excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

<   2005年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧
◆ 「仙台の小学生行方不明」無事解決

皆さん、こんばんは。

当ブログでも3月25日に掲載した「仙台の小学生少女行方不明」ですが、
昨日(3/29)中に無事少女は警察に保護され、ご両親のもとに戻ったとのことです!!

彼女はまだ小学生、僕など心底ホッとするばかりでした。

しかし、特に、幼児、小・中学生くらいの行方不明の捜索、情報収集は難しいものでしょうね、何よりも警察に捜索願いを出すに至るご両親、ご家族の心痛、動揺、動転たるや僕などの想像を超えるものでしょう。

※お母さまのブログ
http://blog.livedoor.jp/haneda2/
by oh_darling66 | 2005-03-30 18:48
■〔映画評Vol.6〕『ブリット』(1968)

―さて、

c0055456_23173013.jpg僕が物心ついてから暫(しばら)くの間、映画の中に在るスティーヴ・マックイーン(1930―1980)とは、ほぼ“カッコイイ”と同義語だったように思います。実は、今日までそれは変わっていはしません。

彼と同年代生まれの映画スターで、矢張り、TVシリーズのブレイク後に映画界に転身したクリント・イーストウッド(1930生)が今や映画作家としてもスター俳優としても一方ならぬ重みを持っていることを思うと、スティーヴ・マックイーンの早過ぎる死は僕に取って今だ惜しくてならぬものでもあります…。

本日は、僕に取ってのマックイーン主演作中最愛の映画『ブリット』(1968/ピーター・イエーツ)について以前に纏(まと)めたものを御披露目いたします。

続きを読む>>>
by oh_darling66 | 2005-03-29 23:23 | ■ 映画評
■〔映画評Vol.5〕『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001)

こんばんは~

さて、明日は一箇月ぶりくらいに映画館に足を運べそうです。
2月20日に鑑賞した『パッチギ!』以来、中々久しぶりって感じでとても楽しみな訳なのですが、

c0055456_624529.jpg
できたら2本鑑賞します、これが叶うなら一本目が『サイドウェイ』(2004)、二本目が『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』(2004)の順番と為るはず。


c0055456_0161564.jpgおそらく昼過ぎから家を出て、新宿辺りでちょっとぶらぶらしてから六本木に出て『サイドウェイ』を、そして、『ブリジット・ジョーンズの日記~』を観ることになるでしょう、つまり、意外と余裕を持って2本映画を観れそうなのは、ひとえに「VIRGIN TOHO CINEMAS六本木ヒルズ」のお蔭。

***

ところで、僕は『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』のヒロイン、レネー・ゼルウィガーが大の贔屓、彼女が主演している映画は大体追いかけています。

さて、『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』という、手書きで文章を書くような一昔前だったら、こっちが時おり“きれそうな”と相為っていたであろう長ったらしいタイトルを持つ映画の前作が『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001)

本作について、僕が以前に日記(^^)に纏(まと)めておいたものを御披露目いたします。

続きを読む>>>
by oh_darling66 | 2005-03-26 23:51 | ■ 映画評
◆ 今朝目に止めた人探しの記事です

前略


お昼前、仕事関係のもの調べの際、
僕などには予断できぬ記事を目に止めました。

宮城・仙台にお住まいの羽田さんが、
小学生の娘さん羽田(はねだ)つぐみさん(◆左のPh)
の行方を求められ、

お母さまが公開したブログでも情報を求められています。

地元警察署などによると、
今日13時現在も未だつぐみさんの行方は分からぬそうです。

-------------------------------------------------------------------
【注】つぐみさんのPhについて・・・お母さまのブログにて
件のPhの公開を取り下げられたため、当方でもそれに
倣いました。(※3月28日12:00記す)
-------------------------------------------------------------------


