excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

<   2005年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
■〔映画評Vol.15〕『Mr.インクレディブル』(2004/ブラッド・バード)

こんばんは~

この8月最後の日も残すところ後10分ほど、
おそらくは...8月最後のエントリーとなりそうです!((^^)

***

さて、映画好きとしての自分自身を顧みて、
つい数年前までは特に好んで鑑賞することもなかった、しかし、現在では劇場鑑賞映画を選ぶ際、また、映画ソフトのレンタルや購入の際などに意識することの多くなった映画のジャンルが二つほどあります。

一つはドキュメンタリー映画であり、もう一つはアニメーション映画です。

後者のアニメーション映画に俄然僕の興味が向く契機となったのは、『ファインディング・ニモ』(2003)の劇場鑑賞でした。
c0055456_0224138.jpg

その後、主にピクサーPIXAR公式サイト)作品を中心に『ファインディング・ニモ』から制作年を遡(さかのぼ)って何作品かいわゆる3DCGアニメーションを鑑賞した訳ですが、『モンスターズ・インク』(2001)あたりにも思いの外感銘を受けましたねぇ…。

そして、ピクサー映画2本目の劇場鑑賞と為った『Mr.インクレディブル』(2004)との出会いで、愈々(いよいよ)アニメーション映画は僕に取って映画の一ジャンルとして存在の大きなものと相為った次第です。

今回は、この2005年、僕が最初に映画館で鑑賞した映画でもある『Mr.インクレディブル』について、僕が以前に纏(まと)めたものをお披露目いたします。

(※続きは後刻…)

続きを読む>>>
by oh_darling66 | 2005-08-31 23:56 | ■ 映画評
♪本日のいい訳がまし(第7回)~ストーンズの新作“A Bigger Bang”愈々明日発売!!~明日の更新予告(^^)

こんにちは~

いやはや、8月も終わって行きますねぇ、
色々有ったっけ…(^^)

さて、東京に…、広く言えば、東日本に住む一人としては、去るお盆前の頃から、それまでの真夏・猛暑と云った部分が一気に薄れて行ったように感じて今日に至っています、

僕は、先の週末(土・日)は、妻の祖父の七回忌で信州某所に出かけていたのですが、
体に感じる風にいよいよ秋の気配を感じた次第です、

何と言うか、特に涼しい風だったという訳ではなく、昼3時過ぎ頃だったか、ちょっと強めの風が僕の体に吹き当たって行った際に僕なりに秋の訪れを感じた次第…

僕は、東京以外ですと、北陸3県と長野・山梨あたりでの今年の夏の実感しかないのですが、西日本の方などは今だに暑い日が続いているのでしょうか?


***

さて、最近ちょっと忙しなく過ごしておりまして、メールのチェックなども怠り勝ちでした、

そこで、ちょっと私的な連絡を幾つか…、


☆prodigalさん

先週金曜日の飲み会へのお誘い、どうもありがとうございました~

法事の前で少々ばたついておりましたので、あの晩は断念せざるを得ませんでした、
当夜は初日のボストン(※ストーンズのビガバン/“Bigger Bang”ツアー!)の話題等々で大盛り上がりだったんだろうなぁ~、
参加者にはよっぽど嬉しい**モノなんかも有ったんですか~((^^)

c0055456_15292171.jpg



次回は是非参加させてくださーい((^^)






perform at Lansdowne Stadium in Ottawa,Aug.28,2005
Copyright〔c〕2005, Canoe Inc.



☆HAPPYさん

**線“ビガバン開幕記念”オフ、9月中にでも~((^^)

先だっては、

我らが(^^)「スター・ウォーズ・サーガ」の核たる“フォース(理力((^^;)”のご賢察をお披露目頂きましてありがとうございました!!

◆HAPPY的“フォース”考(※下記エントリー内のコメント欄にお飛びください!)
http://ohwell.exblog.jp/2444674

>本来フォースにはライトサイドとダークサイドの区別はありません。
>ジェダイやシスが自らの信仰においてライトサイドとダークサイド
>に分けたのに過ぎないのです。


全エピソードを体験し、静かに反芻しますと、確かにそう読み取れますよね…

>結局は善も悪(というより表裏一体なもの)も必要なものなので
>そのバランスを取る事が大事なのでしょう。

>怒りと恐れと悲しみを知り抜いたアナキンだからこそフォースに
>バランスをもたらす事が出来たのです。

>怒りと悲しみと恐れを知りながらもそれに流されない気持ちを持
>つ事が大事なのでしょうか。
>それをアナキンが身を持って私達に教えてくれている気がします。


僕も『エピソードIII』公開中に、アナキンにもう一度接してきま~す!


***

さてさて…さてっ!!(^^)

いよいよ明日(8/31)、『ア・ビガー・バン』/“A Bigger Bang”の発売(※国内盤〔CCCD〕)ですね~、
米国盤〔CD〕は9/6の発売予定かぁ...

