excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

■〔映画雑談Vol.34〕第80回アカデミー賞(※日本時間2月25日)を楽しむ!
その1・「映画鑑賞券争奪((^^)・三者によるアカデミー賞6部門受賞予想篇)

その2・「アカデミー賞結果篇」(⇒2/27以降にエントリー予定



おはようございます、ダーリン/Oh-Wellです。

そう、昨年のお盆過ぎから家庭、仕事に於きましてあれこれ色々とありましたもので、自身のブログ更新はおろか、ウェブ上に遊ぶようなことも殆ど無くなっていたのですが、まずは、これまでの半年ほどの間に御訪問くださっていた方々、コメント、TBをお寄せくださった方々に御無沙汰し通しでいたことをお詫び申し上げます。幸い、ようやくあれこれが落ち着いてきたこともあり、また、一昨日などは強烈な春一番も吹いたことですから((^^)、ここいらで当ブログの更新も再開してみます。また、新旧映画の鑑賞メモを始め、あれこれと書いてまいりますので何卒宜しくお願いいたしますネ!(^^)v

―さてっ、
再開第一弾の今回ですが、本日(2/25)いよいよあとおよそ1時間後(!)に迫った「第80回アカデミー賞授賞式」(※米西海岸時間2月24日、LAコダック・シアターにて開催)の受賞予想をしてみます。
そう、例年通り、私ダーリン/Oh-Well、そして、友人たちの予想を交えてお披露目してみたいと思います。尚、今年は予想者全員が本命予想に加えて対抗予想も出しております。


●Phは、第80回アカデミー賞公式ポスター


アカデミー賞公式サイト

>1:OSCAR.com – 80th Annual Academy Awards(OSCAR.com 公式サイト)
>2:Academy of Motion Picture Arts and Sciences(映画芸術科学アカデミー公式サイト)★公式日本語サイト
>3:WOWOW(生中継:2月25日AM9:50~/同日再放送: PM21:00~/※3月2日にはダイジェスト版放送もあり)


*********

そう、日本にあっては「アカデミー賞授賞式」までにすべての候補作品を観れる訳ではないのは例年通りのことなのですが、今回は殊にその様相が強いように感じます。作品賞候補に挙がった5作品などに至っては、現時点で全てが日本未公開ですよね…。

ただ、映画好きとしたら、矢張り、予想を持った上で授賞式当日に臨んだ方が授賞式当日のスリルは増すであろうと…。よって、今年も僕の身近な映画好きの仲間からの予想を寄せてもらいましたので「アカデミー賞6部門受賞予想」をしてみた次第です。



「第79回アカデミー賞・6部門受賞予想」
⇒作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、助演男優賞、助演女優賞

―尚、以下、助演女優賞予想から始まり、最後に作品賞予想と為っています。


さて、勝者決定のルールは前回、前々回、そのまた前^^と同様。よって、前回エントリー(第79回アカデミー賞・受賞予想エントリー)中の文章を以下に置いておきます。


5部門以上当てた場合に限り(―予想6部門中の5部門ですから厳しいですよ~、このハードルの高さが“ダーリン流”)、その人は「3月以降に観たい映画の鑑賞券1枚」を私ことダーリンにリクエストできるというルールです、慎(つつ)ましいご褒美ですが皆燃えています。(^^)

上記条件でだぶった場合は、より多くの部門(―つまり、予想全部門)を当てた人がWinnerです。私めがWinnerと為った場合は何も頂きません。その時は、ただ...お讃えください!^^

>>それではまず、助演女優賞から...

候補者、および、本命予想

* ケイト・ブランシェット『アイム・ノット・ゼア』ホームズさん
* ルビー・ディー~『アメリカン・ギャングスター』⇒juneさん
* シアーシャ・ローナン~『つぐない』⇒ダーリン
* エイミー・ライアン~“Gone Baby Gone”
* ティルダ・スウィントン~『フィクサー』

・尚、三人の対抗予想は、

ホームズさん⇒シアーシャ・ローナン
juneさん⇒エイミー・ライアン
ダーリン⇒ルビー・ディー



>> 助演男優賞

候補者、および、本命予想

* ケイシー・アフレック~『ジェシー・ジェームズの暗殺』
* ハビエル・バルデム『ノーカントリー』⇒ダーリン
* フィリップ・シーモア・ホフマン~『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
* ハル・ホルブルック~『イントゥ・ザ・ワイルド』⇒ホームズさんjuneさん
* トム・ウィルキンソン~『フィクサー』

・尚、三人の対抗予想は、

ホームズさんハビエル・バルデム~『ノーカントリー』
juneさんフィリップ・シーモア・ホフマン~『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
ダーリンケイシー・アフレック~『ジェシー・ジェームズの暗殺』

<※以下の予想は13時くらいに書きます((^^;>


>> 主演女優賞

候補者、および、本命予想

* ケイト・ブランシェット~『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
* ジュリー・クリスティ~『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』⇒ダーリン
* マリオン・コティヤール~『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』⇒juneさん
* ローラ・リニー~“The Savages” ⇒ホームズさん
* エレン・ペイジ~『JUNO/ジュノ』

●さて、この主演女優賞、さらに、主演男優賞は、前回「第79回アカデミー賞」の受賞予想エントリー中でも述べたものを引けば、「演技賞、ことに、主演男女優賞に於いては、実在の、或いは、実在した著名人を演じた演技でノミネートされた場合は、それだけで高いアドバンテージとなる。同じ俳優からの票も素直に集まりやすい」…かと思うわけでして、今回もこのオスカー・セオリーとでも言えそうなところに倣えば、

