excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

<   2006年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
●〔Pops,Rock雑談Vol.11〕ストーンズ「ア・ビガー・バン・ツアー日本公演」 ―参戦その2
~「ア・ビガー・バン・ツアー日本公演」2日目(3月24日・金曜日/東京ドーム20:10―22:15)鑑賞メモ 
→◆参戦その1(3月22日/東京ドーム)|◆参戦その3(4月2日/さいたまSA)|◆参戦その4(4月5日/ナゴヤドーム)



こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。

今週も沢山の方々のご来訪を頂き、誠にありがとうございま~す!
この一両日は、特に、私的なメールのお返事等遅くなっており申し訳ありませんm(_ _)m

どうやら、昨日(3月28日)中には皇居内某所の桜も満開となったようですね、
僕は、今週末の土曜日に仲間内でお花見予定!
ここ数年来のお決まりであった井の頭公園とは異なる某所にてお花見を楽しんでくる予定です!

さてさて、この4月初旬に架けては年度替りで多くの方が多忙ですよね、

僕の知人、友人たちの多くも公私に可也多忙と相為っている模様。
まぁ、お互いに、マイペースで遊んで参りましょう~~。(笑)



◆◆「ア・ビガー・バン・ツアー日本公演」2日目
(3月24日・金曜日/東京ドーム20:10―22:15)


***

さてっ、ストーンズ(◆ローリング・ストーンズ The Rolling Stones A BIGGER BANG TOUR(※WOWOW ONLINE中)

c0055456_23183191.jpg・・・そう、24日の興奮も、今、幸福な余韻に変わっています。

ミックも初日(3/22)に劣らず物凄く熱かったなぁ、

例えば、この24日の6曲目Worried About You”(~『Tattoo You(1981)』)。ミックの奏でるエレピ、ファルセット・ヴォイスに心底ぞくぞく痺れさせられました! これは、伝説の「武道館公演(2003年3月10日)」でも演奏された曲、ついに、僕に取っては初めてライヴで堪能出来ました~~!!



そう、今回も日本語のMC多々ありましたねぇ、

c0055456_23191925.jpg


「やっば~い、後でどう?/ヤッバ~イ、アトデド~オゥ?」
(※2日目“Tumbling Dice”演奏後、Mickの突発的^^MC。状況説明は省きます(笑)|※Phは、2005年USツアー中~AP Photo)

―なんかでは、前回では出て来ようも無かった予想外の日本語に、
私め、妻と一緒に大笑いするばかりでした…。



***

この、東京ドーム公演2日目、
まず、印象的だったのが、会場の空気、聴衆の乗りが、初日独自の良い意味合いでの緊張感あるものとは異って終始弾けて熱くて乗りが良かったこと!
初っ端からグワァーンと盛り上がり熱く火照ったままに、ふと、気づけば終焉を迎えている…そんな2時間強に感じました。

この夜の熱気の源は、
僕を含む初日を体験した人、この金曜日が初めての参戦だった人、それこそ、ストーンズ初体験だった人たちを含む、ほとんど全ての人たちが、仕事、義務から解放され、ストーンズのパフォーマンスを堪能しつつ週末へと無心になだれ込んで行くところに有ったでしょうし、

勿論、言わずもがな、メンバーの初日にも増して弾けたパフォーマンスあってこそ!!!

もう、幾つかの曲では、ちょっとずつ何らかの演奏上の危うさ(笑)が有りながらも、最終的には曲全体としても、ライヴ全体としても心痺れさせ熱くさせてくれる、いつもながらに要所にマジックの効いたストーンズ・ライヴ/バンド・パフォーマンス体験は、この日も、金曜夜の心身軽さと相俟って殊更に至福に誘(いざな)ってくれるものでした!!

オープニングを思い切って変えてくれたのも、
初日(3/22)参戦者にとっても堪(たま)らぬものがあったでしょうし、まぁ、この日集った中に、これ“Start Me Up”が初っ端に鳴って受け入れぬ者など、まぁ(^^)、皆無だったはず。

そして、続いたのが“It's Only Rock'n Roll”!!

僕の仲間内では、今回の来日公演直前の飲み会で、オープニングに何が来るかで大胆にもこの“It's Only Rock'n Roll”を挙げた方が居るのですが、これはこれで、何時か是非とも体験したい!!

ともかく、頭2曲で、もう、「ぐだぐだ言うことなし、最高!!」てな感じでもって、連れ(※この日は妻と参戦)と一緒にステージから繰り出される音とパフォーマンスに無心に身を任せるばかりでした。


***

―そして、今、この夜演奏された楽曲を顧みますと、

上述した、“Start Me Up”、“It's Only Rock'n Roll”と来た、頭2曲のパワフルなパフォーマンス、

同じく既述したように、伝説の「武道館公演」でも演奏された、ミックの奏でるエレピ、ファルセット・ボイスに痺れ酔わされた、6曲目の“Worried About You”

そして、8曲目“Midnight Rambler”(~『Let It Bleed』)リサ・フィッシャーがソウルフル・ヴォイスと言うか、パワフルなリサ・ヴォイス!!(^^)を期待以上に堪能させてくれた9曲目“Gimme Shelter”

今回は、ここいら辺が僕に取っての要所でしたね。そう、前半で既に相当濃密なものを創り上げてくれましたねぇ…。勿論、キースの2曲だって、Bステージを含む後半だって文句無く享受出来ました!!

そう、特に、“Midnight Rambler”は、今回のライヴの肝だったように思います!!
過去4度の来日公演中に何回かこの曲をライヴ体験している友人なども、「まったりし過ぎかもしれないが、これまでで最高の演奏」等と口にしていました…。うーん、まったりでありこってりであり、ずしりとした余韻が残っています!!



***

さてさて、今夕(3/29)はストーンズ来日公演3日目(※於:札幌ドームですね!!
ファン大注目の「ザ((^^)・セット・リスト」はどうなるのかなぁ…、

初日、2日目、そのいずれかに寄ったものとなるのか、
或いは、初日と2日目のセット・リストが趣を異にしていたように、この3日目独自のものと相成るのか…。

今回の来日公演に於ける初演奏曲は当然あるかと思いますし、さらには、過去4回の来日公演ではお披露目されなかった日本初演奏曲が加わる可能性も大いに有るんじゃないかなぁ…。

まぁ、メンバーも前回(3/24)から中4日有りましたから十分に鋭気を養えたことでしょうし、
東京ドーム2公演に勝るとも劣らぬ素晴らしい演奏が繰り広げられることでしょう!!

ここ東京近県から既に札幌に入った皆さん、素晴らしき一夜となりますよう!!


