excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

■〔映画評Vol.13〕『パルプ・フィクション』(1994/クエンティン・タランティーノ)

こんにちはー、
真夏ですね...

寝苦しい夜も続きます、
ともかく中々寝付けないんですよね、
平日などは、勤め人たる者は朝も早い訳ですから、疲れは溜まって行き勝ちですよね…、

まぁ、僕は今日などは仕事からも解放され、長くベッドに体を横たえていられた訳ですが…、

何にせよ、来週から僕も夏休みです!!!

さて、
僕は、気になっているのに心的解決が付かなかったことが夢に為る事が少なくないのですが、昨晩はサミュエル・L・ジャクソンが出て来ました…、


……おそらく、
c0055456_1856047.jpg僕なりに、ジャクソン扮するジェダイ・マスターの一人たるメイス・ウィンドゥがダーク・シディアスにあのような形で**去った(※『スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐』)ことがショックだったし自分の中で解決されていなかったがゆえなのでしょう(^^)


***

…で、

そう、それこそS・WのエピソードIIやエピソードIIIで何度も目にして来たような高層都市みたいなところを一望できる寿司バーみたいな場所で(※おそらく東京なのですが…)ジャクソンと会っていた訳です(^^)、


うん、確か、先述したメイス・ウィンドゥのいでたちでした、
―けれども、「俺は“ジャクソン”として今ここに居るのさ」みたいな事を口にしていましたっけ...((^^)

一見、恐持て(こわもて)顔ですがイイ人ですね!(^^)、

何やら「チバさん(※千葉真一/Sonny Chiba)あたりと忍者ものを撮るヨ」とか(^^)で、東京だかに滞在していたような...

そう、「今年はさ、日本の夏もひでぇ(^^)暑いよな…、ヒート・アイランドな都会の夏も大変だろうがダーリン/Oh-Wellも負けるな!」みたいなこと(^^)を言われたように思い起こします、

「ブログで俺の演技を誉めてくれなきゃ困る」みたいなことも言われたような...((^^;


***

―まぁ、何にせよ、
夢なんて…面白くもあり、しょうがないものでもありますネ((^^)

(※後刻に続く)


…という訳((^^)で、今回は、
僕に取って、サミュエル・L・ジャクソンのキャリア中最も印象深い一本でもあり、広く、1990年代中のアメリカ映画としても印象深い一本である、『パルプ・フィクション』(1994/クエンティン・タランティーノ)について纏(まと)めたものをお披露目いたします。







得がたい清々しさ

***ネタバレ注意

L.Aを舞台にした『パルプ・フィクション』という映画は、一つには、強欲、不寛容、自己欺瞞への贖罪を背負ったアンチ・アクション映画なのだと思う。

映画冒頭のレストラン、
盗人カップルは割の合う強盗をあれこれ思案、当のレストランを襲う決意をし拳銃を突き上げる。ここでストップモーションになり、オープニング・クレジットへ。件のトップシーンは一旦宙ぶらりんになってしまう!

c0055456_10254462.jpg

***

本作は、殺し屋コンビ、加えて、4組の男女カップルに絡むエピソードがさまざまに交錯し紡がれて行く。登場人物たちの多くは、苛立ち、それぞれ個々に荒(すさ)んでいる。

映画の核になるのは、殺し屋コンビたるジュールス(サミュエル・L・ジャクソン)とビンセント(ジョン・トラボルタ)だろう。彼らの小さな美意識や哲学の籠った会話のオフビートな乗りなども、先に述べた“アンチ・アクション”に貢献しているというか、少なくとも映画がノンストップ・アクションに向かう動機を殺ぐものとして機能しているように思える。

また、劇中鳴り響く、本来は西海岸の太陽と愉快な日常へのバックミュージックたる1960年代サーフ・ミュージックに対して、『パルプ・フィクション』の映像(※日常性)は、終始オンでもありオフでもある印象を与える。

c0055456_10294975.jpg


この154分の映画、これは長いやと自覚しつつ向き合っていながら、いつの間にか映画の間延び感が心地良くもなって来る。

ある殺しの現場で神に目覚めたジュールスは、相棒の拳銃の暴発でチンピラの返り血を浴びる。“暗黒街の掃除屋ウルフ”に文字通り身を清められたジュールスには、映画冒頭のレストランで拳銃を突き上げた盗人カップルに向き合う運命が待ち受けていた。彼は盗人カップルと向き合いながら己の魂の適度な浄化をも果たし得て映画は綺麗に幕を降ろす…。