僕は…、prodigalさんのところで、ひよこさんが仰っている事とも重なるのですが、「いっそ、国内盤がCDとSACDの両方でリリースされれば最高なんだがなぁ…」なんぞと素朴に思ってもおりました、

兎にも角にも、幸いにも(!?)、
ストーンズの新作が日本で世界先行発売な訳ですが、
…これ「セキュアCD」なんですよね~

僕はまだ国内盤、輸入盤に関わらずAmazon等での予約をしておりません、
ただ、明日、ショップで現物を見たら手が伸びて購入してしまうかもしれないなぁ…、

最近、こういったリリースされるCDの規格が国ごとに異なることなどが、素朴に新譜に向き合う以前にして、少なからぬ音楽ファンに要らぬストレスを招いているように僕など思う訳ですが、

ストーンズの新作アルバムの方は聴き込むに値する素晴らしいものでありますよう!!!
―何と言っても“Bridges to Babylon”(1997)以来8年ぶりに届くフル・オリジナル・アルバムです!!!


c0055456_16272348.jpg

☆kumikoさん

ご無沙汰しておりました~

ブログの方、毎日楽しく拝読しています、
キヨの映画(『釣バカ日誌 16』)、無事初日にご覧になられたんですね!
舞台挨拶も目の当たりにされたようで羨ましい!!

いよいよ、kumikoさんも夏休みですね~
ブログの方も9月20までお休みとのこと、
是非とも、ゆっくり休んで真夏の疲れを癒やされますよう!
また、楽しい御休暇となりますよう!!

P.S)
ちょっと私的にお伺いしたいことが有り、
後日、メールを差し上げたく思っております。
まぁ、大したことではありませんが、どうぞよろしゅう…(^^)


***

さてさて、特にこの1、2ヶ月というもの、
書きたいものがあれこれ有りすぎて、それなりの形になり切るものが中々出て来ないのですが、

明日辺りにはこの2005年、映画館で最初の鑑賞となった映画『***********』を取り上げてみたいと思います、

月日が経つのは早いもの…(^^)
あれから8ヶ月にもなろうとしているんだなぁ、もう、秋ですかね...


c0055456_16195431.jpg


【♪本日のいい訳がまし(第7回)・完】
by oh_darling66 | 2005-08-30 17:30 | ♪本日のいい訳がまし
■〔映画評Vol.14〕『死刑執行人もまた死す』(1943/フリッツ・ラング)

こんばんはー

休みボケから完全脱却すべく((^^;
久々のエントリーです!!

今週も数多くの皆さんのご来訪に感謝しておりますm(_ _)m
数多くのTB、コメントを頂き誠にありがとうございます!

僕に取って、皆さんから頂く温かいコメントから学んでいる部分は多く、
また皆さんとのお喋りこそ一ブロガーとして最も楽しい部分です、

何にせよ((^^;皆さんから頂いたコメントへのお返事も遅め遅めに為っておりますが、追ってお返事をさせて頂きまーす!!


***

さて(^^)、
僕は自分自身が好きな映画の傾向、要素というものを時おり考えてみることがあります、
―単に好きな個々のタイトルを頭に思い浮かべて行くのでは、文字通り、取り留めが付かなくなってしまいますからね...

>>その僕自身が好きな映画の要素を大まかに挙げてみますと、

1)まず、ジャンルが何であれ、主人公とヒロインがその映画の中で輝きを放っているもの(※彼らがスター俳優でなくても構わない)、

2)ストーリーを追うばかりのストレスが生じないもの、

3)2時間以内に納まっているものが望ましい、

4)……例えば、僕なども含めた本好きな人間というものが、一つには、文字/活字の流れを追うこと自体が愉楽なのだと云う部分があるかと思うのですが、

僕が映画に於いて心地良く感じるのは、何よりも瑞々しい映像の肌理に目を瞠る90分なり、100分なり、2時間ほどであること、

5)脚本というものに於いては、それは映画の骨子たるものだと思います、
ただ、あくまでも僕自身は、映画鑑賞後に「脚本がいい」という思いが強く残るものよりは、映像に浸れて陶然と出来たものの方が、自身に取って、長く心奪われる映画と相為って行くように思えています。


―等と一応は書き表せる訳ですが、
僕に取って、上述した要素を良く満たしているものとなると、
もう、大雑把に言えば、1940年代のハリウッド映画や、1950年代から1960年代の日本映画に多くある訳なのです。

***
c0055456_1431152.jpg
さてさて(^^)、
僕を長く虜(とりこ)にしている映画中の何本かを残してくれた映画監督の一人にフリッツ・ラング(1890―1976)があります。

今回は、その偉大な作品群中から、『死刑執行人もまた死す』(1943)について僕が以前に纏(まと)めたものをお披露目いたします。


続きを読む>>>
by oh_darling66 | 2005-08-23 02:17 | ■ 映画評
◆残暑お見舞い~道中便り

―さて、大変ご無沙汰しておりました(^^;

残暑お見舞い申し上げます!

