excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

■〔映画鑑賞メモVol.11〕『2番目のキス』(2005/ボビー・ファレリー 、ピーター・ファレリー)

7月29日(土)

こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。

私め、この金曜日からあれこれと所用が重なり、この一両日に頂いたコメント、TBへのお返事が叶っておりません。大変申し訳ありません。m(_ _)m
この、土、日にかけて追って必ずや!((^^;

さて、この3日ほどは、日中にはそこそこに夏らしい青空ものぞきましたし、愈々、週明け月曜日頃までには梅雨も明けるのではないかと云う、僕なりの予感があるのですが。はてさて…。


―さてさて、本日は、7/25(火)にエントリーしてから未完成のままに為っていた『2番目のキス』の鑑賞メモの続きです!



『2番目のキス』(2005/ボビー・ファレリー 、ピーター・ファレリー)


***ネタバレ注意

『2番目のキス』〔◆IMDbは、ボビー・ファレリーピーター・ファレリーの兄弟による、『ふたりにクギづけ』(2003)に続く共同監督作品。

ファレリー兄弟作品としては、これまでの毒気の多い、あるいは、生理的嫌悪感をもよおさせる描写の多いものからすれば、キャリア上最も素直なドラマ性とルックを持つ映画、恋愛御伽噺ではないかと僕は受け止めました。ただこれは、繰り返しになりますが、あくまでも、過去のキャリアと比較した場合の思いではあります…。(笑)


本作は、その幼少時から、MLB最古参球団の一つであるボストン・レッドソックス(※1893年に球団発足。1901年のアメリカン・リーグ創設時から当リーグに所属)の熱狂的ファンである高校数学教師のベン(ジミー・ファロン、そして、ビジネス・コンサルタントで成功を収め、さらなるキャリア・アップを狙うリンジー(ドリュー・バリモア
このふたりの男女の出会い、恋の始まり、恋の過程と顛末が、レッドソックスの実に86年ぶりにワールド・シリーズを制覇するまでの彼(か)のチームの決して順風なままに優勝を勝ち取った訳では無いが故(ゆえ)に、多くのファンに取っては奇跡的とも神話的とも捉えられたであろうシーズン、その“スポーツ史実”と上手く綯(な)い合わさって描き表わされている。

僕など、一つには、愛すべき笑顔を持った映画女優ドリュー・バリモアの生き生きとしたスクリーン上の表情、姿を眼差しているだけでも幸福な心地となる映画でしたし、
また、ジミー・ファロン扮する主人公ベンの単に野球オタクに納まらぬ、人好きのする明るく朗らかなキャラクター性も、劇中、僕の心を惹きつけてやまぬものでした。


*********

映画の主人公ベンは30歳の高校教師(―その授業には、何故だか、小学生、中学生と思しき男女も混じっていたような…。彼らは飛び級で高校進学したエリート、天才児という事なのかもしれませんね…)。7歳の時、両親が離婚し母親と共にボストンに移り住む。友人の居ない孤独な日々を送るある日、レッドソックスのシーズン・チケットを持つ伯父に連れられてフェンウェイ・パークに足を運ぶ。そこで目にするすべてに瞳を輝かせる7歳のベンは、以後、レッドソックスへの変わらぬ情熱を持ち続けて今日に至っている…。


まぁ、この気取らず、無邪気で温かみのあるカップルこそは本作の一番の肝かと思う訳ですが、

本作のもうひとつの大きな強味は、MLBを知るものにはよく知られる“バンビーノの呪い”(―1920年、レッドソックスの時のオーナーは、経営難を理由に球団の看板選手であったベーブ・ルースを当時の弱小球団であったニューヨーク・ヤンキースに12万5千ドルで放出。以後、両球団の立場は逆転。レッドソックスはヤンキースの後塵を拝するばかりのシーズンが続き、ワールド・シリーズ制覇からも1918年以来見放されたままとなる…。ともかく、多くのレッドソックスファンたちは、ベーブ・ルース放出後に於けるレッドソックスのあらゆる悲運、悲劇を“バンビーノ(―※ルースの愛称)の呪い”として受け止め、今日にまで(?)至っている)に呪縛されていた、往年の強豪チームであるレッドソックスが、2004年のシーズンにプレーオフ進出し怨敵ヤンキースを0勝3敗から起死回生の4連勝で破ってのリーグ優勝、さらには、ワールド・シリーズを4連勝で制覇するまでの歴史的なシーズン中の要所要所の試合が、彼(か)の球団の本拠地フェンェイ・パークで撮影された俳優たちの演技、姿と共に納められていることでしょう。

レッドソックスの中心選手であり人気スターの一人であったジョニー・デイモンの何箇所かでの本人出演シーンにも、僕など、楽しく目を瞠りました。(―※尚、デイモンは2005年シーズン・オフにFAでヤンキースに移籍)


