excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧
■〔映画雑談Vol.12〕ブライアン・デ・パルマ監督最新作
“The Black Dahlia”/ブラック・ダリア(※2006年全米公開予定)鑑賞前メモ―その1≪→直接飛ぶ
“ヒッチコキアン”ブライアン・デ・パルマへの雑感etc.

** 「不定期連載―アルフレッド・ヒッチコック」その1は、こちら
*
*当エントリー内で触れたヒッチコック作品⇒『サイコ』『裏窓』『めまい』


05/10/26 23時50分

10月26日も、あと10分弱か...(^^)
この10月、この月らしい透明感のある晴天日は少ないものの、
まぁ、東京も秋らしくは為って来ましたかね。

夜半や明け方は肌寒くもなっています…。
疲れたら早めに休みましょう。会社を病欠する時は早めに連絡いたしましょう。((^^)

うん、何はともあれ、秋本番と言ったところですかね。
今度ガストに出向いた際はいよいよ「秋刀魚の開き、キノコおろしの秋仕立て和膳(…だったはず)」にトライしてみるかなぁ…。


―ご挨拶が遅くなりました。((^^)

こんばんは、今宵いかがお過ごしでしょうか。

レンタルしているビデオを観る前にビールを飲んでしまい、少々眠たくなってしまっているダーリン/Oh-Wellです。

さて、これから件のビデオ(※ロバート・ワイズ監督作品です…)を観ます、延滞2日目です。何にせよ、これから観ます、仕事の準備も少々…。

その後に、久々の更新をしたいと思っております。
イメージはほぼ頭の中に出来上がっているので、何とか形に為りそうです。


***

え~、以下の3人の内の一人は、エントリー中で少し登場することと為るであろう俳優です。

それでは皆さんにチラリと登場して頂きましょう!!((^^)


◆まずはお一人目・・・スカーレット!

c0055456_23434659.jpg

スカーレットです(^^)、秋刀魚の美味しい季節ですね、
また、このエントリーの続きでお会いしましょう((^^)」



◆お二人目は・・・パルパティーンさん

c0055456_235333.jpg

「秋は淋しいねぇ、哀しいねぇ...
また元気が出てきたら登場するかもです...あ、そうだ、DVDでさ(^^)『エピソードIII』を観たらファン・レターでも頂戴な、じゃぁね((^^)」



◆最後に、ウォンカさんです!

c0055456_23574494.jpg

「こんばんは、
目黒の秋刀魚も目白あたりのお菓子も美味しい季節ですよネ、((^^)
それじゃ、またお会いいたしましょう。

くれぐれも歯を大切に!
そして、友人、家族を大切にネ!((^^)」




―という訳で、
さて、果たしてエントリーに絡むのは誰でしょうか!?(^^)

………(間)………

くだらぬ繋ぎ方で申し訳ありませんm(_ _)m

それでは、また後ほど!



05/10/28 未明・・・一昨日の続きで~す

デ・パルマ**ⅰ〕

―さて、
私め、前回(10/19)のエントリーヒッチコックにちょろっと(^^)触れた訳ですが、

この偉大なる先達を敬愛し、自作中でもって、果敢にその偉大なるヒッチコック映画にあったものに挑んでいる現役映画監督と言えば、まずは、ブライアン・デ・パルマでしょう。
c0055456_228197.jpg

他にも、例えばよく知られるところですと、生前のトリュフォーなども、
批評家時代からヒッチコックに心酔し、深く敬愛していましたし、その映画からはヒッチコック映画にあったもののトリュフォー的な援用を僕なりに見て取れることもあります。


*******

また、デ・パルマ、トリュフォーほどのヒッチコキアン(※所謂、ヒッチコック崇拝者)でなくとも、ヒッチコックの創造した映画にはさまざまな映画監督がさまざまなレヴェルで傾倒しているように思えます。
例えば、ヒッチコック映画中最も著名なシーン中の一つであろう『サイコ』(1960)のシャワー・シーンだけを取ってみても、パロディーを含めれば、『サイコ』公開以降これまでに相当数の監督によってさまざまに扱われて来たのではないかと思います。
c0055456_343519.jpg

