excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

タグ:スカーレット・ヨハンソン ( 4 ) タグの人気記事
■〔映画雑談Vol.22〕『マッチポイント』(2005)&『ハッスル&フロウ』(2005)鑑賞前メモ
こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。

昨日の土曜日(8/19)は、ここ東京でも、とても気持ち良い夏空が広がる日中でした。
そして、今日日曜日は、まぁ、曇ったり晴れたりといった按配ですかね…。

さて、僕はこれから恵比寿でウディ・アレンの新作『マッチポイント(2005)』〔◆IMDbシネマスクランブル(作品解説、上映スケジュール)を鑑賞します。


マッチポイント』(2005/ウディ・アレン)


本作は、ウディ・アレンのファンの方々ならばご周知かと思いますが、アレンが映画製作の拠点を長年慣れ親しんだN.Yからロンドンに移して撮った最初の作品


僕が本作初鑑賞を前に思いを及ぼすところは、その製作拠点の変化はアレン映画のタッチに如何なる変化をもたらしているのか、また、スカーレット・ヨハンソン〔◆IMDb◆当ブログ内⇒『アイランド』『ブラック・ダリア』との最初のコラボレーションが如何なる形に実を結んでいるか、さらには、アレン映画特有のユーモアというものは多分にアメリカの芸達者を生かしてこそのものであったかと思うのですが、この『マッチポイント』という、大まかに言えば、スカーレット・ヨハンソン以外はイギリス出身の俳優たちで固めたドラマに新たなユーモアの妙味は生まれているのか…、まぁ、主にはそういった部分。


―そして、素朴に楽しみなところの一つは、スカーレットのアレン映画中での輝き、存在感の如何はもとより、主役を務めるジョナサン・リース・メイヤーズ〔◆IMDbの演技そのもの。そう、僕は、彼が最初に世界的な脚光を浴びた『ベルベッド・ゴールドマイン(1998/トッド・ヘインズ)』〔◆IMDbの頃から素朴に彼の演技には惹かれ続けています。


何にせよ、ウディ・アレン(1935年生)が70歳を前に英国での撮影にチャレンジしたこの新作を、僕は素朴に楽しみにしています。


補足)

◇ウディ・アレンが最新作「マッチポイント」について語る!~Movie Walker
http://www.walkerplus.com/movie/report/report4454.html?identifier=pickup4




『ハッスル&フロウ』(2005/クレイグ・ブリュワー)


さてさて、週明け以降にも、何本か鑑賞したい新作映画があるのですが、まずは、仕事帰りにでも、新宿のレイトショーで『ハッスル&フロウ(2005/クレイグ・ブリュワー)』〔◆IMDbシネマスクランブル(作品解説、上映スケジュール)を鑑賞予定です。


・・・しかし、この『ハッスル&フロウ』、僕などは、あちこちの解説などを見聞きして来た限りですと、テレンス・ハワード(―僕に取っては、初めてその演技に触れたのが『クラッシュ』〔◆当ブログ内鑑賞メモ〕での理性的なTVプロデューサー役)扮する中年ラッパーの悲哀が描かれた渋味の一作かなと思えているのですが、東京での封切が単館、かつ、一日一回のレイトショー上映のみという辺りがいやはや何ともしみったれた((^^;上映スケールですね。何か、この映画のスチルなどを眺めて僕が勝手に受け止めている哀感と、このしみったれた興行形態が醸し出すものが妙に重なってしまい、文字通り「見捨て置けない」心情と為ってしまっています。^^





*********

―それでは、間もなく、映画館に向かいますので一旦失礼を~。

(※『マッチポイント』、『ハッスル&フロウ』の鑑賞メモ等は、後刻/後日に続く…かも^^)
by oh_darling66 | 2006-08-20 19:09 | *映画雑談
■〔映画雑談Vol.18〕“The Black Dahlia”/『ブラック・ダリア』(※2006年10月全米公開)メモ―その2

こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。

◆◆ついに、ストーンズ・ウィーク突入!!
僕の参戦は、まず最初が、今回の「ア・ビガー・バンツアー日本公演」初日となる22日「東京ドーム」(17時会場、19時開演)です!!
c0055456_12422921.jpg

まだ、各会場共にチケット等購入できるようですから、この、端的に言って、これが最後のワールド・ツアーとなるかもしれず、まずは、ロック・シーンに於いて、アメリカに誕生したブルースの継承と云った部分を始めさまざまな意味合いで歴史的な足跡を残して来たロック・バンド“The Rolling Stones”のライブに興味が沸き始めた10代、20代の若い方々も、一応^^、招聘元(JECインターナショナル)のサイト等を覗いてみては如何でしょうか。

