excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

◆『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』(2005/トミー・リー・ジョーンズ)鑑賞プチ・メモ他

こんにちは~、ダーリン/Oh-Wellです。

G・W二日目、
ここ東京は朝から気持ちの良い晴天日です。


さて、私め、先の金曜日(4/28)は、この日が上映最終日となった『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』(2005/トミー・リー・ジョーンズ)の鑑賞を、無事、果たして参りました。

―本作について、今、簡単な所感だけメモしておこうと思います。
(※以下、中途半端なままで終わっていた文章に追記して5月17日に完成させました~!)



◆◆『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』
(2005/トミー・リー・ジョーンズ)鑑賞プチ・メモ


***ネタバレ注意
****ⅰ

・・・そう、例えば、メキシコと国境を接するアメリカ南部/南西部・テキサスのさまざまな意味合いで荒涼とし乾いた肌理と云うものが、

その、劇中映し出される、さまざまの自然風景からはもとより、

劇中何度も示される田舎町のダイナーの店内に立ち籠める倦怠の空気感やら、また、国境警備隊員の夫であるマイク(バリー・ペッパー)と共にこの地にやって来た若い妻“ルー・アン”(ジャニュアリー・ジョーンズ|※下Ph)の視線を通して垣間見せられる窓の向こうの光景がまとっている間延びしたような倦怠感やら、

したたかそうな年配ウエイトレスであるレイチェル(メリッサ・レオ)のルックや、また、このレイチェルの、そして、“ルー・アン”の煙草を吸うそれぞれの姿がそれぞれに醸し出すものやら、

さらに、二人のミュージシャンによって演じられるキャラクターの醸し出すもの…

―等々からによっても、僕に取っては中々印象深いものとして感じ取れ、じわり余韻が残るところと相為りました。



***

先の二人のミュージシャンですが、

その内の一人、主舞台の一つとなる田舎町のヴェテラン保安官であるベルモントに扮したドワイト・ヨーカムは、ケンタッキー生まれの人気カントリー歌手、

そして、テキサスの荒野にぽつねんと在る一軒家に孤独に住まう、もはや、生き甲斐も無くしつつある「盲目の老人」に扮したのが、ザ・バンドのドラマーだったレヴォン・ヘルム/Levon Helm!!〔⇒◆IMDb公式サイト:LEVON HELM STUDIOS7/2、「レヴォン・ヘルム覚え書き」をエントリー!

◆上Phは、『ラスト・ワルツ』(1976/マーティン・
スコセッシ)
より。左から4人目がレヴォン・ヘルム

特に、後者は、僕も大好きなロック・ドラマーの一人ですし、
エンディング・クレジットで、その老人を彼が演じていたことを知りましたので、その老けっぷりを含めたキャラクター作りに吃驚しましたし、感慨ひとしおと相為った次第です。



**** ⅱ

本作品はトミー・リー・ジョーンズの映画監督処女作な訳ですが、

メキシコ人脚本家ギジェルモ・アリアガ/Guillermo Arriagaによる、何箇所かで時間の流れを前後させてストーリー/映画の流れを紡いで行く語り口・構成を持った脚本を得て、ジョーンズの方はと言えば、一つには、自らの内に在るヴィジョンというものを思い切ってストレートにキャメラに収めて行くことに専念していたのでは無いかと思えました。

例えば、本作で示されて行くテキサスは乾いて荒涼とした肌理を持ちつつも、先述したダイナーの内外、さらには、昼間のモーテル、そして、乾いた荒野とひと続きの印象をも醸し出す「盲目の老人」の住む質素で閑散とした一軒家のシークェンスなどでの視覚的余韻などとも相俟って案外視覚的ニュアンスに富んでいたかと思い起こしますし、

また、一方のメキシコは、荒涼としながらも、テキサスにある以上に突き抜けた陽光の明るさが屋内外に感じられ、


また、日中のカフェなどに流れるゆったりとした空気感などが印象的で、それらに視線を委ねて、寂寥も心地良さも同等に感じ取れ、僕に取っては中々新鮮なものとして受け止められました。



****ⅲ

さて、主人公ピート(トミー・リー・ジョーンズ)は、テキサスにある自分の牧場にふらりと流れやって来たメルキアデス・エストラーダ(フリオ・セサール・セディージョ)を不法入国者であるにも関わらず働き手として招き入れる…。共に働く日々の中でピートとエストラーダは信頼、友情を育んで行く。


そんなある日、エストラーダはマイク(バリー・ペッパー)に誤まって国境付近で射殺されてしまう。

そして、ピートは警察がマイクの失態を隠蔽しようとしているのを察するや、ある夜、ピートが自宅に戻るのを待ち構えて家内に押し入り彼を拉致、そして、警察が埋葬した無縁墓地(/共同墓地?)からエストラーダの死体をマイクに掘り起こさせ、その死体を馬に載せエストラーダが生前に自分の故郷として口にしていたメキシコの“ヒメネス”と云う村へとマイクを引き連れ運んで行く訳ですが、

エストラーダの死体を不法に持ち出し、また、マイクを攫(さら)って行ったピートを、先述したベルモント保安官(ドワイト・ヨーカム)が一旦は追って行きますし、国境警備隊のヘリ出動やらもあるものの、ハリウッド常套のドンパチ的アクションに持って行かない辺り、追跡ものにしなかった辺りなども、矢張り、中々新鮮に受け止められました。

