excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

■〔映画評Vol.2〕『マーズ・アタック!』(1996/ティム・バートン)

さて、

2月27日の諸先輩方、友人への御披露目「プレ・オープン」以来、
そして、一昨日の世間様への御披露目「正式オープン」(^^)以来、
これまでに、多くの方々に当ブログへのご来訪をいただきまして私め感謝しきりであります。

また、御披露目に際し、当ブログからのリンクをご快諾くださった、

放蕩研究所/prodigalさん
帝都熱烈音盤解放戦線/路傍の石さん
尾崎紀世彦ワールド研究室/kumikoさん
かたすみの映画小屋/santapapaさん
「クリント・イーストウッドを語る」/soushinさん

本当にいつも励まされております、ここに今一度お礼を申し上げる次第です。

***

そして、新たにリンクさせて頂いた“ひよこさん”

ほぼ、同時期のブログデビューですね、お互い気長に作って行きましょうね。(^^)




―さて(^^)、

c0055456_2335205.jpg僕の愛してやまぬ映画女優の一人に、シルヴィア・シドニー(1910―1999)がいます。
(※左Phは、ヘンリー・フォンダと共に主演した『暗黒街の弾痕(1937/フリッツ・ラング)』。→◆当ブログ内関連記事

彼女が主演、出演した映画について僕が纏(まと)めたものはこれ迄に2、3ほど…、

その内の、シドニー最晩年期のキャリアの一つである『マーズ・アタック!』について纏めたものをお披露目いたします。







シドニーの偉大なキャリアの幕引き

***ネタバレ注意

スクリーンにキラ星のごとく輝く魅惑のヒロインたち。往年の女優たちの中で僕の永遠のアイドル女優の一人がシルヴィア・シドニー(1910―1999)。そのシドニー最晩年のキャリアになる『マーズ・アタック!』(1996)を初鑑賞しました。シドニー扮するスーパーお婆ちゃんのとびっきりの笑顔、意外な身振りの良さに目を瞠り、頬が緩みました。この映画出演時90歳近い彼女の演技勘を引き出し得たティム・バートンも偉大だなぁ。

ラスト近くでナタリー・ポートマン扮する大統領愛娘から火星人**で連邦議会栄誉勲章を小さな体に掛けてもらうシーンはティム・バートンのこの名女優への功労の念、深い敬愛、純粋な愛情が込められているのを十分に感じる事ができてしみじみ幸せな気分になれました。

バートンって、大まかに言えば、少数派、非権力、異端…といったものへの慈しみの眼差し、擁護ぶりが身上の作家かと僕は思えています。

年老いたスターたちは映画ファンからすらも顧みられなくなって行きがち。まさしく力無き少数派とも言える訳です。
制作当時、シドニーは最古参のハリウッド女優の一人だった。僕は『マーズ・アタック!』って、シドニーの偉大なキャリアに敬愛を捧げた映画なんだと思います。巧まずして地球を救う……何と忘れがたいキャリアの幕引きでしょう。

この映画、火星人の卑怯さ、一部の大スターの喰えない馬鹿っぷりといったアラを幾らでもあげつらえる割に、憎めなくって、可愛くって、不可思議な希望の余韻すら残す清々しい映画になっているんです。ここら辺、例えばフリッツ・ラングの社会派三部作でスペンサー・トレイシーヘンリー・フォンダジョージ・ラフト扮する男気の主人公たちの運命の女性を演じたシドニーが観客に与えてくれたものと重なる気がするんです。

***

さて、この映画って大挙して出演している人気スターの扱いが真っ二つに分かれている事に気付かされます。端的に言えば、映画中の生き残り組が良い演技をしていた事に気づかされる。一方、劇中亡くなってしまう俳優たちって…これかなり確信持てるんですけど、バートンから彼らのキャリア中最低最悪の演技を求められたに違いないと思うんです。

ニコルソンにしてもクロースにしても、自ら“最低最悪の演技”を計算するのは容易ですからね。結果として彼らは話にもならないようなキャラクター造形を見事に成し遂げていて、大した役者魂だと感心しますね。

c0055456_0254199.jpg後半、ニコルソン扮するアメリカ合衆国大統領が、火星人とサシで向き合うシークエンス(※ここでのニコルソン、知性のある者同士、心と心で語り合おうみたいな姿勢で火星人に向き合います…)なんか、迂闊にも、ニコルソンの大馬鹿真面目ぶりに一瞬目頭が熱くなってしまいました。もう、ここでのニコルソンのテンションはちょっとやそっとの役者では務まらないレベルかもしれませんね…。少なくとも、彼の狂気と知性が垣間見れる忘れがたいシークエンスです。

ともかく、
ピアース・ブロスナンマイケル・J・フォックスサラ・ジェシカ・パーカー辺りの演技をとやかく論評する気にはならなくとも、シドニーのお婆ちゃんやら、“孝行孫”ルーカス・ハース、さらに後半から出てきていいとこ掻っ攫うトム・ジョーンズの身振りやら楽しさって、この映画を愛する人となら無邪気に語り尽くしたくなる。

加えて、アネット・ベニングは矢張り女優根性、プロ根性が据わっているなぁ、と感じましたね。映画の始めの内は、何かトチ狂った感じで辛いぞ…といった印象だったんですが、段々目が離せなくなってくる。ラスト近くなんかでは、無闇に輝いているんです。ここら辺、映画女優の美徳、底力を持っている事を感じさせられましたね…。

***

僕は『マーズ・アタック!』でバートンに惚れ直しました。往年のアイドルであり、大女優であるシルヴィア・シドニーの幕引きに本当に可愛い役を与えたものだと感服します。映画中の彼女のしわくちゃの笑顔、ちょっと険しい表情のいずれにでも、往年の男心を掻き乱すような笑顔や切なげな表情がダブって、僕はとても幸せな気分に浸り切れた次第です。



補足)

◆◆さて、映画に於ける地球外生物の侵略ものと言えば、その先駆的なものの一つが『宇宙戦争』(1953)でしょう。

そして、スピルバーグが本作のリメイクに挑んだ『宇宙戦争』(2005)は今夏公開ということを、先月だったか劇場予告編を見て把握していたのですが、先ほど、公開日を調べてみますと、


6月29日(水)全世界同時公開

の文字が飛び込んできて「わぁ、凄いや...」ってなもんでした。(^^)

このスピルバーグの新作となる『宇宙戦争』を鑑賞する前に、1953年のオリジナル映画は勿論なのですが、僕が今一度見直しておきたい地球外生物侵略ものの一つが『マーズ・アタック!』(1996)でもあります!!

■『宇宙戦争』(2005)公式サイト
http://waroftheworlds.com/



◆◆2005年7月2日に、

■〔映画鑑賞メモVol.2〕『宇宙戦争』(2005/スティーヴン・スピルバーグ)をエントリーしました!


c0055456_11491212.jpg


by oh_darling66 | 2005-03-07 23:21 | ■ 映画評
<< ■〔映画評Vol.3〕『欲望』... ■ ブログな世界・第1回 >>