■JECインターナショナル
http://www.jec-international.co.jp/

■Rolling Stones(公式サイト)
http://www.rollingstones.com/index.php

まぁ、何はともあれ(^^)、それぞれのライヴに於いてどんなセット・リストとなるか、また、オープニングは何で来るか、Bステージの3曲は如何なるものとなるか等々を考えるだに気持ちが高揚して来るばかりです。



◆◆さて、当ブログに於きまして、既に昨年10月26日のエントリー中でチラと触れた、ブライアン・デ・パルマ監督の最新作となる“The Black Dahlia”/『ブラック・ダリア』(※邦題未定)ですが、ポスト・プロダクションの段階ながら、今後少しずつ各種情報等外に出てくるようですから、当方でも少しずつそれらのメモを残して行く事といたします。
c0055456_129867.jpg
〔◆左:ジョシュ・ハートネット、右:ヒラリー・スワンク〕


〔**
*〕本作は1947年に全米を震撼させ現在まで未解決の猟奇的殺人事件「ブラック・ダリア事件」/「エリザベス・ショート殺人事件」を扱ったジェイムズ・エルロイ(1948年生)による原作『ブラック・ダリア』〔◆文春文庫ブライアン・デ・パルマ監督による映画化。

原作はL.Aに於ける、警察、政界、ハリウッド、マフィアなどに及ぶ相当数の登場人物が登場する群像劇らしい。
c0055456_12133942.jpg
〔◆左から、ジョシュ・ハートネット、アーロン・エッカート、
スカーレット・ヨハンソン〕


〔*
**エルロイが1987年に著した『ブラック・ダリア』を第1作目とする、<ロス暗黒史4部作>、また、<暗黒のLA四部作>などとして括られるものの内の一篇が、1997年にカーティス・ハンソン監督によって映画化もされた『L.A.コンフィデンシャル』〔◆文春文庫(※原作)IMDb(※映画|下Ph)
c0055456_1217372.jpg

c0055456_121825100.jpg

***〕原作者のエルロイについては、ウェブ上でも多々記述がありますので当座触れずにおきますが、例えば、これまでにTV脚本なども残していますし、これから公開される何本かの映画の脚本(※内一本がウィリアム・フリードキン監督が取り掛かっているとされる“The Man Who Kept Secrets”)も手掛けているようです。

あと、興味を引くのが『ワンダーボーイズ』(2000/カーティス・ハンソン|※下Ph)への出演、これ、カーティス・ハンソンの映画中では、僕に取っては『L.A.コンフィデンシャル』に劣らずに大好きな一本なのですが、映画中のパーティー・シーン(?)にチラと姿を見せているようですね。遅かれ確認してみたいところです。
c0055456_1224261.jpg

―そう、おそらくは、エルロイカーティス・ハンソンは、1997年の『L.A.コンフィデンシャル』に於ける映画制作中から良好な信頼関係を築き上げることが出来たのでしょう。僕の推測に過ぎませんが、『ブラック・ダリア』の映画化の話が製作サイドより立ち上がった当初に於いては、監督候補にカーティス・ハンソンの名も挙がっていたのではないでしょうか…。

c0055456_12304640.jpgc0055456_12311253.jpg
〔◆左Ph中央:『イン・ハー・シューズ』演出中の
カーティス・ハンソン、右Ph:ジェイムズ・エルロイ〕




【作品メモ】

◆スタッフ、キャスト

IMDb(Full Cast and Crew)

◆公開日予定

**アメリカ・・・2006年10月13日
**フランス・・・2006年12月06日


【『ブラック・ダリア』(※2006年10月全米公開予定)メモ―その2・終】




〔当ブログ内の関連記事〕

>>ブライアン・デ・パルマ関連

■〔映画鑑賞メモVol.6〕『ファム・ファタール』(2002/ブライアン・デ・パルマ)

■〔映画雑談Vol.23〕今秋公開の新作映画あれこれ鑑賞前メモ―その1(前篇)

1.『プラダを着た悪魔(2006/デヴィッド・フランケル)』
2.『ブラック・ダリア(2006/ブライアン・デ・パルマ)』鑑賞前メモ―その3
3.『LOFT ロフト(2006/黒沢清)』

―&「2006年・第63回ヴェネチア国際映画祭」関連メモ、オダギリジョー関連メモ



>>スカーレット・ヨハンソン関連

■〔映画雑談Vol.9〕映画館での地震体験~『アイランド』(2005/マイケル・ベイ)鑑賞メモ
by oh_darling66 | 2006-03-20 12:54 | *映画雑談
■〔映画雑談Vol.12〕ブライアン・デ・パルマ監督最新作
“The Black Dahlia”/ブラック・ダリア(※2006年全米公開予定)鑑賞前メモ―その1≪→直接飛ぶ
“ヒッチコキアン”ブライアン・デ・パルマへの雑感etc.

