excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

タグ:ミュンヘン ( 3 ) タグの人気記事
■〔映画鑑賞メモVol.9〕『ミュンヘン』(2005/スティーヴン・スピルバーグ)
~「第20回冬季トリノ五輪開催記念」(^^)あれこれ―その2:ああ、ミュン篇(^^)

その1:ああ、トリノ五輪篇~僕のメダル獲得予想は「金3、銀3、銅4」は、こちら!

その3:ああ、名古屋篇~ストーンズ「名古屋公演」行くか行くまいか...は、
こちら!


おはようございます、ダーリン/Oh-Wellです!

さて、2月12日の朝を迎えました。東京は穏やかな晴天です!!

私め、友人に誘われたこともあり、今週中に『ミュンヘン(2005/スティーヴン・スピルバーグ)』〔>1:IMDb>2:Movie Walkerの2度目の鑑賞をすることとなりそうです。

そう、一度の鑑賞では、中々この映画についてのエントリーが纏(まと)まらずに居たのですが、取り敢えずは、初鑑賞の際の所感を纏(まと)めておきま~す。



『ミュンヘン』鑑賞メモ―その1

スピルバーグが、昨年2005年に於いて『宇宙戦争』に続いて発表した『ミュンヘン』

僕に取っては、スピルバーグの資質たる、映像で語り切る才気/語り切ろうとする情熱が本作にも存分に反映されていると思え、また、本作を作らずには居れなかった真摯な情熱、真っ直ぐさを映画そのものからじわりと感じ取れ、そこには、何かに特に媚びるような気配も感じられず、
ともかく、目に飛び込んで来るものにさまざまな意味合いで揺さぶられる164分でした。

c0055456_115884.jpg

***

冒頭からエンディングまでに立ち込める不穏さ、緊迫感、要所要所の胸が締め付けられるようなサスペンス醸成…、

また、暴力描写に於ける、観客の身を竦(すく)ませ凍らせながらも観客の視線を画面に縛りつけるような、鋭利さと重量感迸(ほとばし)る、正に暴力、破壊そのものに取り込まれている錯覚に陥(おちい)らせる如しの映像の凄み、

そして、ミュンヘン・テロへの報復を繰り返す暗殺チームの面子たちの心理描写を擁した悉(ことごと)くに於ける映像センス・技巧…、

―それらが、スピーディーな編集も、また、ジョン・ウィリアムズの、特に暗殺チームが標的を追い詰めて行く場面などでの、大仰ではなくじわりと不安感を掻き立てて行く、そう、それを見つめる観客の心臓の鼓動と同調して行くかのような正しく心音的音楽演出も功を奏し、

そこに在ってこちらに迫ってくる映像と音の力は、争い、憎しみ、裏切り、報復…などと云った悪しき堂堂巡りとでも云ったものが生み出すものの恐怖、絶望感というものを、観客を刺し抜くような直裁さを以って迫り来る。おそらくは、かの事件を特に知らぬ者にも、かの事件の背景に重たく根深くあるものを観客個々に直感的に想像させ得ると思えもし、ともかく僕にはこの164分そのものが圧巻でした。

c0055456_124723.jpg

***

また、劇中キャラクターを思い起こしますと、まずは、エリック・バナ扮する主人公・アヴナーの、序盤、中盤ほどまで、後半、終幕、それぞれにある姿が醸し出すもの、心境の変遷などには過不足の無い説得力があったかと思います。

さらに、主人公に加えて、僕が特に目を瞠ったキャラクターとして挙げておきたいのが、

c0055456_257126.jpg主人公のパリに於ける“情報源”たる、ルイ(マチュー・アマルリック|※左Ph:フランス国内の映画賞受賞時|
―彼は、『そして僕は恋をする(1996/アルノー・デプレシャン)』の主演などでも少なからず知られているであろう俳優であると同時に、これまでに数本の長編映画を撮っている映画監督でもあります。おそらくは2003年に来日した際のインタビュー記事を何処かで読んだ記憶なのですが、アマルリック自身は「私の本業は映画監督」などと語っていたはず…。)と云うキャラクター。その、小綺麗な身なり風貌や屈折感を含んだ顔つき口ぶり、また、大型犬を引いて街中を歩く姿や愛車シトロエンに納まる姿などでもって劇中キャラクターの中でも中々出色の映画栄えを見せていたかと思います。