***

・・・さてと、只今昼休み13時ほど、僕は、今晩は迷いを断ち切るため(―今から「札幌」へと向かえる訳は無いのですがね!^^)に、仕事帰りに映画を観に行って来ようかな…。

それでは、一旦失礼を。(以下に、2日目のセット・リストを置いて、後ほど追記しま~す。)

c0055456_23205722.jpg


◆◆日本公演2日目演奏曲(セット・リスト) ―※下線は、今回の日本公演内での初演奏曲

01:Start Me Up
02:It's Only Rock'n Roll
03:Oh No Not You Again
04:Bitch
05:Tumbling Dice
06:Worried About You
07:Ain't Too Proud To Beg
08:Midnight Rambler
09:Gimme Shelter
 >>メンバー紹介
10:This Place Is Empty
11:Happy
12:Miss You
 >>Bステージへ移動
13:Rough Justice
14:You Got Me Rocking
15:Honky Tonk Women >>メイン・ステージに戻る

16:Sympathy For The Devil
17:Jumping Jack Flash
18:Brown Sugar
19:You Can't Always Get What You Want
 >>アンコール
20:(I Can't Get No)Satisfaction


***

―まだ、水曜日か…(^^)。
まぁ、この週末までもう少しの辛抱です。(笑)
土曜日のお花見、そして、日曜日のストーンズ見((^^)、友人、仲間たちと大いに楽しみます!!




追記)

一応、4月2日「さいたま公演」に於ける当日券情報を。

既に、3月31日付けの新聞告知記事、ウェブ上等で目にされている方、また、ご友人、お知り合いから聞き及んでいる方も少なくないかと思いますが、

**「当日券は14:00より会場にて発売いたします!!」(~JECインターナショナル公式サイト中より)

―とのことです。

何せ、今回の「さいたま=アリーナ・ショー」のチケット代は高額!
先行予約したものの止む無くキャンセル…と云ったケースが、他公演以上に発生したのでしょう。



補足)

◆◆当ブログ内ストーンズ関連記事は、こちら

by oh_darling66 | 2006-03-29 13:02 | *Pops,Rock雑談
●〔Pops,Rock雑談Vol.10〕ストーンズ「ア・ビガー・バン・ツアー日本公演」開幕!!―参戦その1
~「ア・ビガー・バン・ツアー日本公演」初日(3月22日・水曜日/東京ドーム20:05―22:10)鑑賞メモ
→◆参戦その2(3月24日/東京ドーム)|◆参戦その3(4月2日/さいたまSA)|◆参戦その4(4月5日/ナゴヤドーム)



こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。

さてっ! 今日の仕事が終われば週末ですね!!

私め、今夕は「ア・ビガー・バン・ツアー日本公演」2日目に参戦します!

もう、初日(※3月22日「東京ドーム」)に、今の彼らの元気なステージを目の当たりに出来ましたからね~、
もう、2度目の今回は、より、純粋に堪能するばかりです!!

c0055456_7463243.jpg


◆◆「ア・ビガー・バン・ツアー日本公演」初日
(3月22日・水曜日/東京ドーム20:05―22:10)


―そう、僕も一昨晩、無事、初日参戦を果たしました!! JJFで幕を切りSatisfactionで締めくくられる全21曲およそ2時間強、ここ暫(しばら)くのライブに於ける定番曲はもとより、新作アルバムからの3曲、また、『December's Children』からの2曲(“As Tears Go By”、“Get Off Of My Cloud”)なども含め、まずは、僕に取って、初日特有の会場内に在る緊張感も相俟って改めて新鮮なインパクトがあり、また、味わい深いライブでした!!
c0055456_748430.jpg
〔◆Phは、2003年Licks Tour中〕

***

・・・そう、

“She’s So Cold”(3曲目)、“As Tears Go By”(6曲目)、“Tumbling Dice”(7曲目)、

今回の所謂“ビガバン・ツアー”で初ライヴお披露目となった“Sway”(5曲目)、

中ほど(10、11曲目)での“This Place Is Empthy”、“Happy”と続くキース(◆公式サイトのレパートリーだって…(^^)

さらに、Bステージでの“Get Off Of My Cloud”(14曲目)、

終盤の“Paint It Black”(17曲目)、

アンコールでの、“You Can’t Always Get What You Want”(20曲目)、

など等と言ったあたりが、僕に取っては、今顧みて、初日の要所でした。つまりは、数多くの要所が有って^^気の緩(ゆる)む間の無い、あっという間の2時間強だったと!!


***

・・・一緒に参戦した親友とも感慨なりが一致したのですが、
妙に“Paint It Black”が新鮮に受け止められました、とても気持ち良かったなぁ…。
ロニー・ウッド(◆公式サイトのペダル・スチール(?)の生み出すシタール的うねりが、或るトリップ感に誘ってくれましたねぇ…。

1965年発表のアルバム『December’s Children』からの2曲中ですと、
殊に、ミック(◆公式サイトの「この曲覚えてる?/コノキョクオボエテルゥ?((^^)」と云った、まぁ、およそ実感のこもらぬ((^^;日本語から始まる“As Tears Go By”などは、しみじみ聴き惚れました…。(―しかし、ミックの日本語MC、今回は妙に多かったような!Bステージに移動した直後でのスタンドを見回しての「うーんイイ眺め!/ウーンイイナガメッ!((^^)」やら、先の「WBCでの日本優勝」を祝すような日本語での呟(つぶや)きとか、また、思い出せたら纏(まと)めてみようかな^^...と。)

しかし、チャーリー・ワッツ(◆The Rosebud Agency Web Siteなど、2年前には喉頭癌の放射線治療、手術なども伝えられ、ファンの間で今ツアーでのプレーを少なからず心配もされていた訳ですが、いやいや、健在でしたね、矢張り、ストーンズのライヴに於ける要だとしみじみと実感出来ました!!



◆◆日本公演初日演奏曲(セット・リスト)

01:Jumping Jack Flash
02:Let's Spend The Night Together
03:She's So Cold
04:Oh No Not You Again
05:Sway
06:As Tears Go By
07:Tumbling Dice
08:Rain Fall Down
09:Night Time Is The Right Time
 >>メンバー紹介
10:This Place Is Empty
11:Happy
12:Miss You
 >>Bステージへ移動
13:Rough Justice
14:Get Off Of My Cloud
15:Honky Tonk Women >>メイン・ステージに戻る

16:Sympathy For The Devil
17:Paint It Black
18:Start Me Up
19:Brown Sugar
20:You Can't Always Get What You Want
 >>アンコール
21:(I Can't Get No)Satisfaction


***

―さて、あと、6時間ほどで(※現在、昼休み中)日本公演2日目の幕開きです!!

(※明日以降、改めて、追記するなり致します!!)