** 「不定期連載―アルフレッド・ヒッチコック」その1は、こちら
*
*当エントリー内で触れたヒッチコック作品⇒『サイコ』『裏窓』『めまい』


05/10/26 23時50分

10月26日も、あと10分弱か...(^^)
この10月、この月らしい透明感のある晴天日は少ないものの、
まぁ、東京も秋らしくは為って来ましたかね。

夜半や明け方は肌寒くもなっています…。
疲れたら早めに休みましょう。会社を病欠する時は早めに連絡いたしましょう。((^^)

うん、何はともあれ、秋本番と言ったところですかね。
今度ガストに出向いた際はいよいよ「秋刀魚の開き、キノコおろしの秋仕立て和膳(…だったはず)」にトライしてみるかなぁ…。


―ご挨拶が遅くなりました。((^^)

こんばんは、今宵いかがお過ごしでしょうか。

レンタルしているビデオを観る前にビールを飲んでしまい、少々眠たくなってしまっているダーリン/Oh-Wellです。

さて、これから件のビデオ(※ロバート・ワイズ監督作品です…)を観ます、延滞2日目です。何にせよ、これから観ます、仕事の準備も少々…。

その後に、久々の更新をしたいと思っております。
イメージはほぼ頭の中に出来上がっているので、何とか形に為りそうです。


***

え~、以下の3人の内の一人は、エントリー中で少し登場することと為るであろう俳優です。

それでは皆さんにチラリと登場して頂きましょう!!((^^)


◆まずはお一人目・・・スカーレット!

c0055456_23434659.jpg

スカーレットです(^^)、秋刀魚の美味しい季節ですね、
また、このエントリーの続きでお会いしましょう((^^)」



◆お二人目は・・・パルパティーンさん

c0055456_235333.jpg

「秋は淋しいねぇ、哀しいねぇ...
また元気が出てきたら登場するかもです...あ、そうだ、DVDでさ(^^)『エピソードIII』を観たらファン・レターでも頂戴な、じゃぁね((^^)」



◆最後に、ウォンカさんです!

c0055456_23574494.jpg

「こんばんは、
目黒の秋刀魚も目白あたりのお菓子も美味しい季節ですよネ、((^^)
それじゃ、またお会いいたしましょう。

くれぐれも歯を大切に!
そして、友人、家族を大切にネ!((^^)」




―という訳で、
さて、果たしてエントリーに絡むのは誰でしょうか!?(^^)

………(間)………

くだらぬ繋ぎ方で申し訳ありませんm(_ _)m

それでは、また後ほど!



05/10/28 未明・・・一昨日の続きで~す

デ・パルマ**ⅰ〕

―さて、
私め、前回(10/19)のエントリーヒッチコックにちょろっと(^^)触れた訳ですが、

この偉大なる先達を敬愛し、自作中でもって、果敢にその偉大なるヒッチコック映画にあったものに挑んでいる現役映画監督と言えば、まずは、ブライアン・デ・パルマでしょう。
c0055456_228197.jpg

他にも、例えばよく知られるところですと、生前のトリュフォーなども、
批評家時代からヒッチコックに心酔し、深く敬愛していましたし、その映画からはヒッチコック映画にあったもののトリュフォー的な援用を僕なりに見て取れることもあります。


*******

また、デ・パルマ、トリュフォーほどのヒッチコキアン(※所謂、ヒッチコック崇拝者)でなくとも、ヒッチコックの創造した映画にはさまざまな映画監督がさまざまなレヴェルで傾倒しているように思えます。
例えば、ヒッチコック映画中最も著名なシーン中の一つであろう『サイコ』(1960)のシャワー・シーンだけを取ってみても、パロディーを含めれば、『サイコ』公開以降これまでに相当数の監督によってさまざまに扱われて来たのではないかと思います。
c0055456_343519.jpg

―今、僕がここ数年ほどの間に観た映画の中でパッと思いつくパロディー的な援用だけでも、
『ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション』(2003)でのもの、
そして、先ごろ鑑賞したばかりの『チャーリーとチョコレート工場』(2005)でのものが有りますねぇ…。

―しかし、そのキャリア中に於いて、一貫してヒッチコックを意識し、果敢に挑み、多くの自作に(良くも悪くも観客に分かり易く)反映させて来た映画作家となると、デ・パルマ以上の存在は無いだろうと僕は思う次第です。