―今、僕がここ数年ほどの間に観た映画の中でパッと思いつくパロディー的な援用だけでも、
『ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション』(2003)でのもの、
そして、先ごろ鑑賞したばかりの『チャーリーとチョコレート工場』(2005)でのものが有りますねぇ…。

―しかし、そのキャリア中に於いて、一貫してヒッチコックを意識し、果敢に挑み、多くの自作に(良くも悪くも観客に分かり易く)反映させて来た映画作家となると、デ・パルマ以上の存在は無いだろうと僕は思う次第です。



〔デ・パルマ**ⅱ

さて、
デ・パルマがヒッチコック映画中にあったものから引用/援用したものを、
僕に取って分かり易いところから思い出すままに箇条書きレヴェルで挙げてみますと、


***愛のメモリー(1976)』(※下Ph)
c0055456_1491686.jpg
◆主人公に取っての最愛の女性の死、そして、その女性と瓜二つの女性の出現
『めまい』(1958)


***『殺しのドレス(1980)』(※下Ph)
c0055456_1534660.jpg
◆一個の人間に同居する二つの人格
◆シャワー室に於ける殺人…
『サイコ』(1960)

◆美術館
『めまい』(1958)


***ボディ・ダブル(1984)』(※下Ph)
c0055456_158119.jpg◆心的障害(疾患?)を克服せんとする主人公(※片や「閉所恐怖症」、片や「高所恐怖症」)
◆ヒロインを尾行する内に彼女の虜になって行く主人公
『めまい』(1958)

◆カメラ、望遠鏡による覗き、監視
『裏窓』(1954)

―等等々、多々挙がってくるので、
うん^^、ここら辺については、「不定期連載―アルフレッド・ヒッチコック」(※連載第1回目はこちらの方で、いずれ触れ直してみる事にいたしましょう。


*******

うーん、何は兎も角も((^^)、
ヒッチコックは、多くの美質を備えた映画作家だったと思いますねぇ。

そして、
デ・パルマだって、まぁ、映画作家としての幾つかの美質を備えていると思う訳ですが、

両者とも、まず一つには何と言っても、
その特異な映像表現あってこそ、観客を視覚的に夢中にさせて来た映画作家なのだと思います。

まぁ、今回はそこら辺(―特異な映像表現あってこそ云々…辺り(^^))の掘り下げは措(お)かせて頂きます。




デ・パルマ**

さてさて…、
斯様なヒッチコキアンたるデ・パルマ監督の最新作となるであろう映画が“The Black Dahlia”/ブラック・ダリア(※全米で2006年10月公開予定)、

続きを読む>>>
by oh_darling66 | 2005-10-26 23:57 | *映画雑談
◆「不定期連載―アルフレッド・ヒッチコック」その1:ヒッチコックを含む、映画に於ける「巨匠」...

こんにちはー

うーん、ここ数日来、冴えぬ天気がつづいていますねぇ(※東京地方)...

―さて、
先の土・日は、それぞれ六本木、日比谷に足を運び一本ずつ映画を鑑賞して来ました、

土曜日(10/15)には、ようやく『チャーリーとチョコレート工場』(2005/ティム・バートン)を鑑賞出来(※下Phは、9月某日の新宿ピカデリーにて)、

c0055456_0322176.jpg

日曜日(10/16)には、封切2日目の『アワーミュージック』(2004/ジャン=リュック・ゴダール)を鑑賞して参りました、

c0055456_074981.jpg

僕に取っては、それぞれに見応えのある映画でした、

それら、バートンゴダールの新作は、その舞台となるところの雰囲気だけを思い起こしても、
片や無国籍で人工的な虚構性に終始する印象ですし、片や、2004年製作当時のサラエヴォを主舞台としながら、少なくとも現在のヨーロッパ全体が孕(はら)む空気感に通じて行くように思え(―また、映画にそのように感じさせる説得性が有ったと思っています)、同時に言う事は難しい訳ですが、