主演女優賞は『エリザベス:ゴールデン・エイジ』ケイト・ブランシェット、あるいは、『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』〔→allcinemaマリオン・コティヤールを本命に置くことが堅い予想となるのは分かってはいるのですが、僕は今回は敢えて長年の贔屓女優であるジュリー・クリスティ(『アウェイ・フロム・ハー 君を想う(2007/サラ・ポーリー)』を本命に置いてみます。

ただ、対抗には、それこそ堅く『エリザベス:ゴールデン・エイジ』ケイト・ブランシェットを置いておきますが...^^

・尚、三人の対抗予想は、

ホームズさんエレン・ペイジ~『JUNO/ジュノ』
juneさんケイト・ブランシェット~『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
ダーリン⇒先述した通りに、ケイト・ブランシェット~『エリザベス:ゴールデン・エイジ』で~す


>> 主演男優賞

候補者、および、本命予想

* ジョージ・クルーニー~『フィクサー』⇒juneさん
* ダニエル・デイ=ルイス~『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』⇒ホームズさんダーリン
* ジョニー・デップ~『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
* トミー・リー・ジョーンズ『告発のとき』(2007/ポール・ハギス)
* ヴィゴ・モーテンセン~“Eastern Promises”

●僕は、今回の主演男優賞候補は中々魅力的な顔ぶれが並んだように受け止めています。
スター性と演技力を兼ね備えたという点ではジョニー・デップが筆頭、次いで、ジョージ・クルーニー、トミー・リー・ジョーンズとでもなりますかね…。ダニエル・デイ=ルイス、ヴィゴ・モーテンセンなどは生来の役者とでも言いますか…、年齢を重ねるほどに、少しずつ役者としての滋味を増している印象が僕にはあります。

まぁ、何はともあれ、今回は大贔屓のダニエル・デイ=ルイスを本命に置きます。

・尚、三人の対抗予想は、

ホームズさんジョニー・デップ~『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
juneさんヴィゴ・モーテンセン~“Eastern Promises”
ダーリントミー・リー・ジョーンズ~『告発のとき』



>> 監督賞

候補者、および、本命予想

* ポール・トーマス・アンダーソン~『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007)ダーリン
* ジョエル・コーエンイーサン・コーエン~『ノーカントリー』(2007)
* トニー・ギルロイ~『フィクサー』(2007)
* ジェイソン・ライトマン~『JUNO/ジュノ』(2007)
* ジュリアン・シュナーベル『潜水服は蝶の夢を見る』(2007)juneさんホームズさん

●Phは、『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』撮影中のスチル。
左=ダニエル・デイ=ルイス、右=ポール・トーマス・アンダーソン

●今回の監督賞候補は、僕に於いては、“P.T.A”^^ことポール・トーマス・アンダーソン、そして、コーエン兄弟(ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン)の両者に注目が行きますね。

そう、両者のこれまでのオスカーとの接点を見てみますと、ポール・トーマス・アンダーソンは『ブギーナイツ』(1997)『マグノリア』(1999)でそれぞれ脚本賞候補になるも受賞は無く、コーエン兄弟は『ファーゴ』(1996)で脚本賞候補となり見事兄弟でオスカーを手中にしていますが同作品での監督賞(※兄のジョエルが監督賞候補となる)は逃がしています。

さて、僕などは、この両者のいずれかになるかと思うのですが、若い映画人に栄冠がもたらされれば…との期待から、“P.T.A”/ポール・トーマス・アンダーソンを本命に推します。作品賞に関しても同様な観点から、ポール・トーマス・アンダーソン監督の『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』に!!

ただし、これは全く逆に転んでも(―※監督賞がコーエン兄弟、作品賞が『ノーカントリー』)でも仕方が無いな、有り得るななどとは覚悟しています。^^

・尚、三人の対抗予想は、

ホームズさんジョエル・コーエン、イーサン・コーエン~『ノーカントリー』(2007)
juneさんジョエル・コーエン、イーサン・コーエン~『ノーカントリー』(2007)
ダーリンジョエル・コーエン、イーサン・コーエン~『ノーカントリー』(2007)

・・・いやはや、三人の対抗予想はコーエン兄弟一色に染まりましたネ((^^;


>> さて、最後に「作品賞」の予想です!

候補者、および、本命予想

* 『つぐない』(2007/ジョー・ライト)
* 『JUNO/ジュノ』(2007/ジェイソン・ライトマン)juneさん
* 『フィクサー』(2007/トニー・ギルロイ)
* 『ノーカントリー』(2007/ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン)ホームズさん
* 『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007/ポール・トーマス・アンダーソン)ダーリン


●ここでの3人の予想も、また、見事にばらばらに分かれました。
実にスリリングです^^

・尚、三人の対抗予想は、

ホームズさん『フィクサー』(2007/トニー・ギルロイ)
juneさん『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007/ポール・トーマス・アンダーソン)
ダーリンジョエル・コーエン、イーサン・コーエン~『ノーカントリー』(2007)

―さて、まだまだ書きたいことはあれこれ沢山有るのですが、もう昼休みも終ってしまうので、とりあえずここいら辺でエントリーはお仕舞い。
帰宅したら早速WOWOWの録画を観ます!(―それまでは情報をシャットアウトします。)

どんな結果であれ、“第80回”という節目に相応しい作品、映画人がオスカーの栄冠を手中にできることを期待しています!

最後に為りましたが、juneさんホームズさん、お忙しい中の6部門予想をありがとうございました!(予想をもらったのは昨晩でしたが^^;)


それでは、皆さんよい一日を~!
by oh_darling66 | 2008-02-25 09:06 | *映画雑談
●月初めのちょっとした^^ご挨... >>