〔デ・パルマ**ⅱ

さて、
デ・パルマがヒッチコック映画中にあったものから引用/援用したものを、
僕に取って分かり易いところから思い出すままに箇条書きレヴェルで挙げてみますと、


***愛のメモリー(1976)』(※下Ph)
c0055456_1491686.jpg
◆主人公に取っての最愛の女性の死、そして、その女性と瓜二つの女性の出現
『めまい』(1958)


***『殺しのドレス(1980)』(※下Ph)
c0055456_1534660.jpg
◆一個の人間に同居する二つの人格
◆シャワー室に於ける殺人…
『サイコ』(1960)

◆美術館
『めまい』(1958)


***ボディ・ダブル(1984)』(※下Ph)
c0055456_158119.jpg◆心的障害(疾患?)を克服せんとする主人公(※片や「閉所恐怖症」、片や「高所恐怖症」)
◆ヒロインを尾行する内に彼女の虜になって行く主人公
『めまい』(1958)

◆カメラ、望遠鏡による覗き、監視
『裏窓』(1954)

―等等々、多々挙がってくるので、
うん^^、ここら辺については、「不定期連載―アルフレッド・ヒッチコック」(※連載第1回目はこちらの方で、いずれ触れ直してみる事にいたしましょう。


*******

うーん、何は兎も角も((^^)、
ヒッチコックは、多くの美質を備えた映画作家だったと思いますねぇ。

そして、
デ・パルマだって、まぁ、映画作家としての幾つかの美質を備えていると思う訳ですが、

両者とも、まず一つには何と言っても、
その特異な映像表現あってこそ、観客を視覚的に夢中にさせて来た映画作家なのだと思います。

まぁ、今回はそこら辺(―特異な映像表現あってこそ云々…辺り(^^))の掘り下げは措(お)かせて頂きます。




デ・パルマ**

さてさて…、
斯様なヒッチコキアンたるデ・パルマ監督の最新作となるであろう映画が“The Black Dahlia”/ブラック・ダリア(※全米で2006年10月公開予定)、

続きを読む>>>
by oh_darling66 | 2005-10-26 23:57 | *映画雑談
■〔映画雑談Vol.9〕映画館での地震体験~『アイランド』(2005/マイケル・ベイ)鑑賞メモ

おはようございます!

今週も、数多くのTB、数多くのコメントを頂きまして
まことにありがとうございます!!

◆―さて、土曜日です、
7月最後……から2番目の(^^)週末です、
気持ちの良い週末にしたいですね、




◆◆―さてさて(^^)、日曜日(7/24)です、
曜日も日付もとうに変わってしまい((^^;
現在、既に夜半21時過ぎとなっています、

―皆さん、
昨日は如何お過ごしになりましたでしょうか...

関東地域では、ちょっと肝を冷やすような地震(>1>2)がありましたよね、


******

僕は、
妻、友人と、午後から六本木に出ていた訳ですが、
あの夕方16時35頃に起こった地震を、『アイランド』の鑑賞中に体験、

映画が後半を迎えていた頃だったと思いますが、

ともかく、映画に引き込まれていたので、

3度目の大揺れ(―昨夕、僕は間隔を置いて2度大きな揺れを感じました...大きな横揺れを感じて肝を冷やしていると、右隣に居た妻が僕の右手を握って来ました、それこそが、あの時の暗闇中での地震の恐怖を今だに鮮明なものとして甦らせます)でも襲って来ない限りは、もしくは、劇場側で上映を中断でもしない限りは、自ら席を立つことは有り得なかったように思います。




さて、その『アイランド』

c0055456_21341454.jpg


この7月中に公開される夏休み映画中ですと、僕などは『スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐』に次いで期待している何本かの作品中の一つでした、

ここ1、2年だけ取って見ても、充実のキャリア中にあると言えるであろう、
ユアン・マクレガースカーレット・ヨハンソン*1**2(“The Black Dahlia”)が主演をつとめる一点だけからも僕に取っては捨て置けない映画になると思っていましたし、
彼らの演技、存在が、あるいは、マイケル・ベイという監督の力量を補って((^^)余りある類の魅力ある大作映画となっている予感がしていた訳です、

実際に僕が目の当たりにして、
重量感あるSFアクションとして大いに刮目させられましたし、
娯楽大作映画としても存分に満喫出来た次第です!!

c0055456_21351898.jpg


まず何と言っても、
矢張り、ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソンのスターとしての輝き、有り難味を堪能出来ました、