一つ感じているのは、両作品とも、監督自らのヴィジョンをこれらの新作映画に於いて的確に表現できていたのではないかと云うこと、
映画の始まりから僕を引き込んで最後まで目を見張らせてくれ、心を掴む終幕を持つ両作品でした!

また、今回は、単に、土日に2本の映画を観た満足感ではなく、
確固たる“個”を持つ映画と一本ずつ出会えたと云う充実感があります、

このふたつの作品については、遅かれ、何らかの鑑賞メモは残してみたいなぁ...


***

…そう、この週末(10/22・土)からは東京国際映画祭も始まりますね、

c0055456_0333115.jpg

10月の残り、そして、11月、
仕事から解放される週末などは出来るだけスクリーンで映画を観たり、美術展などを含めたあれこれに足を運んでおこうと思っています、ちょっとドライヴで出かけたい場所もあるんだよなぁ…、
―まずはこの10月後半、せめて土・日くらいは秋晴れとなりますよう!


***

しかし…、まぁ、私事ながら、
書きたいものは映画(―新旧あれこれ(^^))、音楽(デヴィッド・ボウイetc.)、その他(あるプロ野球人について等)沢山あるのですが、
細切れにしか時間を割(さ)けず、中々形に為って行かない昨今であります…、

そんな中、先週から今週にかけても、沢山の方に御来訪を頂きました、
そして、初めて拙ブログに遊びに来てくださり楽しく温かいコメントをくださった皆さん、御常連の皆さん、TBをくださった皆さん、誠にありがとうございます!

頂いたコメントには追ってお返事をさせてくださいませ!!



-------------------------------------------------------------------------

※私的な追伸)

―ルト(^^)さん、THX-1138さん、私信を頂きありがとうございます!当方、少々ばたばたしており、実は、送って頂いたメールを発見したのが昨夕のこと(汗;)…今日中にお返事します!!

-------------------------------------------------------------------------



さて、先週のある平日深夜に久々にヒッチコック映画をDVDで鑑賞しました、

鑑賞したのは『めまい』(1958)、もうここ2、3年ほどの期間だけでもかれこれ5回目くらいの鑑賞ながら終始わくわくと映画に魅入らされるばかりでした、

c0055456_0933100.jpg

―その、元は優秀な刑事だった主人公が、云わば“幻”の虜になって行く姿には、

10代での初鑑賞時や2回目、3回目などよりも、鑑賞を重ねて行った後年から昨今に於いての鑑賞での方が陶然と引き込まれてしまうばかりですねぇ…、

映画ファンたるもの、ヒッチコック映画を何か観てしまうとしばらく毎晩でも見たくなってしまいますよね(^^)…


***

さてさて、そのヒッチコックを含む映画に於ける「巨匠」というもの、

これなどは、そう呼ばれてはいるものの、それほど僕なんぞには「巨匠」と云った重みを感じさせないケースが昨今やや増えているようにも思えています…。

僕に取って、頭に“サスペンスの”、“メロドラマの”、“ウエスタンの”、“ミュージカルの”…等々と云った形容が特に要らぬ「巨匠」となると、

c0055456_0102319.jpg
フリッツ・ラング
アルフレッド・ヒッチコック
黒澤明
成瀬巳喜男
溝口健二
エルンスト・ルビッチ
スタンリー・キューブリック
ハワード・ホークス
ジョン・フォード

次いで、

小津安二郎、
オーソン・ウェルズ、
マノエル・デ・オリヴェイラ(―おそらくは、現在、最長老の現役映画監督でしょう、1908年12月11日生まれ、只今96才!)

