excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

■〔映画雑談Vol.4〕「脱力した時に心に効く映画10本・ダーリン篇」&『ライフ・アクアティック』鑑賞メモ

こんばんは~

さてさて、
脱力気味な時、気落ちしている時などに得がたい心的カンフル剤となってくれる(くれた)映画が僕には少なからずあります。

―という訳で、今回は、
「脱力した時に心に効く映画10本・ダーリン/Oh-Well篇」なんぞをお披露目いたします。

1)『トップ・ハット』(1935/マーク・サンドリッチ)

c0055456_22503489.jpg

2)『バンド・ワゴン』(1953/ヴィンセント・ミネリ)

c0055456_22512761.jpg

3)『幻の女』(1944/ロバート・シオドマク)

c0055456_22522375.jpg

4)『底抜けてんやわんや』/“The Bellboy”(1960/ジェリー・ルイス=※下Ph

c0055456_22543541.jpg

5)『サイドウェイ』(2004/アレクサンダー・ペイン)

c0055456_2255258.jpg

6)『北北西に進路を取れ』(1959/ヒッチコック

c0055456_2256777.jpg






7)『ライフ・アクアティック』(2004/ウェス・アンダーソン)
c0055456_23719100.jpg
8)『シンドバッド7回目の航海』(1958/ネイザン・ジュラン)
9)『お若いデス』(1955/ノーマン・タウログ)
10)『ラスト・ワルツ』(1978/スコセッシ)
次点:『真人間』(1938/フリッツ・ラング)『パーム・ビーチ・ストーリー』(1942/プレストン・スタージェス)、………(中略(^^;)………、『アウト・オブ・タウナーズ』(1999/サム・ワイズマン)他多数


―さて、

◆こうして、僕に取っての「脱力した時に心に効く映画」とでも云ったものを幾つか並べて眺めてみますと、

**ストーリーを追うストレスが殆(ほとん)ど生じず、眺めて心地良い
**コメディの要素、あるいは、ある種の馬鹿らしさ
**心地良い音楽

**女優に魅惑されること
**哀感

―など等と云った要素が、脱力した時の僕に効く主要素なのかなとも思えますね。
また、例えばスラップスティック喜劇でも、どこかに優雅さがあるものが効きますかね、脱力している/気落ちしている時は。

つまり、余りに脱力、気落ちなどしている時には、
おそらく、マルクス兄弟もの一般や、4月の終わりに観て大笑いした『ドッジボール』などは強烈過ぎるはずなんです。(^^)

***

新作ながら、『ライフ・アクアティック』『サイドウェイ』が今回堂々のベスト10入り((^^)を果たした訳ですが、

特に『ライフ・アクアティック』は、先の土曜日(5/14)に妻と鑑賞して来たばかり。

c0055456_23165872.jpg

役者で言えば、ビル・マーレイの充実ぶりに感心しましたし、ウィレム・デフォーなどは見ているだけで楽しかったし、ケイト・ブランシェットを眺めているのも実に心地良かった、

ウェス・アンダーソン監督の演出って、狙った緩(ゆる)さが目立ちすぎて少々臭いんだけど、僕は例えば『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(2001)よりは身構えずに映画の中に浸ることが出来ました。

***

本作ライフ・アクアティック』(※脚本は、ウェス・アンダーソンとノア・バームバックの共同脚本)
僕に取っては、まぁ、ある種のコメディ映画ですかね、
家族映画でもあり、ロード・ムーヴィーでもあるかな。

映画中の音楽からも予期せぬ感銘を与えられました、
特に、セウ・ジョルジ(※ブラジル人ミュージシャン・俳優)の弾き語るボサノヴァ調の“Star Man”“Rock’N Roll Suicide”、そして、エンディングでの“***** B****”などには吃驚しました、そして実に心地良かった…。そう、ボウイ(=デヴィッド・ボウイ|◆WikipediaIMDbのRockを劇中登場人物にボサノヴァ・テイストに奏でさせてみせ、ボウイの楽曲自体の輝きを映画の肌理に織り込むまでに為し得たアンダーソン監督のオリジナリティの創出には心奪われるばかりです!

ともかく、この映画に関しては、鑑賞直後よりも、しばらく日が経った今の方が本作と出会えた幸福感を実感できています。
じわじわとこの映画にあった優しい部分、登場人物たちの気張らぬ部分、加えて、映画としての新しさ…等々が、体の内から心地良いものとして甦って来ています。



P.S)

このエントリーでは、無意識ではあったものの、ハリウッド映画/アメリカ映画が並ぶ形になりました、

遅かれ、同じ主旨で“日本映画篇”などを試みてみたいと思っています。(^^)




〔当ブログ内の関連記事〕

♪本日のいい訳がまし(第5回)~僕を脱力させた、落胆させた映画なんぞを…

>>ノア・バームバック(※『ライフ・アクアティック』はウェス・アンダーソンとノア・バームバックの共同脚本)監督作品

■〔映画鑑賞メモVol.15〕『イカとクジラ』(2005/ノア・バームバック)
by oh_darling66 | 2005-05-18 23:41 | *映画雑談
<< ♪本日のいい訳がまし(第5回)... ♪本日のいい訳がまし(第4回)... >>