また、

**ベルモント保安官の追跡の際の断念の姿、

**“ルー・アン”(ジャニュアリー・ジョーンズ)が夫への執着を絶ち町を去って行くあたり、

**「盲目の老人」の機転が国境警備隊を引き返させるあたり
(―詳細は省きますが、ピートら一行は老人の家に立ち寄り、死体を腐らせぬために不凍液を分けてもらう…。また、老人は、2人に食事をふるまい、ピートらが去ろうとする間際に、「あんたらは良い人間だ」と微笑み、「ワシを撃ってくれないか、自殺は神に背く…」と依頼するもピートは拒否。しばらく後、国境警備隊が老人の家の前に現れる。一人の隊員が老人に「誰か来なかったか? 男2人と馬、騾馬、…見なかったか?」と訪ねると、老人は「いや、ワシはこの30年間何も見とらんよ」等と受け流す)…、

―これらのシーンでの、どこか、あっけらかんとした後味も妙味かつ新鮮でした。



****

僕に取って、劇中の圧巻たるは映画終盤。

ついにメキシコに入り或る町に辿り着くピートとマイク。しかし、ここで探し出したメルキアデスの妻と思しき女性に「メルキアデスなんて知らない」と言われ、また、年配の名士のような男に尋ねても矢張り「そんな男は知らない」「ヒメネスなんて村は無い」等と返されるばかり。

ピートは、マイクに「騙されたな」と口にされるも、「いや、違う」と尚も馬を走らせ奥地へと…、そして、或る廃墟のような場所に辿り付くと、ピートは「ここがヒメネスだ…」と口にし、マイクは穏やかに「そうだな、やっと見つけたな」と言葉を返す…。

ここでは、日中(ひなか)の廃墟が突如、かつてメルキアデスがピートに語った「そこを見たら美しさに胸が張り裂けるだろう」というヒメネスという地に、俄(にわ)かには見えて来ないまでも、不意に、僕自身が今“ヒメネス”を眼差しているかのようにも思えて来る! ともかく、ピートは廃墟然としたその地に友人を埋葬する。

斯様に、この終盤に於いては、ピートがメルキアデスとの約束を果たし得た姿を眼差すことでの感銘深さの前に、主人公にとっての“ヒメネス”が示される唐突さが圧巻でした。


***

―そして、僕が本作で最も印象深いものは、
終幕に示される、友人を埋葬した地を去って行く主人公ピートを眼差すマイクのアップで示される顔。

劇中最初の登場シーンから暫(しばらく)の間は、その、特異な面立ち、荒んだ素振りでもって、不穏で不敵な印象を見る者に与えるであろうマイク、

そんな彼が、映画後半で、ピートに強引に拉致され、手錠を掛けられブーツを脱がされ、殴られ、命令され、脅されながら、メキシコ“ヒメネス”への長い道のりにつかされる。一旦は砂漠でピートから逃げ出すものの、身を隠そうとした洞窟では毒蛇に足を噛まれ、結局はピートに再び捕らえられ、まさしく身をぼろぼろにしながらメキシコまで引き摺られて行く訳ですが、そんな過酷な道行で、滑稽なまでにぼろぼろに為って行くマイクの姿は、遂には、僕などでも憐れを催すまでに為って行く…。



そんなマイクの描写があったからこそ、終幕に於いて、マイクがメルキアデス・エストラーダの魂に赦しを請う一途な姿は僕には説得力をもって迫り来るものでしたし、朝の陽射しの中での生れ変ったような穏やかさを湛えたマイクの表情が目映く忘れがたいものと為りました。


そして、ここに至るまでに僕が委(ゆだ)ねていた弛緩したような時間の流れの余韻とでも云ったものが、この終幕のマイクの顔を見つめながら、不意にほのかな切なさ、愛おしさを以(も)って、ぐわんと甦って来たように、今、思い起こします。

(※7月4日未明、一部追記。)

【◆『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』鑑賞プチ・メモ―完】


―※尚、以下は、4月30日のエントリーの続きです。


◆◆今夕は、『グッドナイト&グッドラック
(2005/ジョージ・クルーニー)』を鑑賞予定!


さて、今日は、これから妻と新宿に出かけます。
少し、あれこれでぶらついた後に、六本木にて『グッドナイト&グッドラック(2005/ジョージ・クルーニー)』を鑑賞してくる予定です。


***

本作に於いて、僕が素朴に期待するところは、

まず、スチルやTVスポットで見ている限りでの、主演を務めるデヴィッド・ストラザーン〔※下Ph右〕、そのモノクロ画面に映える硬質なルック、僕に取っては、おそらくはこれが初めての彼の演技体験となります。
そして、演技巧者、ロバート・ダウニー・Jr〔※下Ph中央〕の演技そのもの。
加えて、ジョージ・クルーニーが、この、アメリカは1950年代の「赤狩り」時代に、マッカーシズムに立ち向かった伝説的ニュース・キャスター、エド・マロー/Edward R. Murrowと番組スタッフたちの姿を、モノクロ撮影によって如何なる映画造形と為し得ているのか、と云ったところ…。
c0055456_17463167.jpg
この映画に於きましても、また、後刻/後日に、何らかの鑑賞メモが残せればと思っています。 
◆『グッドナイト&グッドラック』(2005/ジョージ・クルーニー)鑑賞プチ・メモは、こちら

それでは、皆さんも良き日曜日を!!

by oh_darling66 | 2006-04-30 14:16 | ■映画鑑賞メモ/鑑賞プチ・メモ
<< ♪本日のいい訳がまし(第13回) ◆ゴールデン・ウィーク前の雑感... >>