excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

■〔映画雑談Vol.9〕映画館での地震体験~『アイランド』(2005/マイケル・ベイ)鑑賞メモ

おはようございます!

今週も、数多くのTB、数多くのコメントを頂きまして
まことにありがとうございます!!

◆―さて、土曜日です、
7月最後……から2番目の(^^)週末です、
気持ちの良い週末にしたいですね、




◆◆―さてさて(^^)、日曜日(7/24)です、
曜日も日付もとうに変わってしまい((^^;
現在、既に夜半21時過ぎとなっています、

―皆さん、
昨日は如何お過ごしになりましたでしょうか...

関東地域では、ちょっと肝を冷やすような地震(>1>2)がありましたよね、


******

僕は、
妻、友人と、午後から六本木に出ていた訳ですが、
あの夕方16時35頃に起こった地震を、『アイランド』の鑑賞中に体験、

映画が後半を迎えていた頃だったと思いますが、

ともかく、映画に引き込まれていたので、

3度目の大揺れ(―昨夕、僕は間隔を置いて2度大きな揺れを感じました...大きな横揺れを感じて肝を冷やしていると、右隣に居た妻が僕の右手を握って来ました、それこそが、あの時の暗闇中での地震の恐怖を今だに鮮明なものとして甦らせます)でも襲って来ない限りは、もしくは、劇場側で上映を中断でもしない限りは、自ら席を立つことは有り得なかったように思います。




さて、その『アイランド』

c0055456_21341454.jpg


この7月中に公開される夏休み映画中ですと、僕などは『スター・ウォーズ エピソードIII/シスの復讐』に次いで期待している何本かの作品中の一つでした、

ここ1、2年だけ取って見ても、充実のキャリア中にあると言えるであろう、
ユアン・マクレガースカーレット・ヨハンソン*1**2(“The Black Dahlia”)が主演をつとめる一点だけからも僕に取っては捨て置けない映画になると思っていましたし、
彼らの演技、存在が、あるいは、マイケル・ベイという監督の力量を補って((^^)余りある類の魅力ある大作映画となっている予感がしていた訳です、

実際に僕が目の当たりにして、
重量感あるSFアクションとして大いに刮目させられましたし、
娯楽大作映画としても存分に満喫出来た次第です!!

c0055456_21351898.jpg


まず何と言っても、
矢張り、ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソンのスターとしての輝き、有り難味を堪能出来ました、

また、
他の主だった出演者たちも、この娯楽映画の中で十分に役割を果たしていたように思います、

ショーン・ビーン演じる天才的なクローン研究開発者でクローン・コミュニティを管理するメリック博士というキャラクターは、見るからに強靭そうな肉体に冷徹な科学者の風采を纏(まと)っている、つまり、科学者としては一見嘘臭い(^^)のですが、寡黙で職務熱心な科学者、コミュニティ管理者ぶりと時折り覗くサディスティックさが中々の味わい、

―何にせよ、如何にも嘘臭い科学者ぶりながら、ショーン・ビーンによる静かな狂気を孕(はら)んだこのキャラクターは一見の価値が有るかもしれません、

片や、冷徹…などには為り切れないキャラクター性を負った、クローン・コミュニティの施設技師・マックを演じるスティーヴ・ブシェミの存在感の妙味も僕を魅了させて行くに足りるものでした、(―本作に限らず、彼が多くの映画で演じる冴えない風貌、怪しげな生き様のキャラクターは、いつも哀れで人間臭く、何にせよ僕を惹きつける…)

c0055456_21362059.jpg


今、多くを語る余裕は有りませんが、
例えば、主役カップルを見送る「駅」での或る一場面などは、クローンたる主人公たちを見捨て置けないこのキャラクターの善良さが、ブシェミならではの報われなさ/哀感を以って示されていて、この人間臭いキャラクターを忘れ難いものにしているように思い起こします、

その他にも、

その特異な顔貌、風采の上がらぬルック、おどおどした振る舞いで劇中妙に危なっかしいキャラクター性を醸し出し続けるイーサン・フィリップスの存在感が目を奪うものでしたし、

巨漢マイケル・クラーク・ダンカンの強烈な表情(―笑顔、泣き顔…)を目の当たりにする有り難味もありましたね...

******

本作自体の醍醐味、テーマ性に於いても、
今、詳細に触れることは措(お)きますが、

不死身ではない自分自身の肉体のスペアを持っておきたいと云う、
クローン製作に大金を投じる資産家、政治家、スターたちのエゴイスティックの示唆、一方での病理学的な有用性の示唆、

一見単調な日常の掛け替えの無さの示唆、

生命の重みの示唆、

―そう云ったものが、マイケル・ベイなりの一見マッチョな世界観の中で、実に卒無く観客に伝えられていたように思います、

c0055456_21372637.jpg


―本作に関しましては、
その近未来ビジュアル(※映画に描かれているのは2019年のアメリカ)の妙味なども含めまして、また新たに形にしてみたく思っています。



P.S)

◆昨日(7/23)は、
先述しました関東地域の地震の影響で、
JRの運転見合わせも有り当日中の帰宅が叶いませんでしたので、
予定していた更新もきっぱりと諦めました(^^;

実は昨晩中に、
或る、1960年代のSF映画の映画評をエントリーしたかったのですが、
これに関しましては、また後日のエントリーでお目に掛けられればと思っております。


〔※2005年8月1日、一部加筆訂正、リンク修正〕



補足)
c0055456_1612713.jpg
◆◆僕に取って、本エントリー中で触れたイーサン・フィリップス(※ジョーンズ・スリー・エコー役)は、

これまで、映画に於いては、特に名を轟(とどろ)かすような演技などは残してはいないように思える訳なのですが、

何と言っても、「スター・トレック/ヴォイジャー」(TVシリーズ/1995~2001)に於けるニーリックス役(※右Ph)で世界中に幅広くファンを持つ俳優なのでしょう。
***

僕は、このニーリックスを演じるフィリップスを、確か、ケーブルTVの放映時にチラと見たことがあるのですが、
このU.S.S.ヴォイジャーの一乗組員たるニーリックスは云わばエイリアンゆえ独自のメイクをしていますから、素顔的な(^^)イーサン・フィリップスを見たのは、『アイランド』でのジョーンズ・スリー・エコー役が初めてでした。

ここ『アイランド』に於ける、大きな鼻、禿げ上がった大きな額を擁する顔貌、そして、ずんぐりむっくりした豆タンクのような(^^)体つきに僕の目は奪われましたし、

その劇中終始落ち着かぬ素振りや表情は、あの“コミュニティ”の閉塞感を僕に取って印象深いものにしてくれた大きな要因の一つです、

今後、映画でも、脇役としてこれまで以上に映画ファンを楽しませてくれるように僕は思えています。

***

>>“ニーリックス”関連

**「パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン」公式サイト内

**「STARTREK.COM」内


〔※2005年9月11日〕
by oh_darling66 | 2005-07-23 11:19 | ■映画鑑賞メモ/鑑賞プチ・メモ
<< ■〔映画評Vol.12〕『華氏... ◆コメントに関するお願いで~す >>