また、その父親であり、いわゆる地下組織の統率者たる“パパ”のキャラクター(※映画ファンに取っては、『ジャッカルの日(1973)』に於いて主人公を追う、見事な口髭(くちひげ)をたくわえた警視役などで印象深いであろうミシェル・ロンズデールによって演じられる)の重みも忘れ難い。

―このフランス人父子の存在から垣間見えて来る、彼らが第二次大戦中から負って来たものは、映画が示す二つの民族の対立構図を助長もし抑止しもするものの一つを示唆しているのでしょう…。

c0055456_3223611.jpg主人公アヴナーをリーダーとする暗殺チームの上官、監督者たるモサド(イスラエル秘密情報機関)工作管理官・エフライム(ジェフリー・ラッシュ)も映画のひとつの核になる重要なキャラクターでしょう。
彼の存在感は、イスラエル国家の頑固な側面を体現するかのようにも思えました。

そして、主人公のリーダーシップ の下に使命を遂行して行く4人の面々も個々に映画にシャープさ、硬質なムードを加えて忘れ難いところです。この4人中ではダニエル・クレイグ〔※左Ph〕扮するスティーヴの精悍さ、切れ者ぶり(―性格的にもピリピリしたムードを放つやや短気なキャラクターだったかな…^^)が特に印象に残りました。


***
c0055456_12151857.jpg

・・・うーん、矢張り、僕など、初鑑賞時は良くも悪くも、映画の孕むテーマ的重みと映像が放つものの凄み、重みに打ちのめされてしまうばかりでしたね。

遅かれ、本作を再鑑賞した際、改めて『ミュンヘン』と云う映画から受け止めたものが自分の中で明瞭な形にでも為れば、その時には新たなエントリーをしてみます!


(※2月16日、一部文章加筆、画像追加)




〔当ブログ内の関連記事〕

◆◇「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」

■〔映画雑談Vol.15〕第78回アカデミー賞(3月5日開催)を楽しむ!―その1・ノミネーション篇

■〔映画鑑賞メモVol.2〕『宇宙戦争』(2005/スティーヴン・スピルバーグ)



〔※本エントリーは、以下のサイトともリンク中〕

** ミュンヘン@映画生活
by oh_darling66 | 2006-02-12 11:49 | ■映画鑑賞メモ/鑑賞プチ・メモ
■〔映画雑談Vol.15〕第78回アカデミー賞(3月5日)を楽しむ!―その1・ノミネーション&一箇月前予想篇

●2006年2月4日(土)=ノミネーション&一箇月前予想篇
⇒3/5(日)◆最終予想篇はこちら!

こんばんはー、ダーリン/Oh-Wellでーす!

いやはや私め、1月半ば頃から仕事等々も忙(せわ)しなく、帰宅しても、DVD鑑賞ですとか、CDをじっくり聴きこむですとか、そう云った、私的な楽しみに殆ど時間を割けず、ベッドに横になって本を読んでいる内にそのまま…てなケースが多々。
―そんな按配ゆえ、エントリーの方も、幾つか中途半端に纏(まと)まっているものは有るものの、中々実際にエントリーするまでには行かず仕舞い…。

そんな一週間ではありましたが、連日、沢山の方々のご来訪を頂け、また、数多くのTB、コメントを頂戴し誠にありがとうございます!!


・・・しかし、寒さに負けてるなぁ、しゃきっと、きりっとせねば...(^^)


c0055456_23295563.jpg

うーむ、マイナス36度だかの寒気団め...

負けてなるものかっ!((^^)

***

何にせよ、先刻、詰まらぬ仕事(^^)等々も切りが付きました!
明日は、今日(2/4・土)に封切となったばかりの『ミュンヘン(2005/スティーヴン・スピルバーグ)』〔>1:IMDb>2:Movie Walker|※下Ph〕を観に行く予定、僕に取って、本年2本目の劇場鑑賞映画となるはずです。

c0055456_2359642.jpg



◆◆◆―さてっ!

ハリウッド、延(ひ)いては、映画界最大級の授賞式でありお祭りであろう、「アカデミー賞授賞式」〔>1:OSCAR.com - 78th Annual Academy Awards(OSCAR.com 公式サイト)>2:Academy of Motion Picture Arts and Sciences(映画芸術科学アカデミー公式サイト)★公式日本語サイト>3:Movie Walker>4:Yahoo!Moviesが後一月ほどに迫っています。L.Aのコダックシアターに於いて3月5日(米西海岸時間)開催です!

先日、1月31日には、各部門のノミネーションが発表されました
c0055456_23555230.jpg

僕は、今回で第78回目となる「アカデミー賞」の結果云々を気にすることは然程無いのですが、この一大ショー/イヴェントをTVで眺めることが一映画好きとして大好きです!