補足)

◆◆当ブログ内ストーンズ関連記事は、こちら

by oh_darling66 | 2006-03-24 13:51 | *Pops,Rock雑談
■〔映画雑談Vol.18〕“The Black Dahlia”/『ブラック・ダリア』(※2006年10月全米公開)メモ―その2

こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。

◆◆ついに、ストーンズ・ウィーク突入!!
僕の参戦は、まず最初が、今回の「ア・ビガー・バンツアー日本公演」初日となる22日「東京ドーム」(17時会場、19時開演)です!!
c0055456_12422921.jpg

まだ、各会場共にチケット等購入できるようですから、この、端的に言って、これが最後のワールド・ツアーとなるかもしれず、まずは、ロック・シーンに於いて、アメリカに誕生したブルースの継承と云った部分を始めさまざまな意味合いで歴史的な足跡を残して来たロック・バンド“The Rolling Stones”のライブに興味が沸き始めた10代、20代の若い方々も、一応^^、招聘元(JECインターナショナル)のサイト等を覗いてみては如何でしょうか。

■JECインターナショナル
http://www.jec-international.co.jp/

■Rolling Stones(公式サイト)
http://www.rollingstones.com/index.php

まぁ、何はともあれ(^^)、それぞれのライヴに於いてどんなセット・リストとなるか、また、オープニングは何で来るか、Bステージの3曲は如何なるものとなるか等々を考えるだに気持ちが高揚して来るばかりです。



◆◆さて、当ブログに於きまして、既に昨年10月26日のエントリー中でチラと触れた、ブライアン・デ・パルマ監督の最新作となる“The Black Dahlia”/『ブラック・ダリア』(※邦題未定)ですが、ポスト・プロダクションの段階ながら、今後少しずつ各種情報等外に出てくるようですから、当方でも少しずつそれらのメモを残して行く事といたします。
c0055456_129867.jpg
〔◆左:ジョシュ・ハートネット、右:ヒラリー・スワンク〕


〔**
*〕本作は1947年に全米を震撼させ現在まで未解決の猟奇的殺人事件「ブラック・ダリア事件」/「エリザベス・ショート殺人事件」を扱ったジェイムズ・エルロイ(1948年生)による原作『ブラック・ダリア』〔◆文春文庫ブライアン・デ・パルマ監督による映画化。

原作はL.Aに於ける、警察、政界、ハリウッド、マフィアなどに及ぶ相当数の登場人物が登場する群像劇らしい。
c0055456_12133942.jpg
〔◆左から、ジョシュ・ハートネット、アーロン・エッカート、
スカーレット・ヨハンソン〕


〔*
**エルロイが1987年に著した『ブラック・ダリア』を第1作目とする、<ロス暗黒史4部作>、また、<暗黒のLA四部作>などとして括られるものの内の一篇が、1997年にカーティス・ハンソン監督によって映画化もされた『L.A.コンフィデンシャル』〔◆文春文庫(※原作)IMDb(※映画|下Ph)
c0055456_1217372.jpg

c0055456_121825100.jpg

***〕原作者のエルロイについては、ウェブ上でも多々記述がありますので当座触れずにおきますが、例えば、これまでにTV脚本なども残していますし、これから公開される何本かの映画の脚本(※内一本がウィリアム・フリードキン監督が取り掛かっているとされる“The Man Who Kept Secrets”)も手掛けているようです。

あと、興味を引くのが『ワンダーボーイズ』(2000/カーティス・ハンソン|※下Ph)への出演、これ、カーティス・ハンソンの映画中では、僕に取っては『L.A.コンフィデンシャル』に劣らずに大好きな一本なのですが、映画中のパーティー・シーン(?)にチラと姿を見せているようですね。遅かれ確認してみたいところです。
c0055456_1224261.jpg

―そう、おそらくは、エルロイカーティス・ハンソンは、1997年の『L.A.コンフィデンシャル』に於ける映画制作中から良好な信頼関係を築き上げることが出来たのでしょう。僕の推測に過ぎませんが、『ブラック・ダリア』の映画化の話が製作サイドより立ち上がった当初に於いては、監督候補にカーティス・ハンソンの名も挙がっていたのではないでしょうか…。

c0055456_12304640.jpgc0055456_12311253.jpg
〔◆左Ph中央:『イン・ハー・シューズ』演出中の
カーティス・ハンソン、右Ph:ジェイムズ・エルロイ〕




【作品メモ】

◆スタッフ、キャスト

IMDb(Full Cast and Crew)

◆公開日予定

**アメリカ・・・2006年10月13日
**フランス・・・2006年12月06日


【『ブラック・ダリア』(※2006年10月全米公開予定)メモ―その2・終】




〔当ブログ内の関連記事〕

>>ブライアン・デ・パルマ関連

■〔映画鑑賞メモVol.6〕『ファム・ファタール』(2002/ブライアン・デ・パルマ)

■〔映画雑談Vol.23〕今秋公開の新作映画あれこれ鑑賞前メモ―その1(前篇)

1.『プラダを着た悪魔(2006/デヴィッド・フランケル)』
2.『ブラック・ダリア(2006/ブライアン・デ・パルマ)』鑑賞前メモ―その3
3.『LOFT ロフト(2006/黒沢清)』

―&「2006年・第63回ヴェネチア国際映画祭」関連メモ、オダギリジョー関連メモ



>>スカーレット・ヨハンソン関連

■〔映画雑談Vol.9〕映画館での地震体験~『アイランド』(2005/マイケル・ベイ)鑑賞メモ
by oh_darling66 | 2006-03-20 12:54 | *映画雑談
■〔映画雑談Vol.17〕ストーンズ・ウィーク目前!!今の内にあれこれ映画館に足を運んでおかねば...

さて、来週は、言うなれば「ストーンズ・ウィーク」!(⇒◆当ブログ内、ストーンズ関連記事
22日(水)の「東京ドーム」から、いよいよ、“ア・ビガー・バンツアー日本公演”が幕を開けます!!

そろそろ、彼らメンバーの気持ちもこちらに向かい始めていることでしょう!!

c0055456_236304.jpg


ミック:「コンバンハ、ミックで~す^^
ボクのココロは既にそちら日本に向かってま~す((^^)」



―で、その一方で、
現在、アカデミー賞受賞作などを含め、僕に取って観たい映画も数多く公開中ですから、
「春分の日」あたりまでに、出来るだけ映画館に足を運ばねば...と言ったところ。


・・・あ、ご挨拶が遅くなりました(^^)
こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。

こちら東京も徐々に暖かくなっています。
僕の実感で言いますと、先週中ほどから、日中にダウン・ジャケットなどを着ているとやや汗ばむほどにはなっていますね。私め、今週に入ってから、黒のダウン・ジャケットからパープルのダウン・ジャケットに衣替えしました!・・・って意味が無いですかね^^

………(間)………



◆◆◆さて、

今週も数多くの方々のご来訪を頂き誠にありがとうございます!

まずは、
まだ、ご挨拶、お返事かなっていない方々に簡単ながらご挨拶だけでも...

