excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

■〔映画評Vol.11〕『キル・ビル VOL.1』(2003/クエンティン・タランティーノ)

こんばんは~

いやぁ、火曜日ですね、
しかも後10分ほどで終ろうとしている...

***

うーん、
日々、書きたい、形にしたいものは多数在るのですがね、
形になりませんね、決まらないなぁ中々…。



―決めたいっ!!

c0055456_23504937.jpg


だけど…、


c0055456_23524766.jpg

うーーん、((^^)





c0055456_23545659.jpg
決まらな~~い

***

あ~あ、*******みたく、資金と時間を潤沢に注ぎ込めたらなぁ~((^^;、
実際はスポンサーも付かないし(^^)さ、どこも道楽に理解がねえよ!((^^;



c0055456_23573957.jpg


バーカ、寝言みたいなこと言ってないのぉ~((^^;




c0055456_23594889.jpg
はい...(^^)


―と云う訳で((^^;、
今回は、制作費も時間も潤沢に注ぎ込んだと見聞きするタランティーノ作品『キル・ビル VOL.1』について僕が以前に纏(まと)めたものをお披露目いたします。






ユマを求心力に得た絢爛たる映像コラージュ

***ネタバレ注意

c0055456_21182316.jpg
『キル・ビル VOL.1』は、

“復讐の情念”に染まったヒロインを核に据えた破天荒なアクション映画だ。

タランティーノは、自らを熱狂、陶酔させて止まぬ「仁侠映画、クンフー映画、ジャンル・ムービー群」等から着想、創作意欲を得て、真実贅沢な映像コラージュを生んだ。

本作には、称賛のみに支えられてきた訳ではない作品群を見下すのではなく、子供が憧れのヒーローを一心に見上げてしまうような素振りが在る。

******

詳細は避けるが、
主役ヒロイン、ザ・ブライド(ユマ・サーマン)が“復讐”を期する5人、

オーレン・石井(ルーシー・リュー)、
ヴァニータ・グリーン(ヴィヴィカ・A・フォックス)、
エル・ドライヴァー(ダリル・ハンナ)、
―続編で多くブライドと絡むであろうバド(マイケル・マドセン)、
そして、ビル(デヴィッド・キャラダイン)、
―これらのキャラクターには、仁侠映画、クンフー映画、ジャンル・ムービー群のヒロインや主人公たちのエッセンスが混在しているのだろう。

例えば、大殺陣が繰り広げられる「青葉屋」のシークエンス。

此処でブライドとオーレンが何度か対峙する訳だが、まず、オーレンが大写しで示され、

c0055456_21235125.jpg

切り替えされた画面でオーレンを見上げるブライドが大写しで示される。

オーレンを見上げる怨念に燃え立つであろう視線には、タランティーノが梶芽衣子など任侠映画ヒロインに向ける“崇拝、敬愛”の心情、眼差しが垣間見れもする…。

******

映画は、劇中に<Chapter1>等と示されるように、5つの章から成る。

ブライドは結婚式の教会で、かつて自身も所属していた「毒蛇暗殺団」によるリンチを受け、ボス「ビル」によって頭に銃弾を撃ち込まれる。

映画前段は、瀕死のブライドがモノクロ画面で示される冒頭から、ブライドが4年間の昏睡から目覚め5人への復讐に立ち上がり、ヴァニータに復讐を果たすまでを、軽快なアクションとオフビートな映像表現を絡めて時制を行き来させつつもテンポ良く見せて行く。

片や映画後半、ブライドが沖縄に渡り刀匠、服部半蔵(千葉真一/Sonny Chiba)を訪ねてから以降(<Chapter4><Chapter5>)は、奇異なオフビート感で映像が塗り込められ、見世物的強度を増しながら疾走する。

******

映画後半の主舞台は日本。
この映画は、日本人が持つ精神的豊かさも、映画の裏側に関わる部分での不自由さ(―此処では、オーレンを乗せた車が、前後に一台の車も走っていない高速道路を数台のバイクに護られながら走っている異様さ、東京の実風景が全く「青葉屋」のシークエンスに絡まぬ事の不自然さを指摘しておきたい)も垣間見せる。
この不自由、窮屈を、辛うじて乗り越えさせているものは、タランティーノの情熱、創意に他ならないだろう。

******

映画終幕を飾る、東京「青葉屋」での対決は、ブライドの「オーレン・石井、まだ勝負はついちゃねーよぉ」とでもいった叫び声が口火を切る。

c0055456_2128352.jpg

ブライドとオーレンの身辺を固める数人との対決は意外と呆気無く幕を降ろす。

オーレンとブライドが向き合う中、オーレンの私設軍隊「クレイジー88」の一団が青葉屋に雪崩れ込んで来る。


俯瞰のキャメラが“黄色いトラックスーツ”のブライドと彼女を取り囲んだ数十人とも百人程とも判別出来ぬ“黒いアイマスク、黒いスーツ”の戦士たちを捉え、大殺陣前の緊迫を煽る。

c0055456_21305569.jpgこの大殺陣のシークエンスは、ブライドとジョニー・モー(ゴードン・リュー/劉家輝 Liu Chiahui)の存在感あるキャラクターを核に、


ブライドとティーンエイジャー戦士達との多彩で破天荒な立ち回りが連綿と見せられ、心地良い間延び感に浸らせる。

c0055456_21321779.jpg


二十分ほどに及ぶ大殺陣はブライドとジョニー・モーとの死闘によって幕を降ろす。

******

そして、「まだ命の有る者は持って帰るがいい…」といったブライドの慈悲が示された後、雪降る日本庭園でのオーレンとブライドによる一対一(サシ)の勝負。

オーレンは手強く、程無くブライドはオーレンの刀に倒れ込む。
オーレンは、ブライドに「馬鹿な白人女が刀でサムライごっこ…」等と毒づく。

慢心したオーレンはブライドの一太刀を浴びる。

息が乱れ、呆然自失のオーレンは、「さっきは馬鹿にして悪かったね」と口にする。
ブライドはオーレンを見詰め「分かった…。い…く…よ」と口にし、オーレンは「来な」と返す。
―此処では、二人の説得性の希薄な日本語が修羅場での切迫感、仁侠映画的交情を著しく削ぐ。しかし、意識が弛緩し可笑しさに震えようとも、観客の視線は画面に縛られ続けるのではないか。

このタランティーノによる絢爛たる映像コラージュの求心力は、“ザ・ブライド”を演じたユマ・サーマンの映画的存在感だ。彼女の一貫したフォトジェニックさ、真摯なキャラクター造形が“復讐の情念”に染まったヒロイン像に説得力を与えている。

c0055456_213598.jpg


“復讐”というものに斬新な決着が示されている事を、続編『キル・ビル VOL2』に期待したい。



〔当ブログ内の関連記事〕

■〔映画評Vol.13〕『パルプ・フィクション』(1994/クエンティン・タランティーノ)
by oh_darling66 | 2005-06-14 23:51 | ■ 映画評
<< ■〔映画雑談Vol.6〕『宇宙... ★「日本代表、2006年W杯ド... >>