excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

●〔Pops,Rock雑談Vol.2〕

>>『グッバイ、レーニン!』、『ザ・ウォール』に続く「壁シリーズ/壁3部作((^^;」の締め...


**その1(4月23日・土曜日)


皆さん、こんばんは~
そして、この良き週末の日に出勤等なされた方々お疲れ様です、

僕なども、出勤こそせずに済みましたが、自宅のPCの前には持ち帰った仕事があります、
しかし、もうひと息で終りそうです!

******

―さて、

c0055456_0333929.jpg当サイトでのここ2回のエントリーは、
私め図らずして、「壁」を扱った作品のものとなりました。

それらは、

ⅰ)4/15にお披露目した『グッバイ、レーニン!』(2003/ウォルフガング・ベッカー/※上Ph)

ⅱ)4/20にお披露目した『ザ・ウォール』(1979/ピンク・フロイド/※下Ph“壁の上のロジャー”は、2000年頃のロジャー・ウォーターズのソロ・ライヴでのもの)からの楽曲の一つ“The Show Must Go On”

c0055456_0345198.jpg

―な訳ですが、

唐突ですが、
これらの映画、Rockが扱っているものの内の一つと思しき、見えない壁、心の壁とは何でしょう?―などと問うてみる僕など、その答に相応しいものなど、当然のように(^^)持ち合わせてはおりません(―きっぱり!)。

しかし、それ「見えない壁、心の壁」と云ったものに自分なりに考えを及ぼしてみる事はある…。

そこで、結果的に2回続いた「壁」ものに、僕なりの決着を付けるべく、
何かもう一つ取り上げてみたい…。

***

―さて、その対象としたいのが、

養老せんせの『バカの壁』

我がアイドルの一人たるピーター・ガブリエルの
ソロ・アルバム4枚目(※右Ph)に収められている楽曲“Wallflower”


…だったりもする(/した)訳ですが、
ここは一つ(^^)別のやつで「壁シリーズ/壁3部作」((^^;を締めてみたいと思います。


***相済みません、続きは日付変わって日曜の未明以降に…





**その2(4月28日・木曜日)


―さてさてさて(^^;、

僕は『ザ・ウォール』(1979)というアルバムを、ほぼリアル・タイムで買い聴いています(―おそらくアルバムを買ったのは、1980年だと思います)、LP時代のピンク・フロイドのアルバムって存在感がありましたしね、増して、それ以前に何枚か彼らのアルバムを自分なりの直感で選び購入していましたから、店頭にそのアルバムが並んでいるのを目の当たりにした際の興奮って相当なものだったように思い起こします…。

そして、同じ1979年
c0055456_23451724.jpg

そう、マイケル・ジャクソンが『オフ・ザ・ウォール』というアルバムを発表しています。これは、日本でシングルやアルバム発売後に、意識せずとも街中で耳に入ってきたし、ラジオでもよく流れていたと思い起こします。

また、
当時漠然と思ったのが、「(同じ1979年という年に、)“壁”をめぐってピンク・フロイドとマイケル・ジャクソンは随分と捉え方が違うものを作ったもんだなぁ…」ということ。

そして、10代の僕なりに、小難しい理屈によってではなく、
壁(=wall)をタイトルに冠した二者ニ様(―三者三様のようにこんな言い方があるのかどうか...(^^))の強烈なアルバムがあることに感銘を受けました、

それこそ漠然とではありますが「Pops、Rockって随分と豊かなものだな」とも思った訳です。

この二つのアルバムは世界中で大ヒットを記録した…。

******

さて、『オフ・ザ・ウォール』

c0055456_23511367.jpg

僕はこのアルバムによって、黒人ポップス/ブラック・コンテンポラリーがそれまで以上に広く世界中に広まって行ったと漠然と思っている次第でして、兎も角、エポック的なポップ・アルバムだったのではないでしょうか。

このアルバムのプロデューサーはクインシー・ジョーンズ
マイケルとクインシー両者の幸福な出会い、偉大なる才能の融合がこの甘美なポップ・アルバムを生み出す縁(よすが)となったことは言うまでも無く、また、クインシーのプロデュース手腕あってこそ、**ポール・マッカートニー、スティーヴィー・ワンダーの楽曲提供も実現したのでしょう。

******

私事を書き連らねれば、
僕はこの3月辺りから『ザ・ウォール』などをも改めて感銘深く聴き返していたのですが、
同時に『オフ・ザ・ウォール』を思い起こしておりました、
―思い返せば、ここ一ヶ月は僕なりに仕事がきつく、スケジュールに追われる毎日でした、
そんな最中の4月始めの日曜日に『オフ・ザ・ウォール』のCDを買いました。(※HMVの、2枚買えば1枚が1,690円になる輸入版特別セールで購入!)

僕はこのアルバム『オフ・ザ・ウォール』で理屈ぬきに心地良くなれる3曲があります、

まず、
1曲目の「今夜はドント・ストップ」/Don’t Stop ’Till You Get Enough
また、
2曲目の「ロック・ウィズ・ユー」/Rock With You
―つまりアルバムの1、2曲目な訳ですが、
久々に音盤(^^)で聴いた今回は、すでにこの2曲で僕の心は蕩(とろ)けてしまいました。

そして、
僕の大好きなもう一曲は5曲目、アルバムのタイトルともなった「オフ・ザ・ウォール」/Off The Wallです、
これは英詩を眺めながら聴きました…

例えば、

Life ain’t so bad at all(人生ってそんなに悪いもんじゃない)

If you live it off the wall(もし、壁の外に/気楽に生きるならね)

というあたり、

ここいらに音楽と共に触れた僕は、
「そうそう、壁にせよ何にせよぶち壊すことって痛みが伴なうよな、壁があろうがなかろうが気楽に生きるってことだね…マイケル?ん?ちゃう?(^^)」

―などと、まぁ、そんな風にライトに解釈しながら、張り詰めていたあれこれも解(ほぐ)れて行った訳です。

******

兎も角、この一ヶ月ほどは極私的(^^)に色々あったけれども、今は休み前の仕事からも開放され、私めは只今ようやく放電モードに入れています…(^^)

幸い、僕は明日からゴールデン・ウィーク
まぁ、8日間ダラダラと過ごさせていただきます。

―最後に、

この一両日に、TB、コメントをお寄せくださった皆さん、
御挨拶が遅くなっており大変申し訳ありません。皆さんからのTB、コメント共々大変励みになっております。ありがとうございます! 追って、皆さんのブログにも遊びに参ります!

私め、旅行前(5月1日)まではブログに連日何がしかをお披露目予定ですので、
皆さんの御自宅で、職場で、御旅行先で、とりあえず(^^)は「太陽がくれた季節」を覗きに来てみてください!

それでは、皆さんにとっても、
このG・Wが楽しき良き休暇となりますよう!



【「壁シリーズ/壁3部作」・完】


補足)

**ポール・マッカートニー、スティーヴィー・ワンダーの楽曲提供は、

6曲目の「ガール・フレンド」がポール・マッカートニー、8曲目の「ジャスト・グッド・フレンズ」がスティービー・ワンダーによるもの。
by oh_darling66 | 2005-04-28 23:54 | *Pops,Rock雑談
<< >>お見逃し無く!(G・W新作... ■〔映画評Vol.10〕『桜桃... >>