映画を観たよ/なななさん
華やぐ時間/華やぐ時間さん

初めまして、ようこそお越しくださいました!

ご挨拶が遅くなってしまい申し訳ありません。
「アカデミー賞受賞結果」/『クラッシュ』のエントリーへのご来訪ありがとうございます!
後ほど、改めて、個々にお返事させてくださ~い。


***

KAZ/さらば夏の日さん

ストーンズ関連のエントリーへようこそ、
3年前の大阪ドームでのBステ3曲のお応え感謝です!!

いよいよ来週は「ストーンズ・ウィーク」突入ですね!
まずは、22日、Bステにどんな曲を持ってくることやら!!
まずは^^体調等こわさずに上京して来てくださ~い(笑)



◆◆◆◆え~、先日のエントリーでチラと書きましたように、

先の日曜日(3/12=財布の日^^)には、夕方から新宿に出て、妻へのホワイト・デーの贈り物を購入したのですが、彼女の方は僕より先に家を出てあちこちをチェックしていましたから、その甲斐あって、僕と新宿で落ち合った頃には、欲しいものを絞り込んでいてくれました。

ともかく、思っていた以上に(^^)スムースに今回の買い物(―春物のカーディガン、パンプスの2点)を済ませられ、久々にのんびりと晩御飯、お酒等をゆっくり楽しむことが出来ました。

パンプスの方は早速仕事先に履いて行ったようですから、贈り物をした甲斐もあったというものです。((^^)



◆◆◆そして、やはり、先日のエントリーでチラと書いたのが、「第78回アカデミー賞授賞式」〔◆当ブログ内の関連エントリーのNHK BSでの放映日なのですが、

どうやら、先に書いた3月19日放映のやつは、その前日に放映する“授賞式のダイジェスト版”に於ける、さらに、短いやつのようです。

―で、今回は両方明記しておきま~す。

■以下、「BSオンライン」より

〔1〕「第78回アカデミー賞授賞式のすべて」(BS 2)⇒3月18日(土)午後7:30~10:00

〔2〕「第78回アカデミー賞授賞式・総集編」(BS hi)⇒3月19日(日)午後1:05~2:35

―尚、放映日時等は各自ご確認のほどを~!

◆◆◆◆さてさて、明晩あたりは、連れと時間が折り合えば、一本映画を見に行くかもしれません。

『アメリカ,家族のいる風景』(2005/ヴィム・ヴェンダース)、そして、『ホテル・ルワンダ』(2004/テリー・ジョージ)のいずれかです。

まず、『アメリカ,家族のいる風景(2005/ヴィム・ヴェンダース)』〔◆IMDbは、ヴェンダース〔※下Ph〕最後の「アメリカ映画」となるであろう作品。ヴェンダースは本作を撮った後、8年間暮らしたアメリカを離れ故郷ベルリンに戻っています。
c0055456_23866.jpg

今、あれこれお喋りする余裕はありませんが、ヴェンダース節目の映画であることはもとより、我が贔屓女優の一人、エヴァ・マリー・セイント〔◆当ブログ内エントリーIMDbの出演も、当然、僕に取っては本作を鑑賞に向かわせる大きな動機づけと為っています!!

そして、『ホテル・ルワンダ』〔◆IMDbは、せめて今観ておきたい…という素朴な思い、加えて、主演を務めるドン・チードルの演技を目の当たりにしておきたいがゆえに。
―ともかく、ドン・チードル、去る2004年は、本作『ホテル・ルワンダ』、そして、『クラッシュ』〔◆当ブログ内エントリーと広く高評を得た映画への出演が続いた訳ですね…。

まぁ、まずは明日あたりに、どちらか一本を鑑賞しておきたいなと…、
最後に、上記2本のタイム・スケジュールを私的な覚え書きとして置いておきます。


『アメリカ,家族のいる風景』(2005/ヴィム・ヴェンダース)
c0055456_23103172.jpg

>>シネスイッチ銀座(※3/10・金~)

11:00/13:45/16:30/19:15~21:35(終)


『ホテル・ルワンダ』(2004/テリー・ジョージ)
c0055456_2311308.jpg

>>新宿武蔵野館

◇3/10(金)~3/17(金)

10:40/13:10/15:40/18:10/20:40~22:55(終)

◇3/18(土)~

21:15~23:20(終)


―尚、上映時間などは各自ご確認のほどを!



それでは、まだまだ、夜など冷えますから、
皆さん、お体ご自愛のほどを。
それではまた~!!

by oh_darling66 | 2006-03-16 20:31 | *映画雑談
◆◇エントリー未満(※覚え書き、未完成エントリー等)―その5
~◆◆「僕に取って、4回目、5回目の鑑賞でもって、さらに輝きを増す映画...」(仮題)とでも云ったテーマを自らに課し、あれこれ構想中なりぃ~!マイペースで行きます(^^)


こんにちは~、ダーリン/Oh-Wellです!

いやぁ、先の一週間はあれこれ多忙で一度しかエントリーが叶いませんでした。

そんなこんなで、当方に頂戴したコメント、TBのお返事など少々遅れておりますが、追ってしっかり(^^)お返事させて頂きま~す!!

まずは、この一週間の沢山の方々のご来訪、そして、拙ブログ一周年のお祝い等々に心より御礼を申し上げます、本当にありがとうございました~!!

まぁ、そんなこんなの(^^;一週間でしたが、
昨夕(3/11)ようやく、当方に於きます、第78回アカデミー賞関連のエントリーが≪完結≫いたしました。
c0055456_16562811.jpg

3月5日にエントリーした「友人たちとの6部門予想」の上に、授賞式を鑑賞しての所感等、そして、今回見事作品賞の栄冠に輝いた『クラッシュ』(2004/ポール・ハギス)の鑑賞プチ・メモを加えたものです。

こうするのが、一番合理的かな、見やすいかなと思ってはいたのですが、
何せ、授賞式の録画DVDを観れたのが3月9日ですし、文章を書くことに中々連続して時間を費やせなかったこともあり、しばらくの間、お越しくださった皆さんに中途半端なままのものを眺めさせてしまいました…。大変申し訳ありませんでしたm(_ _)m

今日時点で、まだ、この授賞式の映像を観ておらず、3月19日のNHK・BSでの放映〔※詳細はこちらで各自御確認のほどを!〕等まで待たれている方も少なくありませんよね…。
(⇒註:どうやら、3/18にまず2時間半枠で、さらに、3/19に1時間半枠で放映があるようです~。詳しくはこちら~!)

まぁ、そんな方々ものんびりと拙エントリーなんぞを眺めてやってくださいませ。

***

―さてっ!