***

かなり露悪的なシーンも有る。最も嫌なものが煮詰まって立ち現れるシーンは、映画後半、ボクサーのブッチ(ブルース・ウィルス)とマフィアボスの絡むシークエンスに有った。

峠を越えたベテランボクサーのブッチは、あるタイトルマッチでマフィアボスに“5ラウンド”でKO負けするよう買収されている。しかし、ファイトの最中、ブッチは図らずも対戦相手を殴り殺してしまう。

c0055456_1031528.jpg


ブッチは恋人とL.Aから逃亡するしかない。モーテルでの逃亡の朝、ブッチは父親の形見の腕時計がスーツケースに無いことを知り、アパートに引き返す。運はブッチに味方し、先回りしていた殺し屋ビンセントを撃ち倒す。嬉々として恋人の元へ急ぐブッチだが、件のマフィアボスと街中で出くわし、命からがらに街角の質屋に逃げ込む。

しかし、追いついたボスと共に、店主に縛られてしまう。

c0055456_1033189.jpg


店主は仲間の警官を呼ぶ。この“男色カップル”が、まずボスを犯し始める。ブッチは間一髪、男色カップルの従者たる全身黒レザーずくめの“覆面”男を倒し窮地を逃れ店を出て行こうとするが、不図思い直して、日本刀を手にボスを救いに戻る。ここは、ブッチが質屋を物色し一度は陳列棚のチェーンソーを手にしているにも拘らず、不図目にした日本刀を選び取る嘘臭さが有るのだが、ブッチの義侠心に刹那のカタルシスを得られる。

***

全編見終わって、これが長編2作目だったタランティーノに、これだけ多様な出演俳優たちがよく乗せられたもんだなと思った。

特に、ジャクソンが一貫して輝いている。あるチンピラを殺した後に、ふと神の存在を感じて人生の転機を自覚して行く気付きや変化の身振りに説得力を与え、ぶつ切りのピースによるパズル合わせのような構成を持つこの映画に一本芯を作っている。

ウィルスの泣きっぷりも悪くない。

トラボルタは不安定さが身上のスターだろう、しかし、この個性的な芸達者が揃った映画中でのトラボルタは中々魅力的に映っている。

ただ、トラボルタとユマ・サーマンとが絡むシーンでは、少なくとも、有名なツイスト・コンテストのダンスシーンがある“50年代カフェ(?)”のシークエンス全般に於いては、常により可笑しいのはサーマン扮するミアの方だ。

c0055456_10423395.jpg
c0055456_10425330.jpg

また、短い出演ながら、“暗黒街の掃除屋ウルフ”を演じるハーヴェイ・カイテルのテキパキと仕事を進めるプロフェッショナル振りが意外なほど楽しく目を奪う。

c0055456_10444189.jpg


ウィルスの恋人ファビアンを演じたマリア・デ・メディロスは、ちょっとたどたどしい印象の英語、舌足らずな喋りっぷりや大きな瞳や小柄ながら見事な太腿など、男心をくすぐる可愛らしさを湛えているように思う。

***

前後の詳細は省くが、ミア(※件のマフィアボスの妻)への肉慾を断ち切ったビンセントは寂しがり屋のミアと握手で別れる、

また、
見事な仕事を果たした“暗黒街の掃除屋ウルフ”にジュールスとビンセントは右手を差し出す、

c0055456_10463333.jpg


マフィアボスは命を救ってくれたブッチに潔い赦しを示す、
レストランの盗人カップルはジュールスの説得で強盗を断念する、

―これらが与えてくれる(刹那の)清々しさは、タランティーノが、ブッチのファイトシーンやら2組のカップルのラブシーンやらへの演出を敢えて放棄しても示したかった部分なのではないかと思う。



〔当ブログ内の関連記事〕

■〔映画評Vol.11〕『キル・ビル VOL.1』(2003/クエンティン・タランティーノ)


>>サミュエル・L・ジャクソン関連

■〔映画評Vol.15〕『Mr.インクレディブル』(2004/ブラッド・バード)
by oh_darling66 | 2005-08-06 18:52 | ■ 映画評
<< ◆残暑お見舞い~道中便り ■〔映画評Vol.12〕『華氏... >>