*********

―以下、取り急ぎ、お母様が立ち上げたBlogより抜粋します、


小学5年生11歳の娘が3/16から行方不明になっています。
平成17年3月16日水曜日、夕方、仙台駅前LOFT近くで友人と別れたあと、自宅に戻っていません。


このとき、家出をしたいと言っていたそうです。
警察や学校の先生なども気にして探してくれていますがまだ見つかりません。
立ち寄り先もなく、行方が大変心配です。

名前は羽田つぐみ。当て字で亜魅と書くこともあります。
身長150センチ弱、体重40kgくらい 色白でどちらかというと痩せ形、黒髪で短めなストレートヘアで多分お化粧をしています。
小学5年生にしては大人びて見えるかもしれません。



◆3/22 追記
コメントをくださった方、どうも有り難うございます。
メールも頂いています。
本当に、ありがとうございます。
リンクは、どうぞ貼ってやってください。
ご連絡をいただかなくともけっこうです。(もちろん、メールやコメントを頂けるのもうれしいです)
なるべく沢山の方に、見ていただくのが私の希望です。
その沢山の方の中の誰かが、きっとつぐみに繋がっていると信じます。



◆お心当たりの方は、最寄りの交番・派出所・下記連絡先までご連絡ください。どんな些細なことでもけっこうです。
どうかよろしくおねがいします。
仙台南警察署 生活安全課 022-246-7171
haneda@harurun.net


*********

◆◆羽田さんのブログ
http://blog.livedoor.jp/haneda2/


*********

◆地元TV局(NNN ミヤギ テレビ ニュース)のウェブサイトより

小学5年の少女行方不明  17:45

 仙台市内の小学5年生が今月16日から行方がわからなくなっていて家族や警察は情報の提供を呼びかけている。行方がわからなくなっているのは若林区中倉2丁目の小学5年生の羽田つぐみさん(11)で、つぐみさんは今月16日午後7時頃、仙台駅付近で買い物をした後、駅西口のバスプールで「家に帰りたくない」と一緒にいた友人と別れ、そのまま行方がわからなくなったという。身長150センチ位の痩せ型で、髪はあごのあたりまでの長さ。ベージュ色のコートを着て、灰色のチェックのスカート、こげ茶色のロングブーツを履いていたという。警察では少女に関する情報の提供を呼びかけている。
http://www.mmt-tv.co.jp/news2/22/news.shtml
by oh_darling66 | 2005-03-25 12:40
■〔映画評Vol.4〕『レイクサイド マーダーケース』(2004/青山真治)

こんばんは~(^^)

さて、僕は月に何度かは映画館に足を運ぶ訳ですが、

時おり、


*** あまり宣伝もされずに公開された映画が封切り後に評判が徐々に高まって行く、
      ↓
*** しかし、ウェブ上、一部口コミなどで盛り上がった頃には、上映2週目、3週目で終わってしまう、
      ↓
*** 観れなかった!(あるいは、再鑑賞できなかった!)

―という虚しさに直面します。

*********

c0055456_415888.jpg例えば今年に入ってからは、

◆『レイクサイド マーダーケース』(1月公開、3週間で終了)

◆『セルラー』
(※左Ph・下Ph/都内に関しては2月公開、「ワーナー・マイカル・シネマズ 板橋」を除き2週間で終了)

―の2本が僕を虚しくさせた公開・興行形態でした。
そう、これらの映画自体に罪はなく、配給会社の宣伝を含めた公開・興行形態の拙(まず)さだと僕は思っています。


ともかく、大々的に宣伝予算を掛けられなかった映画でも、もっと、何と言うか…大事に映画館上映をして欲しいものです。

c0055456_411846.jpg
もちろん、映画は鑑賞体験するまでは「絶対面白いデス!」等と大それたことは言えぬ訳ですが、
少なくとも公開後にじわじわと評判、好評価が広がって行くものに関しては興行期間の見直しなどに少しでも反映されないものかと思う次第。