3月12日、日曜日、
今日は、言わずもがな財布(さいふ→312)の日ですね~((^^)
そして、ホワイト・デー間近ですね~(^^)

さて、
僕は、これから、妻へのホワイト・デーの贈り物を買いに新宿、渋谷に出かけます。
彼女は昼過ぎには家を出て、今頃は渋谷あたりでしょう。
僕からせしめる((^^;ものをあれこれ選(よ)っているはず…。

まぁ、僕ら夫婦は毎年、こう云ったイヴェント時は、お互いが大体同程度の出費になるようにしています。
僕が、先のヴァレンタイン・デーに贈ってもらったのが以前から欲しかった某USブランドのジーンズでした。まぁ、それ並みの値段のものをお返しすると…。

ともかく私め、そう、財布の日ゆえ((^^)、
街に出て要らぬ散財だけはせぬよう心に誓っている次第です!


それでは、今晩早めに帰宅できましたら、
上記に掲げたテーマでつらつらとアレコレ(^^)書き始めてみます。

それではまた~!!
by oh_darling66 | 2006-03-12 16:46 | ◆◇エントリー未満
■〔映画雑談Vol.16〕第78回アカデミー賞(3月5日開催)を楽しむ!

その2・「映画鑑賞券争奪((^^)・4者によるアカデミー賞6部門受賞予想(=最終予想)、および、結果」篇
⇒◆その1・「ノミネーション&一箇月前予想」篇はこちら!

⇒◆含、『クラッシュ』(ポール・ハギス)鑑賞プチ・メモ≪→直接飛ぶ

&お陰様で、ブログ開設一周年を迎えました!!



●2006年3月8日(水)=予想結果篇
⇒◆受賞結果〔>1:Movie Walker>2:Yahoo!Movies

こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです!

さてさて、「第78回アカデミー賞」、すでに、受賞結果は皆さん御周知のことでしょう。


〔◆上Phは、第78回アカデミー賞に於ける作品賞受賞者2人。
左:キャシー・シュルマン、右:ポール・ハギス監督


授賞式が終了してから既に丸一日以上経ちましたので、
まずは、当方での最終予想表(※下記、3月5日エントリー中!)受賞作/受賞者を明記しておきます。

そして、 juneさんKazさんホームズさん、授賞式前に、各部門に候補を出した諸作品を殆ど観れない中の予想立て本当にありがとうございました~!!

まずは、今回の予想結果を纏(まと)めておきましょう。

--------------------------------------------------------------------------------------

*予想6部門中で、

全部門制覇→0人
5部門制覇→0人
4部門制覇→0人
3部門制覇→2人( juneさん/東京代表ホームズさん/多摩代表
2部門制覇→1人(ダーリン/多摩代表^^
1部門制覇→0人
★スカ((^^;→(Kazさん/石川代表

--------------------------------------------------------------------------------------

残念ながら“勝者”(=5部門以上制覇!)は出なかったものの、 juneさんホームズさんが見事6部門中3部門の的中です!!おめでと~う!!

そして、Kazさん、惜しくも(^^)今回はスカでしたが、次回はスカッと((^^)5部門、6部門お当てくださることでしょう!?

―いやぁ、何だかんだで予想してから授賞式当日を迎えるとスリリングです!((^^)

現時点で日本に於ける公開作がまだまだ少ない中でのお三方の御参加、御健闘、誠にありがとうございました~!!


***

さて、今回のアカデミー賞に於きましては、最多受賞が『クラッシュ』作品賞、オリジナル脚本賞、編集賞|※下Ph)『ブロークバック・マウンテン』『SAYURI』『キング・コング』の4作品に於ける各3部門の受賞。
c0055456_14351841.jpg

ここ数年の授賞式を見て来た僕なりの実感で言いますと、こう云った、一つの作品に受賞が片寄らないケースの授賞式というものは観ていて物凄くスリリング! 言うまでも無く、生中継等で目の当たりしていれば尚更に…((^^)

私め、まだ、今回の授賞式の映像は目の当たりにしていないのですが、遅かれ、当日の録画を鑑賞することを大いに楽しみにしています!!



・・・でもって((^^)、先日(3/9)ようやくにして生中継の録画DVDを鑑賞できました。(◆以下、3月11日追記=『クラッシュ』鑑賞プチ・メモ含む!!)

・・・そう、今回のショーは良い意味合いで生硬な空気感が漂っていたように僕は感じ取りました。僕は好意的に受け止めています。つまり、ハリウッドが、新たなスター、映画人を持つために経なければならない今回の授賞式だったかと思っている次第です。

特に、今回、ジョージ・クルーニーがオスカーの栄冠(※助演男優賞)を得たということには、ハリウッド映画人たちが、現在居るようで居ないとも言えるであろう、アメリカ映画界のシンボルとなるような男性映画スターを持ちたいと云う心理の反映ではないかと思えました。ともかく、彼の受賞スピーチ、壇上での男映えは格好良かった!!
c0055456_18331446.jpg

そして、例えば、

今回、見事に主演男優賞の栄冠を手中にしたフィリップ・シーモア・ホフマン〔※主演男優賞受賞|下Ph:右側は主演女優賞受賞者リース・ウィザースプーン〕、これまでの彼は、スクリーン上に於いて、主に脇役ながら、常に特別な存在感を放って来ましたし、

主演女優賞を手中にしたリース・ウィザースプーンだってスクリーン上では元気一杯、怖いもの知らずな(^^)タフな印象を僕に与えてくれ続けているのですが、
c0055456_19183947.jpg

―しかし、そんな彼らのオスカー受賞した際のステージ上での初々しさ! 特に、ホフマンなど相当緊張していたような壇上での素振りスピーチぶりだったように思います。

彼は、学生時代に、友人たち(『カポーティ』の監督であるベネット・ミラー等)と「この中の誰かが、将来オスカーを獲った際には、マイクの前で犬の鳴き声をし、そのまま退場する…」とでも云った((^^)ことが実際に出来るか否かの賭けをしていたらしい〔◆FLIX moviesite〕のですが、うん、それが出来るような余裕は壇上のホフマンの姿には見て取れませんでしたねぇ...((^^)

つまりは、この舞台を経て、ホフマンにせよリースにせよ益々スターの輝きを纏(まと)って行く事と為るのでは無いかと、受賞を逃した20代から40代の俳優たちもまた然り!


***

そして、僕は、作品賞の発表から授賞式大団円の内の幕引きまでという、いつも通りのショー最大のクライマックスを今回一段と盛り上げてくれたのはジャック・ニコルソンだったと思う次第!!
c0055456_18411488.jpg

―もう、プレゼンテーターとして登場した瞬間から会場のムードが一変!!

あの、5つの候補作を発表する際の、

しわがれ声のトーンの付け方、
『グッドナイト&グッドラック』を発声した後のあの細かなギャグ的アクション((^^)…、
そして、受賞作『クラッシュ』発表後のあの会場の驚きを象徴するような仕草の可笑し味!!