ここ3、4日、東日本あたりの猛暑はどうやらひと段落した模様ですねぇ。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

えぇ~と、私め、現在(8/14)、石川県内におります。

僕の今年の夏休みは、8月10日から17日まで。

その内、10日から15日までは夫婦で石川県内の親友宅に滞在、
ここを拠点に北陸各地に足を伸ばしている次第です。




***

昨日(8/13)から今日(8/14)にかけては、能登半島の最北端ほどにある港町の“漁師の宿”的な民宿で過ごしておりました。

ここ石川あたりは、夏は基本的にとても暑い地域なんですが、
何でも、今年は例年に比べると、7月も8月もやや涼し目の夏なのだとか。
この一両日なども、特に海水浴等をしたくなるような暑さではなかったですね…。

ただ、昼間は気ままにドライブしたり、夜はお祭りに参加したり、酒も食事も旨かったりで、のんびりと奥能登の情緒に浸れた次第です。


c0055456_4312758.jpg

***

さて、僕ら夫婦の石川滞在も明日までとなりました。

帰京後、火曜日(8/16)頃には、あれこれ書きたいものも溜まっています(^^)ので、久々の更新をしようと思っています!!


***

僕ら同様に、お盆での帰省、国内外のご旅行などでご自宅を離れている方も多いかと思います。お互いに休みの間はのんびりと過ごしましょ~(^^)

c0055456_4324843.jpg

お盆明けから、またあれこれで皆さんとご交遊できればと思っております、
何卒、宜しくお願い申し上げます。

それではまた!!



●8月18日・木曜日


さて、
私め、この15日に無事、北陸旅行から東京に帰って参りました~(^^)
その後は、旅の疲れを癒しつつ自宅でだらりと過ごしておりました。

何にせよ、楽しかった夏休みも昨日でお仕舞い。
今日(8/18)から仕事に復帰です。


***

一昨日(8/16)の「宮城県沖で発生した地震」>1>2)、
東京でも横揺れが長く続き、僕も肝を冷やしましたねぇ…
今回、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。


***

私事ながら、
ここ2ヶ月ほどはあれこれで多忙となりブログの更新も中々叶いませんでした。
また、皆さんから頂いたコメントへのお返事も遅め遅めに為ってしまい申し訳ありませんでしたm(_ _)m

夏休み明けからは、仕事なども多少マイ・ペースでこなして行けそうなので、少々馬力をかけて(^^)ブログの更新をして行きたいと思っています!

改めまして、今後とも宜しくお願いいたしま~す!!

by oh_darling66 | 2005-08-14 16:10
■〔映画評Vol.13〕『パルプ・フィクション』(1994/クエンティン・タランティーノ)

こんにちはー、
真夏ですね...

寝苦しい夜も続きます、
ともかく中々寝付けないんですよね、
平日などは、勤め人たる者は朝も早い訳ですから、疲れは溜まって行き勝ちですよね…、

まぁ、僕は今日などは仕事からも解放され、長くベッドに体を横たえていられた訳ですが…、

何にせよ、来週から僕も夏休みです!!!

さて、
僕は、気になっているのに心的解決が付かなかったことが夢に為る事が少なくないのですが、昨晩はサミュエル・L・ジャクソンが出て来ました…、


……おそらく、
c0055456_1856047.jpg僕なりに、ジャクソン扮するジェダイ・マスターの一人たるメイス・ウィンドゥがダーク・シディアスにあのような形で**去った(※『スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐』)ことがショックだったし自分の中で解決されていなかったがゆえなのでしょう(^^)


***

…で、

そう、それこそS・WのエピソードIIやエピソードIIIで何度も目にして来たような高層都市みたいなところを一望できる寿司バーみたいな場所で(※おそらく東京なのですが…)ジャクソンと会っていた訳です(^^)、


うん、確か、先述したメイス・ウィンドゥのいでたちでした、
―けれども、「俺は“ジャクソン”として今ここに居るのさ」みたいな事を口にしていましたっけ...((^^)

一見、恐持て(こわもて)顔ですがイイ人ですね!(^^)、

何やら「チバさん(※千葉真一/Sonny Chiba)あたりと忍者ものを撮るヨ」とか(^^)で、東京だかに滞在していたような...

そう、「今年はさ、日本の夏もひでぇ(^^)暑いよな…、ヒート・アイランドな都会の夏も大変だろうがダーリン/Oh-Wellも負けるな!」みたいなこと(^^)を言われたように思い起こします、

「ブログで俺の演技を誉めてくれなきゃ困る」みたいなことも言われたような...((^^;


***

―まぁ、何にせよ、
夢なんて…面白くもあり、しょうがないものでもありますネ((^^)

(※後刻に続く)


…という訳((^^)で、今回は、
僕に取って、サミュエル・L・ジャクソンのキャリア中最も印象深い一本でもあり、広く、1990年代中のアメリカ映画としても印象深い一本である、『パルプ・フィクション』(1994/クエンティン・タランティーノ)について纏(まと)めたものをお披露目いたします。


続きを読む>>>
by oh_darling66 | 2005-08-06 18:52 | ■ 映画評