*********


さて、僕は『セルラー』は見逃す結果と相為りましたが、

c0055456_4323375.jpgもう一方の『レイクサイド マーダーケース』(※左Ph)は封切翌日(1/23)に「日比谷スカラ座2」で鑑賞出来ています。少なくとも僕に取っては、十分に映画の中に耽溺できる118分であり、青山真治という作家性の強い映画を多く撮って来た監督が持つ、これまで見えにくかったウェルメイドな娯楽映画をも撮れる職人性が堪能できる文字通りウェル・メイドな娯楽映画であった訳です。

公開直後には少なからぬ映画関係のBBSでも好評価の書き込みが増えて行きました。否定的な評価もありましたが、それを含めてこの映画への注目度は高まっていたという実感を持っています。

僕自身は仕事がある程度片付く2月12日(土)頃にもう一度鑑賞したかったのですが、確か2月の初め頃にウェブ上の映画情報を見た際に、2月10日(木)だったか…での上映終了を知り愕然、平日の最終回に駆けつけることなどその頃は先ず持って不可能だった訳ですから…。

さて、
以下に(今年一回だけ鑑賞することが出来た(^^))『レイクサイド マーダーケース』について以前に纏(まと)めたものを御披露目いたします。

続きを読む>>>
by oh_darling66 | 2005-03-24 02:11 | ■ 映画評
◆『必殺仕置人』シリーズ再放映!>>お見逃し無く!

さて、取り急ぎ、TV時代劇中の名シリーズ放映のお知らせを。


c0055456_22215955.jpg「必殺シリーズ」第二弾、
『必殺仕置人』シリーズ(1973/NET・現テレビ朝日)

―の再放映が

日付変わって、
3/22(火)0時から、CS「時代劇専門チャンネル」において始まります!!
*********

いま、このシリーズの魅力を簡単に、あるいは、端的に言い表す余裕は晩御飯前の(^^)僕にはありませんが、
兎も角、『必殺仕置人』の第1話「いのちを売ってさらし首」は、
僕に取っては本シリーズ初っ端にして白眉たる名品です!!

もう、何と言っても本作(第1話「いのちを売ってさらし首」)の肝は、
大滝秀治扮する、浜田屋庄兵衛こと“闇の御前”の極悪ぶりなんだなぁ…。

…で、ターキー(―わが家での呼称(^^;です)、

c0055456_22244923.jpgこの極悪人役が余りに素晴らしかった反動でしばらく悪役の依頼ばかりが続いたらしい…、

ともかく、今の、何と言うか…すっとぼけた好々爺たるターキーのイメージからは俄(にわ)かには僕など想像が及ばぬ部分もあるのですが、ターキー自身、悪役のイメージを払拭するのにそれなりに長い年月を要するほど苦労したらしいのです…。



―それじゃ、気になった方は録画予約などお早めに~、
私め、これから友人と食事に出掛けますのでこれにて一旦失礼を~。
(―腹減った~(^^;)
by oh_darling66 | 2005-03-21 22:37 | ◇お見逃し無く!(映画情報)
◆ 田宮二郎に捧げる-≪映画全般・TVドラマ全般≫
◆ 田宮二郎に捧げる-≪白い巨塔(映画版&TV版)≫は、こちら


田宮二郎は大映(※現「角川ヘラルド映画」が生んだ大スターの一人でしょう。

大映専属時代の彼は、

『爛(ただれ)』(1962/増村保造)
『「女の小箱」より 夫が見た』(1964/増村保造)
『大悪党』(1968/増村保造)
『スパイ』(1965/山本薩夫)
『白い巨塔』(1966/山本薩夫)
―など等…と云った今日巨匠と称されている映画監督の諸作に主演、出演し、

