excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

■〔映画鑑賞メモVol.7〕『キング・コング』(2005/ピーター・ジャクソン)

うーん、はや、Xマス・ウィークですねぇ...

幸い、今年のクリスマスはイヴの日を真ん中にしての三連休!
お互いに良きクリスマス、三連休にしたいものです!!


c0055456_19491130.jpg

こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。

いやはや、
私事ながら、私め、先週の中ほどから妙に忙(せわ)しさが増すばかりと為って来ております。

この月は、言うまでも無く、「年内中に済ませなければ仕様がない」ことが些事から大事まで誰でも幾つかあって、先延ばしにしてしまっていることが、この中旬ほど以降に架けていよいよ皺寄せとなって来る...

こんな案配、状況ゆえ、先の週末から日曜日に架けて当方に頂いたコメント、TBへのお返事、『キング・コング』鑑賞前メモ―その3(※劇中ヒロイン“アン”と、そのアンと恋仲になる“ジャック”について触れる予定でした)のエントリーなどが叶わぬところとなってしまい、申し訳ありませんでしたm(_ _)m

本日から翌未明に架けて、あれこれが落ち着きましたら、皆さんから多数頂いておりますコメント、TBへのお返事をさせていただきます!!


***

私め、斯様な師走真っ只中ではありますが、友人・仲間内の「忘年会」はきちんと参加し、存分に満喫しておりますし、あと、妻へのXマス・プレゼントの準備は済みました、24日のディナーも予約済み。

あとは…特に片付いていることって何だろう?((^^)
c0055456_19525988.jpg

c0055456_20514295.jpg

うん、年賀状も何とかなるでしょう、まだ、デザインすら決めていないけれど...(^^)

ともかく、体を気遣いながら、この時期はこの時期で充実させなくては...
皆さんも風邪など引かぬようお体御自愛のほどを。


***

さてさて、P.J版『キング・コング』ですが、
初日鑑賞の予定が所用で翌日(12/18)にずれてしまったものの、ともかく、初鑑賞を果たしました!!


c0055456_2003548.jpg


P.J版『キング・コング』鑑賞メモ―その1


そう、何はともあれ、目の離せぬ映画でした。

僕に取っては、188分におよぶ独自のノンストップ感と、映画後半に架けていや増すばかりのメロ・ドラマ性を合わせ持つ妙味かつウェル・メイドな『キング・コング』(1933/〔※下Ph〕)のリメイクとでも、まずは言い得るものでしたね…。

c0055456_2072087.jpg

特に、ピーター・ジャクソン特有の空間造形、そのスケール感は一度の鑑賞では味わい尽くせぬものかも知れないと今思えています。

僕に取って、その空間造形の妙味の最たるところは、多くの映画ファンが見知っているであろう、エンディングの“落下”に至るシークェンスにあることは言うまでも無いのですが、

さらに、劇中最初のクライマックスであろう、髑髏島(スカル・アイランド)に於ける、コング登場以降のシークェンス中での、コング“アン”、そして、二匹のティラノザウルス(?)を擁しての、最初のコング、アンの“落下”の不安感を強烈に煽(あお)る、無数のツタがネット状に張り巡らされた“谷”の場面が凄まじいインパクトでした。ここでの、垂直な空間性の創造と、そこに於ける“落下”の引き延ばし様、サスペンス醸成は忘れ難い濃密なものでした。


***

また、大恐慌下、1930年代初め頃という設定のもとに再現されたニューヨークの造形も見事だったと思います。特に冒頭ほどのNYが新鮮でした。

ただ実は、そこで、ゴミ箱を漁っていた市民や、セントラル・パークの掘建て小屋で暮らす人々、街頭で野球に興じる子供たちを含めた当時の風俗全般が、再び、コングのNY登場以降に絡んでくれば、僕としては完璧だったかな…との思いは生じる訳でもあるのですが、そんな無いものねだりもあるいは不要かもしれませんね。

c0055456_16331020.jpg

そんな部分もあって、是非とも、再鑑賞したく思っている次第です!!

そう、新たなる『キング・コング』は十分に一つの完成された娯楽大作映画であり、70年以上前に制作された大スペクタキュラーへの真摯なオマージュではあると思えましたから。


***

本作に於けるメイン・キャラクターについて少しだけ触れておきますと、
オリジナルに於ける、フェイ・レイ扮する“アン”〔※下Ph左〕に比べて、今作でのナオミ・ワッツ扮する“アン”〔※下Ph右〕の劇中での活躍度は増していたかと思います。その分、ジャック・ブラック扮するカール・デナムの重みはやや減じたかなと…。(→※オリジナル版に於ける“カール・デナム”のミニ考察はこちら!)

c0055456_20581097.jpgc0055456_20583241.jpg
そんな部分を僕なりに確認した上で、果たして、このピーター・ジャクソン版『キング・コング』に於ける主役がアン・ダロウなのか(―アンだろう・・・とか何とか言いたくなっちゃうなぁ(^^;)、コングだと言い得るものなのか、その“キング・コング”の命名者たる野心的な映画監督“カール・デナム”であるのか、あるいは、アン・ダロウ、カール・デナム、キング・コングの三者なのか…、今あれこれ映画を反芻しながら思いを及ぼすところなのですが、初鑑賞から二日ほど経った今時点では、最後に挙げたケースなのかなと云う漠とした思いが徐々に強くなって来ています。


***

ともかく、「LOTR」シリーズの大成功ゆえに、誰を憚(はばか)ること無く自分の映画を撮り切った、この、ピーター・ジャクソンという映画作家に、今、あれこれと思いが及んでいます。遅かれ再鑑賞して、本作の醍醐味に迫り切れたらと思っています。

本作に関しては、再鑑賞の上できちんと纏(まとま)るものがあれば、改めてエントリーしてみたいと思っています。


c0055456_16473662.jpg



補足)

◆当ブログ内の『キング・コング』関連記事は「こちら」にまとめてあります。

◆上映時間などは「こちら(Movie Walker)」などを御参考に。




〔※本エントリーは、以下のサイトともリンク中〕

** キング・コング@映画生活
by oh_darling66 | 2005-12-20 21:16 | ■映画鑑賞メモ/鑑賞プチ・メモ
<< ◆◇エントリー未満(※覚え書き... ◆仰木彬氏(1935―2005... >>