excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

■〔映画人物評Vol.2〕バーナード・ハーマン

皆さん、こんばんは!
ようこそお越しくださいました。
先日は誕生祝いのお言葉なども頂戴しありがとうございました。

陽光も青葉若葉も美しい五月、
この初夏の頃は、僕自身が生まれた時節でもあり、何はともあれ喜びの多い時節です。

しかし一方で、大型連休明けのこの頃は、ともすれば心的肉体的疲れに見舞われ勝ちな時期でもあるかと思います。

それゆえ、この季節の心地良さに耽溺したくもなる人間の健全な心理、生理と相俟って、ふいに現実逃避してしまいもする事とすら相為るかもしれません。

張り詰めていたものが、弛緩し始めもする時期でもあるのでしょう。
何にせよ、気張ってばかりでも仕方がないと僕自身は悟っています。(―年齢を重ねてほんの少々は達観出来るようになったかも(^^))

―さて、
昨日の忙(せわ)しない午後...勤務中(^^)、
ちょっと、ある音楽が僕の内に湧き起こりました。
今日夜半となって気づくのはそれは静かにじわりと僕を癒やしつつあること…、

≪※後刻に続く≫

そう…(^^)、
バーナード・ハーマンの『タクシー・ドライバー』のメインテーマの旋律が、
今回に限ったことでは無く、僕の内に不意に流れ始めることがあります、

c0055456_11097.gifこのメイン・テーマが纏(まと)う哀感と甘美は、どこか心的に疲れが付き纏って容易にぬぐいきれぬ時などに僕の内に流れ出して、少しずついつの間にか……(後略)。

―さて、本日は、偉大なる映画音楽作曲家の一人たる、バーナード・ハーマンについて以前に纏(まと)めたものを御披露目いたします。

◆Phは、ヒッチコック(左側)とハーマン(右側)






天才的な独創性に紡がれた映画スコア群

***ネタバレ注意

バーナード・ハーマン(1911―1975)の生み出した映画音楽は常に映画の細部から映画全体に輝きを加えて余りあるものだろう。その多くは美しい旋律を基調としながら、しかし、その音は甘美ではあっても決して甘ったるいものに堕しはしない…。

ハーマンの映画音楽は映画に紡がれたイメージと共に美と驚きを以(も)って僕の心を掻き立て潤す。

彼の映画に於けるキャリアは『市民ケーン』(1941/ウェルズ)から始まり『タクシー・ドライバー』(1976/スコセッシ)で幕を閉じる。

僕は、映画音楽には「映画」というイメージのコラージュたるものの上辺を装うだけのものも在れば、イメージが放つ力に拮抗しながらイメージを解き放つレヴェルのものも在ると思っている。
―バーナード・ハーマンの生み出した映画音楽は、イメージと拮抗し強靭な独創性に一貫した音でイメージを完全に解き放ち、映画全体に輝きを加えて行く。

彼の一作曲家としてのオーソドキシー(正統性)たるところは“後期ロマン派”の音楽性にあると見聞きする。ニューヨークのジュリアード音楽院で作曲や指揮を学んだ彼は、クラシック音楽のみに飽き足らず現代音楽作曲家としてキャリアを積み名声を高めて行く。

******

ハーマンのコマーシャルな作曲家としてのキャリアはCBSラジオ入社以後に始まる。

このCBS時代にハーマンはオーソン・ウェルズと出会い、彼が製作するラジオ番組「マーキュリー劇場」にもスコアを書いて行く。この番組を今日まで知らしめているのはニュース速報の形で流した“火星人襲撃”の衝撃性ゆえだろう。一フィクションが当時(1938年)のアメリカ市民に大混乱、大反響を招いた一点からだけでもメディア史上の一大エポックと言い得るものに違いない。1940年、RKOは“時の人”ウェルズに『市民ケーン』(1941)を撮らせることと為る。そして、ハーマンはウェルズによってハリウッドに招かれる。

ハーマンは1950年頃から映画音楽に本腰を入れる。
当時20世紀フォックス音楽部長だったアルフレッド・ニューマン(※“20世紀フォックス映画ファンファーレ”の作曲者としても名高い)に才能を買われて良い仕事を多く回してもらったこと等も幸いし、ハーマンは1950年代当初から充実したスコアを生み出して行く。
特に、『ハリーの災難』(1955)から『マーニー』(1964)に亘るヒッチコックとのコラボレーション期間などは正しくハーマンのキャリア中最充実の傑作スコアを多く為し得ていよう。

1950年代、1960年代のハーマンは映画スコアを為す一方でTVの仕事も多くこなした。
彼は生前「現代音楽作曲家も、映画、TVメディアに積極的に貢献すべき」と発言している。

ハーマンの残した映画スコアは『市民ケーン』(1941)から数えて50作品に満たない。
ハリウッド第一線に30数年ほど在った作曲家が残した映画スコアが“50弱”というのは、ハーマンと同時代の売れっ子作曲家たちに比べれば決して多い数ではない。
―例えば、ミクロス・ローザ(1907―1995)は『密告者』(1937)または『鎧なき騎士』(1937)から数えて100作品ほどの映画スコアを、アルフレッド・ニューマン(1901―1970)は『放蕩息子』(1930)から数えて180作品ほどの映画スコアを残している。
―しかし、完全主義、凝り性であり、また、社交下手、人間嫌いであったと云われるハーマンの仕事ぶりや人となり等を鑑みれば充実の“50弱”だともまた言えよう。

ハーマンはしばしば監督と意見が合わずに苦しんだという。
しかし、僕など、ハーマンが創作上の様々な葛藤、監督との軋轢の果てに為し得た渾身の創造(―繊細かつダイナミックな旋律、斬新かつ品位ある音…)に歓喜を以って身を委ねるばかりだ。

ハーマンにとって『タクシー・ドライバー』(1976)でのスコセッシとの仕事は身を削るものだったようだ。

c0055456_1315317.jpgここ『タクシー・ドライバー』に於けるハーマンの音は主人公を中心に紡がれるイメージと一体になって、狂気、甘美、焦躁を的確に紡いで行く。そして、ここに在るハーマンのスコアは繊細な肌理を湛えながらも、その音はイメージの内に激情を滾(たぎ)らせイメージと共に生々しく迸(ほとばし)り続けている…。

また、この映画で世界的な称賛を勝ち得ることと為る若きスコセッシ(※公開当時34才)
の才気を慈しみ、束の間、スコセッシの紡ぎ出すイメージに耽溺しながら奏でられているようにすらも感じる。


本作の全ての録音を終えた翌未明(1975年12月24日)にハーマンは息を引き取る…。

映画はバーナード・ハーマンへの哀悼の言葉

Our Gratitude and Respect to
Bernard Herrmann
June 29.1911-December 24.1975


―がエンドロールの最後に示され幕を閉じる。




〔当ブログ内の関連記事〕

■〔映画評Vol.12〕『華氏451』(1966/フランソワ・トリュフォー)
by oh_darling66 | 2005-05-12 23:59 | ■ 映画人物評
<< ♪本日のいい訳がまし(第4回)... ◆名古屋(および関西)旅行/「... >>