―などと云った映画作家が思い浮かんで来ます、

勿論、映画ファン個々に「巨匠」として思い浮かんでくる監督はさまざまかと思います、
その定義だって努めて考えてみたところで案外個々のものでしかないようにも思います、

***

クリント・イーストウッドも最早「巨匠」と言い得るかと思いますが、
そうですね、僕の中では、その呼称は『許されざる者』(1992)から然程違和感のないものと為って行ったように思い起こします、


c0055456_242529.jpg

c0055456_2432238.jpg
また、

僕に取っては、カール・ドライヤー/(Carl Theodor Dreyer)*1**2ロベルト・ブレッソンなども巨匠という名に相応しい、彼らだけの巧まざる映像美、映画表現に紡がれた映画創造を積み重ねた不世出の天才映画作家だと思える訳なのですが、名の前に置く何らかの呼称自体が、その存在を少なからず歪めてしまうように不図感じてしまうことすらもあります、

***

一方で、僕の大好きな監督なのだけれど、
活字なり会話中の言葉なりで「巨匠」扱いされているのを見聞きすると、少なからず違和感を感じてしまう(^^)映画作家として、

ブライアン・デ・パルマ
マーティン・スコセッシ、
スティーブン・スピルバーグ
ウディ・アレン

などが僕の場合は挙げられます、

c0055456_2444448.jpg

彼らの内、スピルバーグという映画監督は、その非凡な画面作りなどの点では、例えば、先月、91年の生涯を閉じたロバート・ワイズという映画監督などと同様に、プロフェッショナルな“職人性”とでも云ったものを持っているようにも感じます、広く言い表せば、両者とも「活動屋」と言い得るかとも僕は思っています、


-----------------------------------------------------------------------------------

◆◆余談ながら…、

c0055456_0234559.jpgスピルバーグの次回公開作となるであろう“Munich”、その出演者の中には、先だって、6代目ジェームズ・ボンド役決定の報道が世界中を駆け巡った、ダニエル・クレイグの名があります…。



***

―さて、ここ「不定期連載―アルフレッド・ヒッチコック」では、
何回かにわたって、アルフレッド・ヒッチコックの映画を題材に、その時々で思いつく切り口からあれこれ書き綴ってみたいと思います、まぁ、緩々(ゆるゆる)と気楽にやって行きまーす(^^)

どうか、定期的に(^^)覗いてみてくださらんことを!!




―最後に、

あくまでも現時点での、ヒッチコック映画10傑・ダーリン/Oh‐Well篇などを...

c0055456_0252913.jpg1位・・・『北北西に進路を取れ』(1959)
2位・・・『めまい』(1958)
3位・・・『海外特派員』(1940)
4位・・・『鳥』(1963)
5位・・・『バルカン超特急』(1938)
6位・・・『裏窓』(1954)
7位・・・『汚名』(1946/左Ph)
8位・・・『レベッカ』(1940)
9位・・・『サイコ』(1960)
10位・・・『マーニー』(1964)
次点・・・『フレンジー』(1972)


(→当ブログ内の関連記事:■〔映画雑談Vol.4〕「脱力した時に心に効く映画10本・ダーリン篇」&『ライフ・アクアティック』鑑賞メモ


〔「不定期連載―アルフレッド・ヒッチコック」その1・完〕



〔当ブログ内の関連記事〕

■〔映画人物評Vol.2〕バーナード・ハーマン

■〔映画雑談Vol.12〕ブライアン・デ・パルマ監督最新作“The Black Dahlia”(※2006年全米公開予定)

by oh_darling66 | 2005-10-19 15:35 | *映画雑談
♪本日のいい訳がまし(第8回)~「古代エジプト展」の鑑賞プチ・メモ、不定期連載の予告(^^)etc.