*********

本作の、この兄弟の監督作品としては妙に小綺麗でさらっとした印象の脇役たちの姿、キャラクター描写、また、映画の流れようには、僕などのように彼らのもっと強烈なものに免疫の出来ていた(笑)者に取っては何箇所かでやや物足りなさを感じ取りもしましたが、これは、ファレリー兄弟が意識的に、これまでの「過剰なしつこさ」を「しつこさ」程度に抑えて観客を楽しませる映画を試みたが故(ゆえ)のものかもしれません。

ただ、そんな中でも、リンジーの友人中で最も彼女をライバル視するロビン(ケイディー・ストリックランド/KaDee Strickland|※下Ph右端)、そして、その亭主クリス(ジョニー・スニード/Johnny Sneedの資産家夫婦それぞれに見て取れる中々身勝手なキャラクター性やら、リンジーの父親の、飼い犬をも怯(おび)えさせてしまう髪型…リンジーの母親がヒロインに語るには“精神的危機ゆえに突如変えた”というその髪型の視覚的可笑しさやらは、僕には、特に忘れがたいもの。


そう、主人公がスタジアム観戦する際の長年の観戦仲間たちは、野球音痴のリンジー、延いては、僕ら観客に、レッドソクッスという由緒ある球団の歴史やら、レッドソックスを応援することの、何と云うか…、無償性(笑)やらを巧まずして教えてくれる大切な存在でしたね。

ともかく、主人公が伯父から譲り受けたシーズン・チケット(―レッドソックス側ダックアウト裏!)と云う、それ自体が少年心、プロ野球好きの心情を掻き立てて止まぬ甘美で特権的なもの、そんな特等席で、主人公が恋人と共にレッドソックスのホーム・ゲーム観戦に一喜一憂する姿、さらには、そこでの、長年の顔馴染みとの無償なるレッドソックス愛の交歓ぶりが醸し出すものの心掻き立てて止まぬ甘美さは、本作の最たる美点の一つに僕は思えた次第です。

そして、二人が恋を育む時間とレッドソックスの浮き沈みのあるシーズンが綯(な)い合わさっての映画時間は、先のわからぬ恋というものと、矢張り先の読めぬスポーツという勝負事が負う部分が重なって行く事で中々妙味なサスペンスとも相成り、僕などは、わくわくとしたままクライマックスへと誘導されて行きました…。


*********

あの、9月のレッドソックス不振期、ベンはヤンキース戦の観戦を取り止めてリンジーと一緒に、あのロビンの豪奢な誕生パーティーに足を運ぶ。


その夜、2人はそれまでになく深く結ばれる。ベンはベッドで「人生最高の夜だ」とリンジーに真心からの愛の言葉を捧げる…。そんな夜、ベンは友人からの電話によって、レッドソックスが9回裏に7点差をひっくり返して大逆転勝利を収めたことを知らされる。ベンの態度は豹変し、そんな球団史、延いては、MLB史に残る試合を見逃してしまった後悔の思いを子供のようにやみくもにリンジーにぶちまけ、それまでベンと確かめ合った深い愛の余韻に浸っていたリンジーは「あなたは私の心を傷つけた…」と、ベンに対してぱったりと心を閉ざしてしまう。

その後球場に足を運んでも心が沸き立たず、ヒロインに対する後悔の念が募るばかりのベンである訳ですが、仕舞いには自己嫌悪から自宅に引き篭ってしまいもする…。


*********

以後の二人の恋の顛末の詳細は措(お)きますが、主人公はレッドソックスが何とか勝ち上がってのヤンキースとのプレーオフ第4戦目(―ここまで既にレッドソックスは3連敗)をクリスと一緒に観戦する中、リンジーの心を取り戻さんと、予(かね)てより、シーズン・チケットを譲渡してくれるよう自分に懇願し続けていたクリスに、伯父が残してくれた掛け替えの無い宝物を、かつてレッドソックスがヤンキースにベーブ・ルースを売り渡した際のトレード・マネーと同額の12万5千ドルで譲渡・売却することになる…。(―※余談ながら、この、ベンによる一大決断は、例えば、僕の友人のように「リンジーへの思いを断つため」と云う解釈も出来得るようには思いますが、僕としては上述した「リンジーの心を取り戻さんと」した上での決断と受け止めました。)

一方、同じ頃、リンジーは予(かね)てより望んでいた会社内の昇進を手にする。その祝賀会のスピーチの席上、「私のためにチケットを売るのね。自分はベンのように犠牲を払ったかしら…」と呟くやその場から飛び出し、ベンの契約書へのサインを阻止すべくフェンウェイ・パークへと急ぐ。

