excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

★2006年ドイツW杯-日本代表・第3戦!!

【グループF】日本×ブラジル戦

開始時刻・・・日本時間6月23日(金)午前4時
開催都市・・・ドルトムント

※日程等は、こちら(◆SANSPO.COM)を参照しています。



6月26日(月)未明

さて、あの、日本時間で早朝4時からの「日本×ブラジル戦」が終わった後は、うーん…、とても眠たい一日となってしまいました。(^^;

そして、私め、この週末なども、決勝トーナメント初戦「ドイツ×スウェーデン」戦以外は、W杯観戦、W杯関連のTV番組などからきっぱりと離れて、買い物に出たり、友人と飲みにいったりと云った按配で、のんびりダラダラと過ごしていました。

・・・そう、先(6/24)のエントリーでもチラと書き示しましたように、
この6月24日から幕を切って落とされた「決勝トーナメント(※日程:◆サンスポは、
ドイツ、イタリア、オランダ、ブラジルあたりがベスト4に残るかなと……。


***

―さてさて、

あれから早3日目…、
あの「日本×ブラジル戦」に於ける日本代表の戦いの結果ですが、

僕が端的に思いを言い表せば、「寂しい」ということ。

結果は、
日本1―4ブラジル(◆日本代表 W杯試合速報~サンスポ


© AP


まぁ、試合の詳細や論評などは、僕などが今さらどうこう書き示しても詰まらないのでやめておきます。

ただ、この試合に於いては、中田英玉田あたりは、敗戦の中でもって、結果的には次に活かすべきものを自ら個々のレヴェルで掴むことと相成ったのではないかと僕なりに感じ取りました。また、少なからぬミスはあったものの、川口からは、3戦通して、一貫する逞しさを前大会まで以上に感じ取れましたね。

© Reuters


ともかく、今回のW杯惨敗の要因に於いては、
W杯開幕以降行き来が叶った方々のブログ上でも、例えば、点を取れぬFW、一対一で相手に負けるDF、走り負けるMF…などと云ったあたりを異口同音に語っておられるのを目に入れて来た訳ですが、これらは、僕などを含め、普段然程サッカーを見ていない者にも明らかな弱さ、ひいては、W杯「1次リーグ」敗退の要因として見て取れる最たるところなのではないかと思う次第です。

現地の暑い昼間の時間帯に初戦、第2戦が組み入れられた不運、
何人かの選手のコンディションの悪さ、
―など、いわゆる、逆境ではあったかと思う訳ですが、一方で、逆境の中で尚勝利を掴みに行くと云う気魄は、日本代表から正直なところ多くを感じ取れませんでした。


***

日本代表のW杯での試合、
土壇場に於いて、結局は、応援する側に神頼み、仏頼み、奇跡を信じて…的なところ等々とさせてしまうようなことが少なくないように思います。
僕は、何よりも、その時その時目の当たりにしている選手たちのプレーを本気で頼りに出来るようにな為れば、たとえ「1次リーグ」で敗退しようが、実は、日本代表に対する敬意なりと云うものは惜しみなく捧げられるものだと思えています。少なくとも今回はそう云ったものでは無かったと僕なりには受け止めています。

対オーストラリア戦では追加点を取れず、守り切れず、
対クロアチア戦では決定力不足を今さらながらにとことん痛感させられ、
対ブラジル戦では技術力の差をとことん思い知らされ…、

こう…、代表チーム一丸で90分間最後まで勝利を諦めずに戦い抜いたという試合を一つとして感じ取れませんでした。


***

ただ、W杯に於いては、自国の代表チームを本気で応援できぬことくらい寂しいものはないでしょう。

僕も、今後はもう少しJリーグの試合等々を含め日本選手の活躍を目に入れておくつもりです。本気で応援できる拠り所を僕も培っておきたい!

ともかく、新たな日本代表(―“オシム・ジャパン”とでも為る可能性は少なくなさそうですね…。|イビチャ・オシム⇒◆ジェフユナイテッド市原・千葉公式サイト(※「オシム監督語録」有り)goo スポーツ)が、最後まで勝ちに行く姿勢、逆境にも強いサッカー、一つ一つの勝利で以って、僕らを痺れさせてくれますよう!!


―明日の日本代表に栄光あれ。


【★2006年ドイツW杯-日本代表・第3戦!!―完】


―尚、これより以下は、試合前のエントリーです。


6月22日(木)

・・・ブラジル・サッカー、それは、イマジネーションの爆発。^^




日本サッカー…、それも、イマジネーションの爆発。^^

・・・爆発と云えば(笑)、
ああ、楽しかったなぁ、ア・ビガーバン・ツアー日本公演(ストーンズ)の一か月…。


***

そして、何だか心から楽しいとは言えないなぁ…、

梅雨只中、かつ、日本代表が不本意なままのこの2週間… (←※ここいら辺りまで、殆ど何も考えないで書いています。((^^;)



***

こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです!

日本代表、またもや(?)、土壇場で何か大きなことを仕出かさざるを得ない状況ですね。
これが、所謂“ジーコ・ジャパン”なのでしょう。今度からはもっと初戦から本気モードになってくれぇ~。今回までは^^最後まで付き合うよ~ン。(笑)


―さて、
今さら僕などが、この対ブラジル戦に於きますスタメン予想だのジーコの戦術だの(…Mr.マリックの奇術だの^^)あれこれを語っても詰まらぬものですし語りようもありません。

まぁ、先発メンバーに関しては、今回出場できない宮本に変わって坪井が入るであろうことはもとより、FW2枚におそらくは変更があるのでしょうし、ともかく、試合前に先発メンバーを眺めた際に、「点が取れそうだな。あとは何とか失点を最小限に抑えてくれんことを…」とでも思えれば、まずは、応援する側の試合前の気持ちが大いに昂(たか)ぶるのではないかと。

まぁ、この対ブラジル戦の重みやらあれこれは、日本代表の試合を観戦してきた方なら、それぞれにご存知、ご理解のことでしょう。

【参考】

◆ジーコ布陣など公表せず-「私だけが知っている」~サンスポ
http://www.sanspo.com/soccer/06worldcup/news/w0621sokuho009.html

豪州勝てば敗退-日本16強入りの条件~サンスポ
http://www.sanspo.com/soccer/06worldcup/news/w0622sokuho012.html



© AFP

***

いま、日本代表を応援している者の多くが、眠気、疲労、人それぞれのレヴェルでの遣る瀬無さ…を覚えつつも、

何か予期せぬものを目の当たりに出来るかも…と大いに/少なかれ期待しつつ金曜未明からのTV中継に臨もうと思っていることでしょう…。

(―繰り返しになってしまいますが、
日本代表よ、次のW杯出場の時には初戦から本気モードになってくれ…、ホントお願い!^^;)

© Reuters

二人:「ホントお願いっ!!」  ((^^)



―さてさて、現在は6/22(木)22時ほど。

【グループF】の最終マッチとなる「日本×ブラジル戦」、そして、「クロアチア×オーストラリア戦」は、今からおよそ6時間後、日本時間で6月23日(金)午前4時から、同時刻のキックオフで行われます。

TV放映は、NHK総合(3:30―6:00)、および、NHK・Hi(3:30―6:00)などに於いて。尚、放映日時などは各自ご確認のほどを~(cf.nikkansports.com


それでは、一旦おやすみなさい。また後刻/試合後に!!

by oh_darling66 | 2006-06-22 22:14 | ◇◇サッカーあれこれ
<< ◆◇2006年ドイツW杯-「ベ... ★2006年ドイツW杯-愈々明... >>