最後の物凄いクライマックスを図らずも一人で演出していたかのような、うん、ニコルソンならではの千両役者ぶりでした!!


***


クラッシュ』(2004/ポール・ハギス)鑑賞プチ・メモ
さて、

僕は、作品賞候補中ですと、授賞式前に『ミュンヘン』〔◆当ブログ内鑑賞メモ『クラッシュ』〔◆IMDbを鑑賞していました。

僕に取っては、どちらも十分に見応えのある映画でした。
『ミュンヘン』は、スピルバーグの底力を感じましたし、また、スピルバーグの、せめて今、作らずには居れなかった切迫した思い、意志、情熱を感じました。

また、ポール・ハギスの監督処女作であり、今回、見事アカデミー作品賞の栄冠に輝いた『クラッシュ』は3月始めに鑑賞しました。
c0055456_18464373.jpg

―まずは、人種間の軋轢(あつれき)を核におく、映画の舞台となったL.A等アメリカ都市部に身を置く者に於いてこそ身近に、かつ、重みのあるであろうテーマを扱った映画でありながら、良い意味合いで作者のヴィジョン通りに小綺麗に纏(まと)まって行くスタイル性が一つの持ち味たる映画に感じ取れました。

今、多くを語ることは措(お)きますが、僕におきましては、ウェル・メイドな群像劇としての映画ぶりの妙味を感じ、また、要所要所の寓話的なきらめきに心奪われました。


***

冒頭、暗闇にぼんやりと示される、ドン・チードル扮する刑事の瞳に映っていたものと思しき、走行するクルマが残して行く光の連なり、

オープニング・クレジット中に現れ流れ消えて行くさまざまな色彩を放つ儚(はかな)げな光彩、

劇中何度か画面中に見て取れるクリスマス・ツリー、十字架、

病院前の彫像に、また、盗人がいつも持ち歩くマスコットに、ライアン・フィリップ扮する正義感の強い若手警官のクルマの車内に置かれたマスコットに見て取れる聖人/神の姿、

ちらつき始める雪…、

この、クリスマス前のL.Aに於ける一両日を舞台とする『クラッシュ』という映画、

例えば、二組の父娘の姿なども僕に取って容易に忘れ得ぬものと為っています。
ペルシャ人雑貨店店主の若い娘に於ける、父親をいつも冷静に思い遣っていたがゆえの或る機転の利いた行動に気づかされた瞬間に、また、鍵屋の5歳になる幼い娘の無償の行動を間の当たりにすることによって、心は不意に昂ぶり、そして、浄化されて行く…。

マイケル・ペニャ扮する、あの、妻娘を深く愛するがゆえ、他者の罵詈雑言にも耐え忍ぶ職務熱心な鍵屋なども出色のキャラクターでしたね…。彼が、夜中の銃声に怯(おび)えベッドの下に身を隠すようにしていた5歳の娘ララ(Ashlyn Sanchez)に譲る“透明マント”など、僕に取って、映画そのものを忘れがたいものにする最大の縁(よすが)と相為りました。そう、僕ら観客に見て取れぬ“透明マント”一つが、さまざまな事故や衝突を要所に置く群像劇全体を、寓話的教訓を孕(はら)む映画としてのきらめきに転じてしまうほどの素敵なマジックの如きにすら思えました。


***

そして、本作は、現代人がさまざまな理由で孤独となり孤独に苛(さいな)まれ、その中のある者は孤独に耐えがたく他者に憎悪を向け時に自滅・破滅もするし、また、ある者は不意に曇った目を覚ましもする…、そんな部分を映画の中で実に端的に示し得ているように思えました。

それ故(ゆえ)もあって、こと、アメリカ人のみが身に沁み目を瞠り心掻き立てられる映画としてばかりでなく、もっと多くの観客に訴え得る映画かもしれないと僕は思う次第です。
c0055456_18484716.jpg

そう、僕に於いては、妙に繰り返し鑑賞したくなる映画です。(※事実、まぁ、2時間を切る映画であり、最終回が遅めと云う事もあり、僕は初鑑賞から一週間と置かずに2度目の鑑賞をして参った次第です!^^)

(※3月15日、一部文章加筆)



―そう、前回、今回のアカデミー賞に於いて、作家性に優れた良質な映画の作品賞受賞が続いていることは僕なりに感じるところ。

受賞作が、大作であろうが、昨年、今年のような小さな作品であろうが僕は構わないのですが、ここ2回に於いては、少なくとも、莫大な制作費とかオールスターキャスト云々の外面(ばかり)が看板では無く、映画それ自体の充実を感じ取れる良質な映画が受賞したように僕は感じています。

まずは、アカデミー賞たるもの、僕のような普通の映画好きに≪アカデミー作品賞受賞作=アメリカ映画に於いて、その年を代表する良質な映画の一つ≫とでも云った点での説得力を持つものであって欲しいですね!

それでは、

また、来年に続くかも...
・・・といつも通りの一文で((^^)締め括りとさせて頂きます。

そして、当エントリーが本日(3/11)完成する前からご来訪ご御拝読くださっていた方々、コメントをお寄せくださった皆さん、TBをくださった皆さん、本当にありがとうございました。(※ス**TB、コメントは別です^^、友人たち、心温かい皆さんと一緒にはできませ~ん)

私め、この一週間は中々更新等、また、迅速な各種(^^)お返事など出来ませんでしたが、大変申し訳ありませんでした。

何はともあれ(^^)お互いマイペースで更新等して参りましょう!!

それでは、皆さん、良き週末を!!  


【第78回アカデミー賞関連エントリー・完】


尚、以下は、授賞式直前の最終予想です。



●2006年3月5日(日)=最終予想篇
→2/4(土)◆ノミネーション&一箇月前予想篇はこちら!

◆◆おはようございます/こんにちは、

先の一週間も、沢山の方々にご来訪頂きまして、誠にありがとうございます。
そして、初めてご来訪の方、ようこそお越しくださいました~!

私め、今日『ブロークバック・マウンテン』を鑑賞予定で、また、昨日はストーンズ追加公演の先行予約をしたところの、
平凡な、映画好きRock好きであるところの((^^)ダーリン/Oh-Wellです。


***

うーむ、
いよいよ、「第78回アカデミー賞授賞式」(◆ノミネーション、2月4日時点での予想等はこちら)目前です!! WOWOWの生中継は明日(3/6)朝8時50分からですね!