リンジーがスタジアムに辿り着いた時は既に試合8回裏。彼女は外野席をダフ屋から入手し満員のスタジアム内へ。すぐさま、双眼鏡をのぞいて、ベンとクリスがいつもの席に居て、ベンが契約書を手にしていることを確かめる。そして、ベンが仲間たちに非難されながらも、震える手でまさに契約書にサインをするかと云う時、リンジーは、あの、MLB屈指の高さを持つフェンウェイ・パークの外野フェンスにグラウンド内に飛び降りんとぶらさがる…。そして、グラウンドに飛び降りたリンジーはすぐさま靴を脱ぎ捨てダックアウト裏のいつもの席に座るベンに向かって芝生のフィールドを警備員たちをかわしながら走り抜けて行く。

この、僕に取っては、劇中最大の心的クライマックスを生み出したリンジーの姿は、ベンがシーズン中すべてを投げ打ってレッドソックスの応援に捧げるエネルギーに匹敵するような、迷いの無い一途なエネルギーが迸(ほとばし)る姿だったかと思い起こします。

ここには、傍(はた)から見ればみっともない姿や行動であろうが、そこに主人公たちの他者への真っ直ぐな思いが迸(ほとばし)っていることが見て取れる感じ取れるがゆえに、僕ら観客が心を掴まれ揺さぶられ奪われてしまう、まさに、ファレリー映画ならではの一大クライマックスと言い得る映画時間が在ったと僕は受け止めました。

ともかく、このファレリー兄弟による監督最新作は、僕に取っては、小品ながら、その映画時間すべてがハッピー・エンドの余韻に収斂して行くような、愛すべきアメリカ娯楽映画であったことは、ひとつ素朴に言えそうです。


【■〔映画鑑賞メモVol.11〕『2番目のキス』(2005)―完】

―尚、以下は、7月28日以前に置いておいた文章、Phです。



7月25日(火)

こんにちは、ダーリン/Oh-Wellです。

この7月ももう残すところ数日…。
先ほど(―14時過ぎ)外に出たところ、久々に青空がのぞいているのが目に入ってきましたが、
さて、今月中に梅雨は明けるのでしょうか…。

しかし、この5月初旬からの3ヶ月ほどですが、ともかく物凄く日照時間が少ないですよね…。
ここ3ヶ月にわたるかのような長雨の所為で少なからぬ人が疲れを溜めがちかと思いますし、まぁ、ブロガーの皆さん、お互いにのんびりと更新して行きましょ~(←余計なお世話^^)




*********

さてさて、私め、先の金曜日から日曜日に架けては、新宿歌舞伎町での某筋^^の飲み会に参加したり、新作映画に2本足を運んだりして参りました。鬱陶しい天候続きではありますが、あれやこれやで楽しい週末と相成りました!(^^)v


そう、映画の方は、金曜日(7/21)に『ローズ・イン・タイドランド(2005/テリー・ギリアム)』〔◆当ブログ内関連エントリーIMDbMovie Walkerを、


そして、一昨晩(7/23)は『2番目のキス(2005/ ボビー・ファレリー 、ピーター・ファレリー)』〔◆IMDbMovie Walkerを鑑賞。


*********


僕としては、まず大雑把に言えばですが、
前者『ローズ・イン・タイドランド』は心地好さと痛々しさが相俟つ、しかし、魅惑的な悪夢的ファンタジー、そして、後者『2番目のキス』は心地良い幸福感が残る愛すべき“恋愛コメディ”でありハリウッド娯楽映画であり…と云ったところ。

ギリアム(※下Ph)ファレリー兄弟とも、僕に取っては気の置けぬ映画作家ですから、


それぞれの新作にそれぞれのレヴェルでもって耽溺できた事は大きな喜びです!


さて、当エントリーでは、まず、ファレリー兄弟(※上Ph|左=兄のピーター、右=弟のボビー)の新作映画『2番目のキス』の鑑賞メモを残しておきます。・・・

―てな案配でもって、さらに、「鑑賞メモ」を続けたいところでは有ったのですが…、(^^;

先週から突発的な仕事も少なくなく、今夕は北陸から上京する友人とその彼女さま^^とのディナーがあったりで、今、ゆっくりと映画を顧みる余裕がありません。

これは、また、明後日…以降((^^;にでもエントリーできればと思う次第です。

つまりは、以下の通り。^^


(※後刻、後日に続く...

―相済みません、それでは一旦失礼を~!




〔※本エントリーは、以下のサイトともリンク中〕

** 2番目のキス@映画生活
by oh_darling66 | 2006-07-25 14:23 | ■映画鑑賞メモ/鑑賞プチ・メモ
<< ●ちょっとしたお知らせ(vol.2) ●ちょっとしたお知らせ(vol.1) >>