれ忙しくてパシッとしたものが書けない時の「エントリー予告未満^^」、今日の秋晴れの青空のように爽やかに…^^、この昼ひなか(―書いたのは昼休み、実際には真夜中のエントリー(笑))、その第2回目を迎えることと相成りました…。この、9月28日〔◆今日は何の日~毎日が記念日~〕は、言うまでも無く^^「パソコン記念日」であり、ニワトリの日(※毎月28日がそうなのですが^^)であり、あの“B.B(ベベ)”こと、ブリジット・バルドー〔◆IMDb|下Ph〕やら、伊達公子やら、緒方直人…の奥さん(仙道敦子)やらの生誕日でもありますよねぇ...(→エントリーへ


●上Phは、『素直な悪女』(1956/ロジェ・ヴァディム)
左:ジャン=ルイ・トランティニャン、右:ブリジット・バルドー


>>―さて、時は既に9月も終わりの頃。そろそろ、8月の終わり頃にエントリーした、■〔映画雑談Vol.23〕今秋公開の新作映画あれこれ鑑賞前メモ―その1(前篇)―に続くその1(後篇)をエントリーしたく思っています。(→エントリーへ




〔2006-09-26〕■〔映画雑談Vol.26〕『山椒大夫(1954/溝口健二)』ニュープリント版、鑑賞プチ・メモ

>>―さて、そんな秋晴れに恵まれた先の日曜日(9/24)は昼過ぎから恵比寿に出て、映画祭「溝口健二の映画」〔◆公式サイト〕中の2本、『近松物語(1954|ニュープリント)』〔◆IMDb◆jmdb〕、そして、『西鶴一代女(1952)』〔◆IMDb◆jmdb〕を鑑賞して参りました!!(→エントリーへ

  
>>今回は、まず、先々週に観た『山椒大夫(1954|ニュープリント)』〔◆IMDb◆jmdb〕の所感を書き残しておきます。………(中略)………―以下は、まぁ、のんびりと書いて行きます^^(→エントリーへ




〔2006-09-22〕♪本日のいい訳がまし(第14回)~連休の狭間で、少々、忙しや^^;

・23日(土)→某オフ会~♪
・24日(日)→『近松物語』(1954|ニュープリント)か『西鶴一代女』(1952)の鑑賞~♪


>>こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。このところ、「仮題」とでもして置きたくなるような中途半端なエントリーばかりなのですが、まぁ、中途半端なものにせよエントリーしたもの/書いたものは、いずれ、別のエントリーに活きるかと思いますし、本人としては、案外、こういったゆるゆるのエントリーをするのも楽しかったりします。(^^;ともかく、9月の連休に挟まれた(―と言っても、来たる「秋分の日」は日にちが固定された祝日なので、(→エントリーへ

>>ところで、ここ東京に於いては、この土日から月曜あたりに架けての天気は残念ながら良くなさそう…。(→◆goo天気)―まぁ、・23日(土)→某オフ会~♪・24日(日)→『近松物語』(1954|ニュープリント)『西鶴一代女』(1952)の鑑賞~♪(→◆映画祭「溝口健二の映画」公式サイト)と云った按配に、秋晴れなどの恩恵が無くとも楽しめる予定ばかりなのが幸いです。(→エントリーへ


by oh_darling66 | 2005-02-28 05:15 | ◆最近のエントリー5件(+α)
<< ◆フランソワ・トリュフォー(1... 〔映画雑談Vol.1〕第77回... >>