特に、ノミネートとなった作品を授賞式以前までに数本でも観ていれば楽しさはいや増すばかりかと…。―と言いましても、わが家では、授賞式を生中継するWOWOWに加入していないので、毎回、ある友人の助けを借りて、この3時間以上のショーを眺める訳なのですが...(^^)



◆◆◆◆・・・そう、

昨年、当ブログに於きましては、「第77回アカデミー賞・4者によるアカデミー賞6部門受賞予想」をしてみたのですが、今年も同様に遊んでみま~す!
c0055456_2357274.jpg

そう、前回同様、4人ほどによる「第78回アカデミー賞・6部門受賞予想」を、2月の20日過ぎ辺りにでもお披露目予定で~す!!(※今回、主演男女優賞などにノミネートされている『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』〔>1:IMDb>2:Movie Walker|※上Ph〕の公開が2月18日(土)ですから、まぁ、それ以降が適当かなと…。)

⇒◆2/28現在、あと、お二方の予想待ちで~す! 3/3(金)頃までに「4者による6部門受賞予想」を発表できればと思っておりま~す!!


◆◆◆さてさて、

僕が、今回の「第78回アカデミー賞」に於けるノミネーションを眺めて漠然と思うところの一つは、近年中ですと、『シカゴ』『ロード・オブ・ザ・リング』3部作等々と言った莫大な予算を掛けてのエンタテイメント大作の影は薄く、作家性の強い、きっちりした作り故にじわじわと観客の心を掴んでいるのであろう映画が主要部門のノミネーションに並んでいる印象があることです。

そして、各部門の候補に並んだ映画は、現時点では日本公開作もまだまだ少なく、僕もほとんどの作品を未鑑賞ながら、
今回、支持が強そうだ、勢いがありそうだ―と思える作品をあちこちで見聞きする情報の印象から挙げてみますと、
c0055456_23544569.jpg

c0055456_4182167.jpg

まずは、『ブロークバック・マウンテン』〔※3月4日(土)より渋谷・シネマライズにて先行上映、3月18日(土)より全国公開|上Ph〕、『カポーティ』〔※下Ph〕の2作品、
c0055456_420261.jpg

c0055456_4202422.jpg

これらに次ぐ勢いを感じる作品が、野心的な(^^)映画スター、ジョージ・クルーニーが監督した『グッドナイト&グッドラック』、そして、かのスピルバーグに於いては、前作、『宇宙戦争』〔>1:IMDb>2:当ブログ内エントリーとは異なり(^^)、公開当初から中々評価も高い印象のある『ミュンヘン』と云ったところですね、ここまでの僕なりの印象としては…。


--------------------------------------------------------------------------------------
〔※2/8追記〕

上述した『ミュンヘン』ですが、
先の日曜日(2/5)、妻と一緒に鑑賞して参りましたー! 今、多くを語る余裕はありませんが、僕に取っては、大充実の164分でした!(→◆2/12、『ミュンヘン』の鑑賞メモをエントリーしました!

―言わずもがな、矢張り、授賞式前に一本でも授賞候補作品を目の当たりにしておくと、より、当日に向けて盛り上がって行くものですネ((^^)


***

―さてさて、今回の作品賞候補中で授賞式前までに日本公開となっている作品は、『ミュンヘン』『ブロークバック・マウンテン』以外ですと、さらにもう一本『クラッシュ(2004/ポール・ハギス)』〔>1:公式サイト>2Movie Walker|下Ph〕があります。
c0055456_2111175.jpg

僕に取っては、この、『ミリオンダラー・ベイビー』(2004/イーストウッド)の脚本で広く知られるようになったポール・ハギスという新進映画作家の劇場映画監督処女作『クラッシュ』には、妙に強(したた)かな存在感を感じる次第(―まぁ、初監督作品が作品賞始め6部門ノミネーションというだけでも、才気はもとより、運の強さをも感じさせてくれる訳で…)。
何にせよ、そう、本作も早目に鑑賞しておこうと思っています!(→◆『クラッシュ』の鑑賞プチ・メモはこちら~!
--------------------------------------------------------------------------------------


***

ところで、このアカデミー賞というセレモニーの雰囲気というものは、主に、演技賞にノミネートされた俳優たちの存在感、華やかさ、そして、司会者(ホスト役)によって或る色合いに染まって行くように、過去の授賞式を思い起こして感じる次第。