一方、
「黒シリーズ」
「犬シリーズ」
「悪名シリーズ」
など等と云った愉楽のプログラム・ピクチャー群に主演、出演しました、

そして勿論、大映時代のキャリアに限っても、これらに収まり切るものではありません。

さて、そんな田宮二郎が出演した映画中、
僕が以前に纏(まと)めたものから二つほどをお披露目いたします。

続きを読む>>>
by oh_darling66 | 2005-03-20 07:54 | 〔1〕映画全般・TVドラマ全般
◆ 田宮二郎に捧げる-≪白い巨塔(映画版&TV版)≫
◆ 田宮二郎に捧げる-≪映画全般・TVドラマ全般≫は、こちら


『白い巨塔』…

田宮二郎はふたつの『白い巨塔』に於いて、

「財前五郎」
―という傑出したキャラクターをものにした。

それは、田宮二郎、その人自身が「自らの代表作」とも口にした、
いまだ魅力の色褪せぬ映画であり、TVドラマでしょう。

c0055456_6532929.jpg僕に取って、

彼の最後の主演作であり遺作と為ってしまった『白い巨塔』(1978―1979/全31話/フジテレビ)をここで端的に、的確に言い表すことは中々難しい。

さてそこで、

田宮二郎に捧げる≪白い巨塔(映画&TVドラマ)≫の始めに、

大映時代の田宮二郎が主演した『白い巨塔』(1966/山本薩夫
について僕が以前に纏(まと)めたものを御披露目いたします。

続きを読む>>>
by oh_darling66 | 2005-03-20 06:01 | 〔2〕白い巨塔(映画版&TV版)
※ここ(田宮二郎に捧げる)には、二つのコメント・スペースを設置してあります。

皆さま、

ここ(田宮二郎に捧げる)には、

◆映画全般・TVドラマ全般
◆白い巨塔(映画版&TV版)

―以上、二つのコメント・スペースを設置してあります。
それぞれに於(お)いて、いつでもご自由にお書き込みください。
by oh_darling66 | 2005-03-20 05:40 | ◆◆田宮二郎に捧げる
◆ 新カテゴリー登場!(予告篇)

おはようございます。

3連休の始まりに相応しく、
朝から気持ちの良い青空が広がっていますね。

明日は暦の上で春分、いよいよ春です!

*********

c0055456_15492989.jpg
さて、
僕が虜になって久しい映画スターの一人に、
田宮二郎(1935―1978)があります。

彼のことを喋り始めたら、
書き始めたら、
頭の中に思いをめぐらせたら、
僕などはもう止め処がつかなくなってしまう。


そこで明日(3/20)より、

「田宮二郎に捧げる」と冠した
新カテゴリーを御披露目いたします。



c0055456_1552347.jpg当「田宮二郎に捧げる」では、

まず、
田宮二郎に捧げる
≪映画全般・TVドラマ全般≫


そして、
田宮二郎に捧げる
≪白い巨塔(映画&TVドラマ)≫


―のふたつを設置いたします。



*********

老若男女に拘(かかわ)らず、
田宮二郎の輝きに、そして、一人の人間としての田宮二郎の陽と陰に
心を掻き立てられる人は少なくないでしょう…。

c0055456_1684842.jpg皆さん、

皆さん個々に心惹かれた田宮主演・出演映画へのあれこれを、
田宮主演のTVドラマへのあれこれを、
田宮主演の『白い巨塔』へのあれこれを、
どうぞ熱く、あるいは淡々とお書き込みください!!

尚、御披露目は3月20日お昼頃の予定
皆さん、昼間のショーを覗きにいらしてくださいませ~。(^^)


*********

最後に、

僕は、スクリーン、画面上に生きる田宮二郎というスターが為し得たキャラクターの輝きにどれほど心掻き立てられ、目を瞠(みは)り、また、心励まされて来たことか…。

田宮二郎さん、
僕の今日一日の喜びと感謝を捧げます

3月19日土曜日、朝
ダーリン/Oh-Well




補足)

本文中Phは、上から、

本文中、
◆一番上のPhは『悪名』(1961/田中徳三)
◆二番目のPhは『早射ち犬』(1967/村野鐵太郎)
by oh_darling66 | 2005-03-19 16:31