excitemusic

皆さま、本日のショーにお集まり頂きありがとうございます、ダーリン(darling)です。今後も僕を喜ばせてくれるもの、心地良くしてくれるものを探求してみます。皆さま、ごゆっくりどうぞ。
by oh_darling66
ICELANDia
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
*索引(さくいん)
*おしらせetc.
6月25日更新

**今月、ようやくにして、2回目の更新です(^^;

●鶴岡八幡宮・舞殿

今回は、先日訪れた六月中旬の鎌倉についての雑感を、そして、鎌倉と言えば小津安二郎、小津映画と言うわけでもあり、ここいら辺りについても少々ゆるりだらりと^^書いています。
≪→こちら!




6月7日更新

**さて、6月最初の御挨拶を…。

そう、そろそろ夏休みの予定などを漠然と考え始める頃ですよね。今年は南国に行きたいなぁ、9月以降の安く行ける時にでも^^ ≪→こちら!


●バリ島の寺院にて

●『アコークロー』・・・6月16日公開


4月21日更新

**さて、久々の更新です。
今回は、上映最終日(4/6)にようやく鑑賞が叶った『叫』(2006/黒沢清)についてゆるゆると鑑賞メモを書きまとめてみました~。お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~
≪→こちら!


3月17日更新

**さて、この3月ようやくにして^^ふたつめのエントリーは、『ディパーテッド』(2006/スコセッシ)の鑑賞メモです!
≪→こちらから!
当方の「オスカー受賞予想結果」なども併せてエントリーしましたので、お暇なおりに眺めて頂ければ幸いです~!≪→こちら~!



2007年1月14日

**本日未明、中途半端なままに為っていた「2006年度新作公開映画ベスト20~ダーリン/Oh-Well篇」をようやく完結させました!≪→こちら!


2006年12月18日

**昨日、途中まで書いてアップしておいた『イカとクジラ』の鑑賞メモですが、今朝、完成させました~! 師走に相応しい「走り書き」^^レヴェルのものに過ぎませんが、お暇なおりにでも眺めて頂ければ幸いです~。
≪→こちら~!



各種サッカー試合中継等は、こちら〔◆TV日刊から検索できます。


以前の記事
カテゴリ
検索
最新のトラックバック
映画評:ミュンヘン
from 映画と写真のブログ
映画評:グッドナイト&グ..
from 映画と写真のブログ
「ハッスル&フロウ」
from 或る日の出来事
mini review ..
from サーカスな日々
オトボケ海洋冒険家  映..
from 本読め 東雲(しののめ) 読..
イカとクジラ
from ☆彡映画鑑賞日記☆彡
*いつも感謝、感謝であります!

【リンク集】

映画・音楽・道楽etc

★放蕩研究所
☆帝都熱烈音盤解放戦線
★尾崎紀世彦ワールド研究室
☆かたすみの映画小屋
★「クリント・イーストウッドを語る」
☆「隅から隅まで寅次郎」
★「デヴィッド・ボウイの部屋」
☆小さいながらも楽しい我が家
★DAY FOR NIGHT
☆ROLLING LIFE
★風に吹かれて-Blowin' in the Wind-
☆東京風流日記
★TA EIΣ `EAUTON(うーブログ)
☆ふにゃふにゃやん
★HAPPY MUSIC
☆本と映画と音楽と・・・お酒が好き
★貴乃助の館
☆キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~
★じゅんたろうレター
☆cococo
★一杯のcafedinho
☆Audio-Visual Trivia for Movie & Music
★どかでら日記
☆きまぐれダイアリ~
★なんでもreview
☆「アソブネスタイル」
★夢幻翠星 -Veraster-
☆こっちゃんと映画をみまちょ♪
★Aloha Days
☆桜色日記
★travelyuu とらべるゆうめも MEMO
☆Akira's VOICE~映画と本の感想ブログ
★Caroli-ta Cafe
☆ChaChaのベランダーズ ! GoGo !!
★kaoritalyたる所以
☆CHONのアポヤンド的日々
★映画を観る女。
☆ラムネっちシアター
★Talkin' about Stones
☆極楽三十路生活賛歌
★終日暖気
☆LOVINのおセンチな日々
★LACK OF WORDS つれづれに英語で、、、ときどき道草
☆ベルの映画レビューの部屋
★七転び八置き日記
☆Dead Movie Society★映画三昧★
★メタルの棚
☆お茶の間オレンジシート
★航  海  記
☆目の中のリンゴ
★憔悴報告
☆セルロイドの英雄
★銅版画制作の日々
☆或る日の出来事
★映写室からのつぶやき
☆Subterranean サブタレイニアン
★本音~映画と本と私の日常
☆小部屋日記

BlogPeople
(◆リンク集・PartII)

★The Rolling Stones
☆IORR(It's Only Rock'n Roll The Rolling Stones Fan Club)
★三船敏郎
☆Clint Eastwood is DIRTY HARRY
★加山雄三 オフィシャルウェブサイト
☆RAMONES.COM
★RAMONES SPECIAL SITE(WARNER MUSIC JAPAN)


映画情報・マスコミ

★IMDb
☆日本映画データベース(jmdb)
★allcinema ONLINE
☆goo 映画(タイトル・人物個別検索etc.)
★CDNOW
☆AMG(All Media Guide~Music,Movies,or Games)
★The Criterion Collection
☆読売新聞
★TV日刊


映画上映スケジュール

★Movie Walker
☆シネマスクランブル


映画館etc

★TOHOシネマズ(六本木ヒルズ他)
☆新宿バルト9
★日本映画専門チャンネル
☆東京国立近代美術館(※フィルムセンター情報を含む)
★東京都美術館
[その他情報]
★goo 天気(日本)
☆goo 天気(世界)
★MapFan(地図情報)