さて、
この秋、3度目にして最後の3連休も終わってしまいましたねぇ…、
うーん、どうも休み足りません(^^)

今回の3連休は、どうやら東京辺りは天気が冴えぬことが事前から僕なりに予測できていましたので(^^)
初日などは日がな自宅で過ごしていましたし、一昨日も新宿その他を買い物や食事でぶらついた程度、

そう、昨日は、ある新作映画を一本鑑賞してきました!

c0055456_271958.jpg

これは、また機会を設けて触れてみようと思いま~す、


***

さて、先週はまとまった時間が取れず、
それこそ週初めの日曜日(10/2)のエントリーだけと相為ってしまいました、

そんな中、沢山の方々にご訪問いただけたことに心より感謝しております、
先週中に頂いたTB、コメントにも御礼を申し上げます、ありがとうございました!
当方に頂いたコメントへのお返事は追って必ずやm(_ _)m




―さてさて、

前回のエントリー(◆これから「古代エジプト展」に足を運んで参ります!)では、
Carolitaさん美中年さんにコメントを頂きました、ありがとうございま~す!!

ここで、御二方へのお返事をさせて頂きま~す、

c0055456_1504413.jpg

◆◆Carolitaさん

>「古代エジプト展」ですかっ。 実は私も、同じもの
>を福岡で6月に見たんですよっ。


そうそう!
福岡では、東京に先駆けて6月から7月に架けての開催だったようですね!

僕は、この展示会の情報を知った夏の初め頃より、
日本に於いては、ルーヴル美術館の古代エジプトコレクションの、かつて無い規模となる公開とのことでしたし、東京だけでの開催、公開ということは無いだろうな…と思っていたのですが、6月に福岡(6/4―7/18)、その後の「東京美術館(上野)」での公開(8/2―10/2)だったのですね!

c0055456_152158.jpg
>また、感想を楽しみにしています。

ありがとうございます、

僕なりに今だ印象深いものが多々有りますので、
覚え書き程度になりますが、その余韻を書き残してみたいと思っておりま~す!(―この後に、さわりだけ書いておきますね...)

c0055456_152046.jpg

c0055456_1523015.jpg


◆美中年さん

お返事が遅くなって申し訳ありませーん、

あの、ストーンズ狂(^^)が大勢集まった楽しい晩を共有出来、こちらこそ有り難うございました!!

いやはや、お互いに忙しない毎日ですから((^^)、
あの晩の楽しさ、心地好さは貴重でしたね、

まして、美中年さんとは、この前回の集まりで一度会い損なっていましたので、
久しぶりに一緒に飲み、食べ、唄い(^^)ながら、美中年さんの元気一杯の姿を目の当たりに出来僕も元気を頂きましたし感慨ひとしおでした~!!(^^)

本当にいつも気持ち良く時間が過ぎてしまう集まりですね!
ストーンズの活動再開にも感謝!!!
増して、皆さん、美中年さんに心より感謝しています!!!

***

>古代エジプト展・・・
>少し興味が有ったのですが、本日(※筆者註:10/2)
>で終わってしまったのですか・・。


c0055456_1545160.jpg

うーむ、
僕も8月中に一度くらい「お見逃し無く!」的な(^^)エントリーをしておきたかったのですがねぇ…(後略)。

今回の「古代エジプト展」での展示は、
遥かパリ・ルーブル美術館の「古代エジプト部門」のスペースで、現在実際に展示されている5千点ほどのコレクション中の200点ほどに過ぎぬ訳らしいのですが、それでも僕ら夫婦には余韻の深いものとなりました、

しかし矢張り、美中年さんに何らかの形でお声掛けしておけばと今更ながらに悔やまれます。

>機会がありましたら、ご感想を伺いたいところです。

ありがとうございます、

この日(―いやはや、開催最終日でしたから、会場内は相当な過密度でした…)、至近で目の当たりに出来た、

c0055456_1551941.jpg**石碑、祭壇、木片、パピルス、山羊皮紙、…など等に刻まれ、また、書かれた古代エジプト文字(※ヒエログリフ(神聖文字)ヒエラティック(神官文字)デモティック(民衆文字/民用文字)がある。ヒエログリフ(神聖文字)を簡略化して筆記体にしたものがヒエラティック(神官文字)、ヒエラティックをさらに書き崩したものがデモティック(民衆文字/民用文字)とされる