さて、当方に於きます、昨年の「映画鑑賞券争奪・4者によるアカデミー賞6部門受賞予想」では、勝者(※6部門中5部門的中)は出ませんでした。
今回こそ、他の皆さん(―前回に引き続き、 juneさんKazさんホームズさんと云った私めの友人たち)に栄冠を手にして頂きたいものです。
c0055456_1353924.jpg
〔◆上Phは、第75回アカデミー賞に於ける、主演女優賞受賞者ニコール・
キッドマン
〔左〕、助演女優賞受賞者キャサリン・ゼタ・ジョーンズ〔右〕。〕



◆◆さてさて、<※来年につづくかも>で締め括った、前回の「映画鑑賞券争奪・4者によるアカデミー賞6部門受賞予想」な訳ですが、思えば、あれから早一年です。

・・・そう、拙ブログが、プレ・オープン(^^)を経て、本オープンを果たしたのが、実は昨年の「3月5日」でした。

えぇ~、当方「太陽がくれた季節」も、日々遊びに来てくださる皆さんのお陰を持ちまして、本日を以って丸一周年を迎えることが叶いました!!

オープン当初より、「楽しく遊んで行きたい/純粋に道楽探究したい」と素朴に願い、実際に、今日まで方向転換することなく(^^)楽しくあれこれやって来れましたのも、ひとえに、遊び上手で心温かい大人な皆さんが遊びに来てくださったがゆえ!!

もう、ひと言、ふた言、み言…で、感謝の思いは言い表せませんし、
また、行き届かなかったあれこれにお詫びをしようにも、もう、今さら((^^;どう言っていいのやら...(―すみません^^)


***

まずは、この一年間、TB、コメント、メール、飲み会…さまざまな形で暖かく接してくださった皆さんに心より御礼を申し上げます、ありがとうございました!!

これからも、私め、マイ・ペースで遊んで参りますので、
御常連の方々、そして、初めてお越しくださった方々共々、何卒宜しくお願い申し上げる次第です!!

ようやく寒さも緩みつつある昨今ですので(^^)、僕も冬眠状態を脱し、皆さんのサイト、ブログにもどんどんお邪魔したく思っておりま~す!!



◆◆◆さて、もとい(笑)、

前回「第77回アカデミー賞授賞式」に於ける、
当ブログ「映画鑑賞券争奪・4者によるアカデミー賞6部門受賞予想」の結果ですが、

--------------------------------------------------------------------------------------

*予想6部門中で、

全部門制覇→0人
5部門制覇→0人
4部門制覇→1人(ダーリン/多摩代表^^
3部門制覇→1人( juneさん/東京代表
2部門制覇→1人(Kazさん/石川代表
1部門制覇→1人(ホームズさん/多摩代表

--------------------------------------------------------------------------------------

―でな按配でした。


***

◆◆◆さてっ、それでは、今回「第78回アカデミー賞授賞式」に於ける6部門予想(=最終予想表)をお示しいたしましょう。
映画ファン4人の遊びゆえ、お気軽に眺めて頂きますよう!
(―尚、各部門に於ける画像は、運営者の特権で^^、僕が推す作品、監督、俳優のものを使用しま~す。)


◆作品賞・・・受賞=『クラッシュ』(ポール・ハギス)


juneさん『ミュンヘン』(スティーヴン・スピルバーグ)
Kazさん『カポーティ』(ベネット・ミラー)
ホームズさん『ブロークバック・マウンテン』(アン・リー)
ダーリン『ブロークバック・マウンテン』(アン・リー)
c0055456_13205963.jpg


◆監督賞・・・受賞=アン・リー~『ブロークバック・マウンテン』


juneさんアン・リー~『ブロークバック・マウンテン』
Kazさんポール・ハギス~『クラッシュ』
ホームズさんアン・リー~『ブロークバック・マウンテン』
ダーリンアン・リー~『ブロークバック・マウンテン』
c0055456_13233629.jpg

〔◆上Phは、第62回ベネチア国際映画祭・金獅子賞受賞時〕


続きを読む>>>
by oh_darling66 | 2006-03-05 14:42 | *映画雑談
●〔Pops,Rock雑談Vol.9〕ストーンズ来日公演「さいたまスーパーアリーナ追加」決定!!
~3月3日付の「読売新聞」「朝日新聞」両首都圏版朝刊紙面にて、「さいたまスーパーアリーナ追加公演決定」、および、「チケット先行予約受付」の告知記事が掲載されました!!


c0055456_0482382.jpg

こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです!

今週も連日、沢山の方々のご来訪を頂き、また、数多くのコメント、TBを頂戴し心より感謝しておりますm(_ _)m

今日は3月3日、桃の節句、雛祭りかぁ…
お祭りはいいもんだなぁ…^^、
3月5日は映画界最大のお祭り「アカデミー賞授賞式」
3月22日からはロック最大級のお祭り「ストーンズ公演」が愈々日本にも…、
矢張り、お祭りあってこそ………(後略^^)。


***

〔1〕さて、

ちょうど一週間前(3/24・金)に、少々不安な気持で((^^;エントリーした、
ストーンズ来日公演(ア・ビガー・バンツアー/“A Bigger Bang' tour”日本公演)に於ける「さいたまスーパーアリーナ追加公演」ですが、今朝購入した「読売新聞(都内版)」に告知記事が掲載されていました!



3月24日のエントリー

●〔Pops,Rock雑談Vol.8〕ストーンズ来日公演、追加公演決定!?
ストーンズ来日公演に於いて、「4月2日(??)さいたまスーパーアリーナ追加公演」決定の模様なのですが...


―は、こちら!

〔2〕やったー! しかし、ストーンズ・ファンの間で噂されてもいた通り、チケット代は相当な高値~
c0055456_050094.jpg

私め、今回新聞告知が為された、4月2日(日)開催の「さいたまスーパーアリーナ公演」を取るか、4月5日(水)開催の「ナゴヤドーム公演」を取るか、明朝を迎える前には決断せねばなりません...(^^)


―以下、3月3日(金)「読売新聞」朝刊に掲載された記事の要所を個人的な覚え書きとして置いておきます。

*****************************************************************

>>概要

開催日:4月2日(日)
会場:さいたまスーパーアリーナ(※JR「さいたま新都心駅」下車)
開場16:00
開演18:00


>>先行予約日時etc.

◇3/4(土)、3/5(日)
先行予約特設ダイヤル
0570-004102(10:00―18:00)
―にて受付。


※JEC公式サイト上でのオンライン予約も実施される模様(―尚、JEC絡みの情報は、各自、「JECインターナショナル」公式サイトでご確認のほどを~)

◇チケット代(各税込)
ゴールデンサークル席(限定席):65,000円
S席:35,000円
A席:28,000円
B席:18,000円


*********

主催:WOWOW
後援:読売新聞社、ニッポン放送、FM NACK5
特別協賛:MSN Japan
協力:東芝EMI、ユニバーサルミュージック
招聘/企画/制作:JECインターナショナル

*****************************************************************


・・・うーん、矢張り、特に、東京周辺に住むストーンズ・ファンに取っては「さいたまスーパーアリーナ公演」は捨てがたいよなぁ...

(―ひよこさん、お昼前に頂いたコメント、楽しく拝読しました!
さいたま公演はご夫婦でS席でしょうかぁ~!?