また、
他の主だった出演者たちも、この娯楽映画の中で十分に役割を果たしていたように思います、

ショーン・ビーン演じる天才的なクローン研究開発者でクローン・コミュニティを管理するメリック博士というキャラクターは、見るからに強靭そうな肉体に冷徹な科学者の風采を纏(まと)っている、つまり、科学者としては一見嘘臭い(^^)のですが、寡黙で職務熱心な科学者、コミュニティ管理者ぶりと時折り覗くサディスティックさが中々の味わい、

―何にせよ、如何にも嘘臭い科学者ぶりながら、ショーン・ビーンによる静かな狂気を孕(はら)んだこのキャラクターは一見の価値が有るかもしれません、

片や、冷徹…などには為り切れないキャラクター性を負った、クローン・コミュニティの施設技師・マックを演じるスティーヴ・ブシェミの存在感の妙味も僕を魅了させて行くに足りるものでした、(―本作に限らず、彼が多くの映画で演じる冴えない風貌、怪しげな生き様のキャラクターは、いつも哀れで人間臭く、何にせよ僕を惹きつける…)

c0055456_21362059.jpg


今、多くを語る余裕は有りませんが、
例えば、主役カップルを見送る「駅」での或る一場面などは、クローンたる主人公たちを見捨て置けないこのキャラクターの善良さが、ブシェミならではの報われなさ/哀感を以って示されていて、この人間臭いキャラクターを忘れ難いものにしているように思い起こします、

その他にも、

その特異な顔貌、風采の上がらぬルック、おどおどした振る舞いで劇中妙に危なっかしいキャラクター性を醸し出し続けるイーサン・フィリップスの存在感が目を奪うものでしたし、

巨漢マイケル・クラーク・ダンカンの強烈な表情(―笑顔、泣き顔…)を目の当たりにする有り難味もありましたね...

******

本作自体の醍醐味、テーマ性に於いても、
今、詳細に触れることは措(お)きますが、

不死身ではない自分自身の肉体のスペアを持っておきたいと云う、
クローン製作に大金を投じる資産家、政治家、スターたちのエゴイスティックの示唆、一方での病理学的な有用性の示唆、

一見単調な日常の掛け替えの無さの示唆、

生命の重みの示唆、

―そう云ったものが、マイケル・ベイなりの一見マッチョな世界観の中で、実に卒無く観客に伝えられていたように思います、

c0055456_21372637.jpg


―本作に関しましては、
その近未来ビジュアル(※映画に描かれているのは2019年のアメリカ)の妙味なども含めまして、また新たに形にしてみたく思っています。



P.S)

◆昨日(7/23)は、
先述しました関東地域の地震の影響で、
JRの運転見合わせも有り当日中の帰宅が叶いませんでしたので、
予定していた更新もきっぱりと諦めました(^^;

実は昨晩中に、
或る、1960年代のSF映画の映画評をエントリーしたかったのですが、
これに関しましては、また後日のエントリーでお目に掛けられればと思っております。


〔※2005年8月1日、一部加筆訂正、リンク修正〕



補足)
c0055456_1612713.jpg
◆◆僕に取って、本エントリー中で触れたイーサン・フィリップス(※ジョーンズ・スリー・エコー役)は、

これまで、映画に於いては、特に名を轟(とどろ)かすような演技などは残してはいないように思える訳なのですが、

何と言っても、「スター・トレック/ヴォイジャー」(TVシリーズ/1995~2001)に於けるニーリックス役(※右Ph)で世界中に幅広くファンを持つ俳優なのでしょう。
***

僕は、このニーリックスを演じるフィリップスを、確か、ケーブルTVの放映時にチラと見たことがあるのですが、
このU.S.S.ヴォイジャーの一乗組員たるニーリックスは云わばエイリアンゆえ独自のメイクをしていますから、素顔的な(^^)イーサン・フィリップスを見たのは、『アイランド』でのジョーンズ・スリー・エコー役が初めてでした。

ここ『アイランド』に於ける、大きな鼻、禿げ上がった大きな額を擁する顔貌、そして、ずんぐりむっくりした豆タンクのような(^^)体つきに僕の目は奪われましたし、

その劇中終始落ち着かぬ素振りや表情は、あの“コミュニティ”の閉塞感を僕に取って印象深いものにしてくれた大きな要因の一つです、

今後、映画でも、脇役としてこれまで以上に映画ファンを楽しませてくれるように僕は思えています。

***

>>“ニーリックス”関連

**「パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン」公式サイト内

**「STARTREK.COM」内


〔※2005年9月11日〕
by oh_darling66 | 2005-07-23 11:19 | ■映画鑑賞メモ/鑑賞プチ・メモ