今回は、演技賞にノミネーションされた俳優たちに、例えば、ジャック・ニコルソンメリル・ストリープ等と云った、いわゆる、アカデミー賞の常連顔であり、且つ、大ヴェテランといった俳優が殆ど見られないかと思います。その分、僕は、今回の授賞式の雰囲気は新鮮なものになるのではないかと楽しみにしている次第です。

―例えば、主演賞候補、助演賞候補に並んでいる、

シャーリーズ・セロンリース・ウィザースプーンレイチェル・ワイズキーラ・ナイトレイなど等の女優たち、c0055456_810735.jpg
c0055456_810386.jpg
c0055456_8111455.jpgc0055456_8113656.jpg

また、ホアキン・フェニックスマット・ディロンジョージ・クルーニーフィリップ・シーモア・ホフマンジェイク・ギレンホールなど等の男優たち、

―こう云った、輝かしいキャリアを掴みつつある若手スター、そして、より確固たるものを手にしたい時期に差しかかっているであろう(^^)中堅スターたちが醸し出して行く雰囲気は、さて、どんなものと為って行くのでしょうか。


***

c0055456_2353159.jpgそして、今回の司会者(ホスト)はジョン・スチュワートという人物〔※左Ph © Academy of Motion Picture Arts and Sciences〕、
アメリカではTV番組の司会者などとして広く知られているようです。

あるニュース記事では、“コメディアン”などともされていますが、あちこちのサイトでそのルックスをみる限りですと、見るからにコメディアンと云った印象は余り持てなかったなぁ...。何にせよ、結構見映えの利くタイプじゃないかと思えています。まぁ、気の利いたジョークなどを織り交ぜ、スマートに楽しく、授賞式を進行して欲しいものです。



◆◆◆◆最後に、
以下に、いわゆる「オスカー主要5部門」(作品賞・監督賞・オリジナル脚本賞・主演男優賞・主演女優賞)の候補に、助演男優賞、助演女優賞、脚色賞、撮影賞、編集賞の各候補を加えて、それぞれ覚え書きとして置いておきます。(※尚、現時点での僕自身の〔受賞予想=本命〕をで示しておきます。まぁ、遊びに過ぎませんが、現時点で1本に絞り切れぬ部門は、本命を二つにしていま~す^^)

続き(※2/4現在のダーリン/Oh-Wellの予想)を読む>>>
by oh_darling66 | 2006-02-04 23:55 | *映画雑談
◆「この2005年、楽しくご交遊くださった皆様に」

こんにちは/おはようございます、ダーリン/Oh-Wellです。

さて、皆さんも一昨日(29日)までに「御用納め/仕事納め」だったケースが多いかと思います、

いやはや、ともかく、僕などは大晦日(おおみそか)までたったの二日ですからねぇ、まったくもって何も出来やしません!!((^^)

昨日など、外出先(※主にお正月関係の買い物)でだらだら、家の中でだらだらするばかりでしたねぇ…

兎にも角にも、本日は2005年の大晦日です!!

僕などを含む大多数の勤め人にとっては、おそらく、かなり短いケースとなるこの冬休みかと思いますが、お互いに良き正月を迎え、家族や恋人とのんびりと過ごしたいものですね!

c0055456_12251461.jpg

◆◆さて、
この2005年3月よりスタートした「太陽がくれた季節」ですが、
年の瀬おしせまったこの時期までの凡(およ)そ10ヶ月間というもの、

まさに、拙ブログのプレ・オープン(^^)当初より、今日、大晦日の日まで、

**連日、温かく、そして、遊び上手な皆さんの沢山の御来訪、コメント、TBを頂戴したこと、多くの皆さんのブログ、サイトにお邪魔させて頂けたこと、

**楽しい集まりの場に招いて頂いたこと、

**また、折に触れて何人かの方々から私的にメールを頂いたこと、

**詳細は伏せますが、ある時期のひとりの孤独な荒ら*出没の際に、多くの方に励ましを寄せて頂き力付けを頂けたこと

(―この“ある時期”の無為な時間などについては詳しくは述べませんが、親友や家族を悲しませ、思わぬ迷惑をかけてしまい、流石に僕の気持ちも塞(ふさ)ぎ、
それゆえ、或る「イーストウッド関連」の拙エントリーに有り難くも頂戴したコメントに於いては、何人かの方に結局お返事をせぬままと為ってしまいました。

c0055456_10513135.jpg
Dead Movie Society★映画三昧★/映画三昧さん
七月のうさぎ/小夏さん
シネマ斬りッ!/フレディさん
ラムの大通り/えいさん
Butterfly Stroke/パピさん
Remember Tomorrow/GOさん
mayoeru50’ mutter/mayoeru50さん
肯定的映画評論室/きのこスパさん
或る日の出来事/ボー・BJ・ジングルズさん
自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ/しんさん
Cinema Review/Ixionさん

