excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

■〔映画雑談Vol.20〕今年鑑賞したシリアス・タッチの映画たち
―含、『グッドナイト&グッドラック』(2005/ジョージ・クルーニー)鑑賞プチ・メモ&more...


●5月24日(水)

こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。

ここ東京では、今日(5/24)夕方18時ほどから雷を伴なった大雨に。

矢張り、六月の梅雨時とは違って、朝、傘を持たずに家を出た勤め人や学生など等が少なくなかったようですね。
19時半頃の自宅最寄り駅前などでは、駅の建物から出れぬ人でもって普段よりも可也混雑していました。

23時過ぎ現在、雨脚こそ弱まってはいるもののまだまだ降り続いています。まぁ、この雨も朝方までには上がって、明日は終日晴天となるらしいのですが。いやはや、ぱっとしない空模様続きの五月となっていますね。せめて、五月最後の週末くらいは爽やかな晴天であって欲しいものです!


(※後刻に続く...)



●5月26日(金)

***

・・・さてっ!((^^;

そう、今年注目を浴びる作品の中には、ジャンル的なところを別にしても、シリアス・タッチの映画が少なくないように僕は思えています。



例えば、僕が今年これまでに鑑賞して来た中ですと、

まずは、3月ほどまでに鑑賞した、『ミュンヘン』(2005/スティーヴン・スピルバーグ|※上Ph)『クラッシュ』(2004/ポール・ハギス|※下Ph)『ホテル・ルワンダ』(2004/テリー・ジョージ)『ブロークバック・マウンテン』(2005/アン・リー)等等々…、



さらに、ここ、1箇月ほどに鑑賞したものから挙げると、『Vフォー・ヴェンデッタ』(2005/ジェームズ・マクティーグ|※下右Ph)『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』(2005/トミー・リー・ジョーンズ)そして、『グッドナイト&グッドラック』(2005/ジョージ・クルーニー|※下左Ph)等等々…。

c0055456_15443368.jpgc0055456_15451544.jpg
まぁ、いずれの映画も、極く大まかに言えば、シリアスなテーマを扱ったもの、または、表立ってでは無いにせよシリアスなテーマを孕(はら)んだものとは言えるかと思う次第。


***

ただ、僕に取って、上に挙げた個々の映画の一番の持ち味は、作品個々の持つテーマとも或いは別のところにあるかと思えもしています。

例えば、『クラッシュ』『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』両作などは、僕に取っては、それぞれが孕(はら)み持つ社会的、政治的なメッセージ云々が胸にずしんと残るがゆえに忘れがたい映画と為った…と云うよりは、最終的には、その映画時間が寓話の如し輝きを纏(まと)ったものに収斂して行くような映画ぶりこそが美点に思えましたし、



***

また、一度観た切りで言うしかないのですが、『グッドナイト&グッドラック』〔◆IMDbMovie Walkerなどは、モノクロ撮影に映える、デヴィッド・ストラザーン扮する主人公の硬質なルックを含めた映画の仕立てが、思いの外に、良質なものに感じ取れ、主にはそんな部分に感心しながら映画を眼差していました。



******

そして、そんな、ジョージ・クルーニーという映画人のスマートさ、加えて、人柄の良さが反映されたかのような、さほど、きりきりとした素振りではなく、中々スマートで、また、一見、感情的、声高には「マッカーシズム」を糾弾してはいない見せ方、映画ぶりにも関わらず、当時、マッカーシズムに怯(ひる)まず立ち向かったエド・マロー/Edward R. Murrowという一人の実在したTVニュース・キャスターを核に置いて描き示したものが、最終的には、こと、1950年代にアメリカに於いて吹き荒れたマッカーシズムに考えを及ぼさせるものと相成っている映画振りこそに、僕は、まずは素朴に好感を持てた訳です。



******

そう、この93分と云う尺自体も特筆すべきものかと思います。

あの、オープニング・クレジットにTV関係者たちのくつろいだ表情や姿が示されて行く中での、「マローを讃える会」が執り行われる社内クラブ(?)内のムーディーな描写から映画はドラマとしても既に始まっており、終幕に於いては、自分自身への顕彰に浮かれた素振りも見せず、また、何ものにもへつらう素振りも無い毅然としたマローの姿、スピーチを示し映画は締め括られて行く。

そして、その、冒頭と終幕の間に、マローの果たしたものの内の最大の要所であろうマッカーシズムに対する報道に於いての勝利を、その勝利に伴う苦味と共に、過不足無く示し得ての93分は、
僕に取って、あっと云う間と感じ取れるような93分でも無く、極めて濃密と云ったものでも無く、しかし、一つには清々しい映画時間でした。

おそらくは、一つの映画として、繰返しの鑑賞によって尚滋味深い味わいを享受し得る映画かと、今、僕なりに思えていますので、また、再鑑賞し纏(まと)まるものあれば、新たに何か書き加えてみたいと思っています。


***

上述した、ともすれば、“重い”と言われがちな何本かの映画たち、
しかし、僕に取っては、これらの映画は、民族対立、部族対立、マッカーシズム、不法移民、同性愛者の受難…など等、扱っているテーマゆえ、ある程度以上はシリアスな肌理、重みを纏(まと)うことは道理としても、頭でっかちで観念的なばかりの映画とは為っていなかったと思います。

そう、まずは、それぞれ個々に魅惑的な映像表現、映画造形、画面の魅力というものがあるがゆえに個々に心惹かれ、それらが孕み持つテーマにも自ずと思いを及ぼすところと相成る映画だった訳です。

―と、まぁ…、こんな調子でシリアス・タッチな映画たちを一遍にお喋りし出すと、何と言うか、結局はシリアスに((^^)為って行くばかりかとも思えますので、ここら辺で方向転換^^を。



***

ともかく、今年から来年に架けては、所謂“シリアス・ムーヴィー”の公開が、おそらくは、例年に無く多くなって行きそうですね。

そんな中、僕は、コメディを挟んで心的なバランスを取って行かねばと思っている次第です。((^^)


・・・そう(^^)、
まずは・・・、僕自身、少々遠ざかっているモンティ・パイソン〔※下Ph〕のコメディを見直してみますかねぇ・・・。


〔◆上Ph:左から、ジョン・クリーズマイケル・ペイリン(手前中央)グレアム・
チャップマン(口元にパイプ)
テリー・ジョーンズエリック・アイドル



〔◆上Ph:マイケル・ぺイリン演じるランバー・ジャック
『空飛ぶモンティ・パイソン』(1969~1973)


―うん、そうしよう!(笑) まずは、モンティ・パイソンに決ぃ~めた♪((^o^/


〔◆上Ph後列一番右側は、テリー・ギリアム(→※ギリアム最新
映画監督作品『ローズ・イン・タイドランド』関連エントリーはこちら!)〕


【完】

by oh_darling66 | 2006-05-24 23:43 | *映画雑談
<< ●〔Pops,Rock雑談Vo... ◆◇エントリー未満(※覚え書き... >>