【極私的お薦め】

※「嵌まると危険度」を極私的(^^)にランク付け(*1個~*5個)

★あなたに映画を愛しているとは言わせない
(***)
しょこたん☆ぶろぐ(****)
★仲代達矢公式ウェブサイト(***)
☆Kawori's Chronicle 眞鍋かをりのここだけの話
(***)
★Monkey Banana(*****)
お気に入りブログ
ライフログ
再鑑賞/再読したい
手に入れたい^^;
お気に入りあれこれ
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アクセス解析

◆ 田宮二郎に捧げる-≪映画全般・TVドラマ全般≫
◆ 田宮二郎に捧げる-≪白い巨塔(映画版&TV版)≫は、こちら


田宮二郎は大映(※現「角川ヘラルド映画」が生んだ大スターの一人でしょう。

大映専属時代の彼は、

『爛(ただれ)』(1962/増村保造)
『「女の小箱」より 夫が見た』(1964/増村保造)
『大悪党』(1968/増村保造)
『スパイ』(1965/山本薩夫)
『白い巨塔』(1966/山本薩夫)
―など等…と云った今日巨匠と称されている映画監督の諸作に主演、出演し、

一方、
「黒シリーズ」
「犬シリーズ」
「悪名シリーズ」
など等と云った愉楽のプログラム・ピクチャー群に主演、出演しました、

そして勿論、大映時代のキャリアに限っても、これらに収まり切るものではありません。

さて、そんな田宮二郎が出演した映画中、
僕が以前に纏(まと)めたものから二つほどをお披露目いたします。






過不足無き映像に紡がれた97分の至福

『黒の試走車』(1962)という映画は、1960年代の日本高度経済成長期只中に於ける熾烈な企業間戦争とでも云ったものを過不足無く示し得た増村保造の才気漲る逸品だ。

ここには二つの自動車メーカーが同時期に売り出す二つの新型スポーツカーを巡る開発競争、販売競争が両社の産業スパイたちを核に描かれる。

一方のヤマト自動車は一流自動車メーカー、本社企画部署には元陸軍中佐たる馬渡(菅井一郎)をトップに関東軍特務機関出身の兵(つわもの)を揃える。

もう一方のタイガー自動車は社長自ら“まだまだ二流”を自覚する自動車メーカーであり、デザイン、技術開発に巨費を投じた“パイオニア”の売り出しに社運を賭ける。そして、小野田課長(高松英郎)が陣頭指揮を取る「企画一課」は、小野田が口繁く朝比奈(田宮二郎)等部下に繰り返すように“産業スパイの部屋”だ。

c0055456_9105094.jpg
黒い覆いを纏(まと)わされた“パイオニア・第一号テスト車”が高速走行テストを開始せんとするシーンで幕を空ける『黒の試走車』という映画は、産業スパイ、つまり盗む者たちの視点、視野というものを反映した画面作りに一貫していよう。

その視点、視野というものは、タイガー本社に於ける重役会議室、社長室、企画一課の閉塞感、また、様々なオフィスビルの階段、廊下、トイレ…、料亭の廊下や畳部屋…、小野田等が出勤時のヤマト自動車デザイン課長を強引に引っ張り込む車内など、映画中至るところに在る密室の閉塞性に反映されていよう。


映画後半、朝比奈と昌子(叶順子扮する朝比奈の恋人)が会う屋外(※日中の公園)ですら、僕等観客に心的な開放を与えてくれるものではない。…

<※後日、加筆予定>




愉楽に張詰めた画面が紡ぎ出す至福の83分間

「犬シリーズ」(1964~1967年・全9作)は、大映が生んだ二枚目スター田宮二郎を擁した藤本義一(※脚本)の才気と大映スタッフのプロフェッショナリズムが得難い虚構世界を生み出す愉楽の活劇群だ。

『鉄砲犬』(1965/村野鐡太郎)はシリーズ第5作目、シリーズ中にあって最もスタイリッシュで心地良い一作だろう。

村野鐡太郎と藤本義一の冴え(登場人物個々のキャラクター付けの簡潔さ、人物の絡み具合と人物間の掛け合いの巧妙さ…)、小林節雄のキャメラによる情緒的にも物理的にも余剰感のない画面の強さ、菊池俊輔によるスコアが醸し出す洒脱味などが相俟って愉楽の映画時間が紡れて行く。そして、田宮二郎扮する鴨井大介の輝きこそが映画の求心力だ。

c0055456_8425972.jpgここに在る一匹狼のチンピラ鴨井は弁舌、身ごなしとも調子良く、少々キザで中々ファッショナブル、腹立たしいほど男っぷりが良くフォトジェニック…。

そして、自身の男っぷり、喧嘩の腕、拳銃捌き、女にモテるといった辺りは鴨井本人も十分に自覚的。しかし一方で、自身のおつむの軽さを笑い飛ばし、馴れ合いは拒むが心根は優しいこの鴨井という男に臭みは有っても人間的厭らしさはない。
僕にとって『鉄砲犬』に在る鴨井は最高にイカしたスクリーン・ヒーローだ!


<※後日、加筆または訂正予定>



◆皆さん、

ここに於きましては、
皆さんが心惹かれた田宮主演映画・出演映画へのあれこれを、また、田宮主演のTVドラマへのあれこれをお気軽にお書き込みください!!

by oh_darling66 | 2005-03-20 07:54 | 〔1〕映画全般・TVドラマ全般
<< ◆『必殺仕置人』シリーズ再放映... ◆ 田宮二郎に捧げる-≪白い巨... >>