今さらながら、当方でのお返事が出来ずに申し訳ありませんでした。

・・・そして、C-BLACKさん

拙ブログのスタート前より、soushinさんの素晴らしきサイト「クリント・イーストウッドを語る」のBBSでお喋りを交わさせて頂いておりましたので、この5月に御来訪、コメントを頂けた際はとても感激しました。しかし、この頃は心が折れていました。申し訳ありませんでした。)


―等等々…、感謝していることは数多く、また、お詫びしたいことも上記に加え幾つか(^^;有りますが、

何にせよ、上述したもの個々に思いを及ぼしてみましても、一言で申し上げられぬ感謝の気持ちで一杯です。この一年/この10箇月ほど、誠にありがとうございましたm(_ _)m



◆◆◆さて(^^)、
今後の、こと、ブログ運営に於きましては、
例えば、来たる2006年に置ける「抱負」などは特に表明すべきものなどは有りません。

また、当方など、今さら言うまでも無く、底の浅いナンセンスなエントリーを積み重ねるばかりの「道楽探究ブログ」に過ぎません、

ただ、僕が、拙ブログで交流を続けている皆さんは、遊び上手な大人の方々ばかりですから、

「楽しい場であろう」

―まぁ、端的に言えばこれだけ!



◆◆◆さて…も兎も角も((^^)、
本年も今日一日を残すのみ、しかも、勿論、あと24時間ありません!!(^^)

昨晩などは、

ストーンズ(※来春に迫った“ビガバン・ツアー”関連情報などはこちらも要チェック!!)ピンク・フロイド

c0055456_1215663.jpgc0055456_12153641.jpg


また、デヴィッド・ボウイジェリー・ゴールドスミス(>IMDb>こちら!

c0055456_12175819.jpgc0055456_12183457.jpg

―等々のあれこれを部屋に流しながら、のんびり過ごしていました。

・・・そう、好きな音楽を流しながら、密かに本年度映画の「マイ・ベスト・テン」なども頭の中にイメージしていたりもしましたねぇ...((^^)

c0055456_10531164.jpg

c0055456_10542191.jpg

c0055456_10544645.jpg

c0055456_10551352.jpg

c0055456_10553623.jpg

c0055456_10555912.jpg

                                ―等等々...

◆Phは、上から順に、
『ミリオンダラー・ベイビー』(2004/イーストウッド)
『宇宙戦争』(2005/スピルバーグ)
『ライフ・アクアティック』(2004/ウェス・アンダーソン)
『バッド・エデュケーション』(2004/ペドロ・アルモドバル)
『アワーミュージック』(2004/ゴダール)
『サイドウェイ』(2004/アレクサンダー・ペイン)


―また、来年の新作などにも思いを及ぼしたり...

c0055456_10563453.jpg

c0055456_10565881.jpg

                                ―等等々...(^^)


◆Phは、上が『ミュンヘン(スピルバーグ)』(※2005年12月23日より米国一部地域で限定公開中、尚、2006年1月6日より全米公開予定)、下が『硫黄島の星条旗(仮題)』/“Flags of Our Fathers(イーストウッド)”(―※Phは撮影スチル/2006年公開予定、製作者の一人にスピルバーグが名を連ね、あの(^^)ジェイミー・ベルも出演!)


***

―最後に、

そう、本日中には、ここ一両日ほどに頂いたままに為っているコメント、TBへのお返事などもさせて頂きますね!!

そして、来たる正月三が日ですが、
私め、おそらく、元旦以外はPCから離れるかと...(―夫婦双方の実家のPCは、使い慣れているものに比べて使い勝手が違いますしねぇ...^^)
おそらくは((^^)、3日の晩、あるいは4日頃からは、また、ここに現れるかと思います!!

それでは、今年楽しくご交遊くださった皆さん、
御家族と、また、皆さんの友人、恋人と良いお正月をお迎えください!
新たな年も、映画、Rock、その他で、楽しいお付き合いが叶えば幸いです!!


〔◆「この2005年、楽しくご交遊くださった皆様に」・完〕
by oh_darling66 | 2005-12-31 10:44 | ≪ごあいさつ≫