**書籍の図版などでしか目にしていたに過ぎなかった木棺や彫像の数々、

**頭部が牡羊だったり(※クヌム神の銀製小像〔紀元前664―323頃〕の展示有り)、ヒヒの姿を持つなどの、異形の神像のあれこれ、

**強烈な存在感だった、長辺が3メートル近くあるような(※下記の補足参照)、表裏に彫刻のなされた石棺の蓋(シェドホルの石棺の蓋/末期王朝時代〔※左Ph-右上〕)、
―これは、死者と向き合うこととなる、蓋の裏側に彫られた、ほぼシンメトリーの構図をもって描かれた天空の女神ヌトの美しさが忘れられません…、

--------------------------------------------------------------------------------------
10/12補足)
シェドホルの石棺の蓋・・・H:266cm,W:114cm,D:33cm〔会場内・作品リストより〕/重量:2.6t〔NHKプロモーション・展覧会情報より〕)

--------------------------------------------------------------------------------------

……また、

**有名な“魂の計量”の絵図を含む、パピルスの巻物に書かれた「死者の書」

c0055456_1573743.jpg

◆左Phは、ネブケドの死者の書(紀元前1400年頃/第18王朝期)

―等等々、

―この日の展示会で目の辺りに出来たものを、
自分の覚え書きも兼ねて、それこそメモ程度のものは少しづつ纏(まと)めてみようかと思っています!!

補足)

※本文中の「ネブケドの死者の書」の画像はルーブル美術館オフィシャル・サイト中に所有権有。



―さて、最後に、

現在、あれこれイメージは出来つつあるエントリーが2、3あります、
その内の一つの、ある映画監督についてのものは、大雑把に形にするだけでも、書くことが有り過ぎるので、不定期の連載のような形で行こうかなと思っています、(→10/19より、◆「不定期連載―アルフレッド・ヒッチコック」を開始しました~!)

適当な切り口でまとまったものから気楽にエントリーして行く予定で~す、

それでは、今日は多くの勤め人にとって仕事再開の日、
まぁ(^^)、お互いに適度に頑張りましょ~う!!
by oh_darling66 | 2005-10-11 02:12 | ♪本日のいい訳がまし
◆これから「古代エジプト展」に足を運んで参ります!

おはようございま~す、

この週末の沢山のご訪問ありがとうございますm(_ _)m

さて、土曜の夜からストーンズ甲子園的な(^^)飲み会がありました、

大勢で元気に飲み、食い、唄い…、つまりは...(^^)私め、本日明け方に帰宅し就寝…、

つい先ほどの12時前に、「国勢調査員」のチャイムを目覚まし代わりに遅い朝を迎えました、


***

さて、9/28(水)のエントリー『銀河ヒッチハイク・ガイド』では、数多くのTB、コメントを頂き誠にありがとうございまーす!!

追って、こちらでのお返事などをさせて頂きます、
また、皆さんのブログに御挨拶に伺いたく存じ上げます、

また、他のエントリーにも多数TB、コメントを頂き、
誠にありがたい限りです!

少々巻きを入れて、お返事など書かせて頂きまーす、

***

さて、今日も朝から良く晴れていますね、

これから、上野で開催されている「古代エジプト展」(※本日が開催最終日!!)に妻と足を運んで参ります!! →「古代エジプト展」の鑑賞プチ・メモはこちらへ!

―それでは、一旦失礼を致します、

皆さん、良き日曜日を!!
by oh_darling66 | 2005-10-02 12:35