そうですよね…、折角のアリーナ・ショーですものネ………(後略^^)。


***

―最後に・・・

c0055456_050591.jpg
私め、昨日のエントリーで書きましたように、この土、日までに、新作映画を2本ほど鑑賞予定です。

まずは、今夕、妻と一緒に『クラッシュ(2004/ポール・ハギス)』を鑑賞して参ります!!

僕は本作に於きましては、L.Aを舞台にした、幾つかの(?)犯罪を巡っての群像劇…などと云ったことくらいしか把握していませんが、まずは、『ミリオンダラー・ベイビー(2004/イーストウッド)』の脚本で一躍世界的な注目を浴びたポール・ハギス自らの脚本による劇場映画初演出の成果が素朴に楽しみです! 

―ともかく、劇場映画処女作にしてのオスカー6部門ノミネーションには、ポール・ハギスの非凡な才気、運の強さ、そして、何よりも『クラッシュ』という映画自体の質の良さ、面白さ、今日のアメリカ映画にあっての何らかの新鮮さ/新味等々が反映されているのかと推察する次第…。

(◆上Phは、『クラッシュ』出演者の一人であるライアン・フィリップと、その奥さま(^^)リース・ウィザースプーン


それでは、また、明日お目にかかりましょう(^^)
皆さん、楽しい週末を!!



補足)

◆◆当ブログ内ストーンズ関連記事は、こちら

by oh_darling66 | 2006-03-03 17:42 | *Pops,Rock雑談
◆◇エントリー未満(※覚え書き、未完成エントリー等)―その4
~寒さゆるむ3月を迎えてあれこれ...


こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。

・・・暦は3月に変わりました。
昨日(3/1)の東京は終日雨降りでしたねぇ、
今日も曇り勝ちですが、昼の2時過ぎ現在、2月にあった寒さは感じません。

さて、映画ファンに取っては、「アカデミー賞授賞式」〔◆Academy of Motion Picture Arts and Sciences(映画芸術科学アカデミー)公式日本語サイトMovie Walker〕も愈々目前と云った時期に為って来ましたネ!
c0055456_343160.jpg

〔◆上Phは、グレイス・ケリー(第27回アカデミー賞・主演女優賞受賞)〕


***

―さてさて、
昨年12月に新設した、覚え書き、未完成エントリー等をポツリと置いておく新カテゴリーであるところの「◆◇エントリー未満」も、今回で、早、第4回目を迎える按配となりましたぁ~!―て、まぁ、こんな事はどうでもいいっすね...(^^)

まぁ、この月あたりから漸(ようや)く“春”というものが見えて来ますよね、
まだまだ寒い日もあるでしょうが、ここまで来れば、春を心待ちに何かと気持ちも前向きになるとっ!!

そう…、3月21日が「春分の日」、翌日22日からは我らが(^o^/ストーンズ(※たまには^^公式サイトにリンク!)の来日公演も始まります!!

(―えぇ~、ストーンズ・メジャー・リーガー^^の皆様、当方のメーラー不調で先の集まりのお礼等々が遅れてしまっています。申し訳ありませぬ、後ほどまたチャレンジしま~す!!)

***

さてさて、私め、この土、日までに架けては、来たる3月5日(※米国L.A現地時間)に開催される「第78回アカデミー賞授賞式」を睨(にら)んで…という訳ばかりでもありませんが、2本くらいは映画館に足を運んで来たく思っています! 明晩あたりには、久々に、仕事帰りに妻と映画鑑賞でもしてみようかな…とも思っている次第!!
c0055456_351234.jpg

〔◆上Phは、前回授賞式で作品賞、監督賞を手中にしたクリント御大!〕



尚、当ブログでは今週中に、昨年同様、「4者による6部門受賞予想」をエントリー予定でーす。
今日、明日あたりには、全員の予想が僕のもとに集まるはずです。
さて、今回はダーリン/Oh-Well賞(※「映画鑑賞券」⇒詳しくは昨年のエントリーにて)の栄冠^^を手にする勝者は現れるか否か!?

c0055456_36446.jpgc0055456_363963.jpg

〔◆Phは、左から、目を奪うダンディーな着こなしぶりが毎回楽しい(^^)ショーン・コネリー(於、第75回アカデミー賞)、そして、ニコール・キッドマン(第75回アカデミー賞・主演女優賞受賞)〕


***

―最後に、

この土、日までに鑑賞したい映画のタイム・スケジュールを私的な覚え書きとして置いておきます。

・・・そうそう、あと、先日、ある飲み会の席で、あるおサムライ様(^^)から『スティーヴィー』というドキュメンタリー映画を熱心にお薦め頂き、また、あるお姫様(^^)からは、『ホテル・ルワンダ』の一映画としての素晴らしさをクールに語って頂きました。ありがとうございま~す!
この2本も忘れぬよう、タイム・スケジュール等の覚え書きを残しておきま~す。



◆◆『クラッシュ(2004/ポール・ハギス)』〔>1:公式サイト>2:Movie Walker

>>新宿武蔵野館

10:50/13:20/15:50/18:20/20:50~23:00(終)
c0055456_381714.jpg
c0055456_3154340.jpg
[備考]PG-12/時間変更の場合有り


◆◆『ウォーク・ザ・ライン/君に続く道(2005/ジェームズ・マンゴールド)』〔>1:公式サイト>2:Movie Walker

c0055456_3102252.jpg>>テアトルタイムズスクエア(新宿)

10:35/13:20/16:20/19:20~21:55(終)

[備考]PG-12/ギター持参者は2名まで1名¥1000


◆◆『ブロークバック・マウンテン(2005/アン・リー)』〔>1:公式サイト>2:Movie Walker
⇒3月4日(土)より渋谷・シネマライズにて先行上映、3月18日(土)より全国公開

>>渋谷・シネマライズ

10:50/13:40/16:30/19:20~21:50(終)
c0055456_311730.jpg
[備考]全席指定・定員入替制/PG-12/(日)の19:20の回は¥1000均一


『スティーヴィー(2002 or.2003/スティーヴ・ジェームズ)』〔>1:公式サイト>2:Movie Walker

c0055456_3121711.jpg
>>ポレポレ東中野

10:45/13:40/16:35/19:30~22:05(終)


『ホテル・ルワンダ(2004/テリー・ジョージ)』〔>1:公式サイト>2:Movie Walker

>>新宿武蔵野館(※3/4・土~

10:40/13:10/15:40/18:10/20:40~22:55(終)
c0055456_313145.jpg


―尚、いずれも、各自、上映時間などはご確認のほどを。

それでは、皆さん、良い一日を、そして、明日からの良き週末を~!
c0055456_3184374.jpg

by oh_darling66 | 2006-03-02 14:27 | ◆◇エントリー未満